「知られざるミャンマー南部の旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 知られざるミャンマー南部の旅

知られざるミャンマー南部の旅

タニンダリー地方ミェイからカレン州へ

※全ての出発日で「メルギー諸島・船の旅」からの連続参加が可能です。

  • フォトジェニック
  • 民族
  • 国境越え
  • 岩上の寺院チャウ・カラット(パアン)
  • 夕暮れの中、ライトアップされたゴールデンロック
  • 朝の托鉢風景(モウラミャイン)
  • 岩壁に無数の仏龕が設けられたカウグン洞窟寺院
  • 世界最大の涅槃仏ウィンセントーヤ
  • チャイタンラン・パゴダから望むサルウィン川と夕日
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

8名様から催行・15名様限定

ANA直行便利用

ツアーのポイント/ Tour Point 

●昔ながらのアジアの光景を見る

南ミャンマー海岸部の町をめぐり、ヤンゴンへ北上。南国の木々が生い茂る農村や漁村、植民地時代の古い建物を残す村々…。どこか素朴で懐かしいアジアの風景をお楽しみいただきます。

●近年解放されたカレン州の州都パアン

パアンはかつてカレン民族同盟率いる反政府の武装闘争があったため長く閉ざされてきた地域。近年、停戦締結により安全が確保されたため、外国人が訪問することができるようになりました。郊外の洞窟寺院や岩上の寺院チャウ・カラット、素朴な農村地帯など、今後、観光地化する前にぜひ訪れていただきたい場所です。

●ミャンマー料理や新鮮な海の幸を満喫

地元の人々で賑わう食堂で、ミャンマー料理のほか中華料理やタイ料理など、日本人の口にも合うお食事をご用意。また、南部の港で毎日あげられる新鮮な魚やエビ、カニなどのシーフードもご賞味いただきます。

ミェイから昔き良き"アジアの風景"を眺めながらヤンゴンへ

植民地時代は"メルギー"と呼ばれ、500年ものあいだ重要な漁港として栄えてきたミャンマー南部の町・ミェイ。アユタヤ王国の支配下では、季節風のない4ヶ月のあいだ航行できなくなるマラッカ海峡の代わりに、このミェイの港が西の国々との貿易に利用されました。古い街並みや人々の笑顔が眩しい素朴な市場を散策します。ここからアブラヤシやゴムの木のプランテーション、昔ながらの"アジアの風景"を眺めながらヤンゴンへと向かいます。
  • 人々の日々の暮らしが垣間見られるカンピャー市場

  • ミェイで取れた魚を干す漁師の集落

大河サルウィン川を望む東西経済回廊の終着地モウラミャインへ

かつてビルマ族と一進一退の興亡を繰り返し、独自の王国とモン文字を持っていたモン族が暮らすモン州の州都モウラミャイン。19世紀にはイギリスが、その後、日本が支配したこの町はいにしえから港町として栄え、現在ではベトナムから続く東西経済回廊の終着地として活気のある町です。
  • 尼僧の托鉢風景

  • チャイタラン・パゴダ

岩上の寺院チャウ・カラット

聖山ズウェガビン山と水田地帯が広がるのどかな農村風景。そこに岩の上に建つ寺院、チャウ・カラットがあります。岩の周りは人工の湖がつくられ、周囲のあぜ道から遠望する寺院はこの世のものとは思えない不思議な景観です。寺院には熱心な仏教徒が訪れ、いつ訪れても食事の施しを受けることができます。ミャンマーの人々の信仰の深さを肌で感じることができるでしょう。

寺院で学ぶ少年僧

ヤンゴンの日常風景にふれる

ヤンゴンでは、通常訪れる訪問地ではなく、より人々の生活・暮らしにふれることのできる地域を訪れるよう、旅をアレンジしています。市内では環状線に乗車。活気あふれる卸し市場や沿線の街並みなど、車窓からの景色をお楽しみいただけます。さらに、かつての植民地時代の街を訪問。活気あふれるヤンゴンの日常を垣間見ることができます。

環状線の車内で果物を売る女性

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ヤンゴン
11:00発
16:30着
空路、東京より直行便にてミャンマー最大の都市ヤンゴンへ。着後、ホテルへ。
ヤンゴン泊
2 ヤンゴン
ミェイ
午前発 空路、古くから貿易の港として栄えたミェイへ。着後、ミェイの観光古い街並みの散策カンピャー市場ミョーテッの魚市場等)。夕方、町を見下ろすティントージーパゴダを訪問します。
ミェイ泊
3 ミェイ
ダウェイ
08:00発
17:00着
専用バスにて、港町ダウェイへ。着後、シュウェタリヤン涅槃仏シンモクティーパゴダ僧院など訪問します。アブラヤシやゴムの木のプランテーション、田畑や農村風景など昔ながらのアジアの光景を見ることもできるでしょう。
ダウェイ泊
4 ダウェイ
モゥラミャイン
07:00発
16:00着
専用バスにて、モン州の州都モウラミャインへ。途中、第二次世界大戦中につくられた泰緬鉄道のミャンマー側の起点となったタンビュザヤの連合軍墓地、ムドンにある世界最大の涅槃仏ウィンセントーヤに立ち寄ります。
モウラミャイン泊
5 モゥラミャイン   終日、モウラミャイン及び郊外の観光(対岸のビルー島やマンダレー風の建築様式が残る僧院セイドン・ミバヤ・チャウンマハムニ・パゴダなど)。夕方、町を見下ろすチャイタンラン・パゴダへ。天気が良ければ夕日に染まるサルウィン川の景観をご覧いただけます。夕食は新鮮なシーフード料理をご賞味ください。
モウラミャイン泊
6 モウラミャイン
パアン
(チャウ・カラット)
08:00発
12:00着
専用バスにて、カレン州の州都パアンへ。着後、カレン族の聖地ズウェガビン山と巨大な岩の上に建つチャウ・カラットを展望します。その後、チャウ・カラットとズウェガビン山の麓にある1,000体以上の仏陀像が作られたルンビニガーデンを訪問します。
パアン泊
7 パアン
チャイティヨ
08:00発
14:00着
専用バスにて、かつてのモン王国の都でもあったタトンへ。僧侶の沐浴池を併設するベインニー洞窟寺院、岩壁に無数の仏龕が設けられたカウグン洞窟寺院を訪問します。その後、ゴールデンロックの麓の村チャイティヨへ。着後、トラックと徒歩にてゴールデンロックの山上へ。
チャイティヨ泊
8 チャイティヨ
ヤンゴン
ヤンゴン
08:00発
15:00着
22:10発
早朝、ご希望の方には朝日に輝くゴールデンロックの参拝にご案内。その後、専用バスにてヤンゴンに戻ります。着後、ヤンゴン市内観光ヤンゴン環状線に乗車シュエダゴンパゴダ等)。その後、空港へ。直行便にて帰国の途につきます。
ヤンゴン泊
9 東京 06:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
01月24日(木) ~ 02月01日(金)
連続参加可能コース
9日間 328,000円
02月18日(月) ~ 02月26日(火)
連続参加可能コース
9日間 348,000円
03月15日(金) ~ 03月23日(土)
連続参加可能コース
9日間 348,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は13,000円です(6月28日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 43,000円
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間の国内線は無料、その他の地方からの国内線割引は片道5,000円(宮古島、石垣島は片道10,000円)です(大阪・名古屋からの国内線を含め、全日空の指定便に限ります)。ご希望の方はお早めにお申し込みください。

連続参加可能コース 
メルギー諸島 船の旅

全ての出発日で「メルギー諸島 船の旅」からの連続参加が可能です。
連続参加の場合の出発日・帰国日と料金は下記をご覧ください。

●1/19(土)~2/1(金)14日間 東京・大阪発着 598,000円
●2/13(水)~2/26(火)14日間 東京・大阪発着 618,000円
●3/10(日)~3/23(土)14日間 東京・大阪発着 618,000円

■燃油サーチャージ:5,600円(6/28現在の見込み)
■一人部屋追加代金:49,000円(シー・ジプシー号泊を除く)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ミャンマー(5,700円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 夏服が基本となります。朝晩の冷え込みや冷房対策に備えて上着をお持ちください。日差しが強いので、サングラスや帽子もお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 各地のホテルはバスタブがなくシャワーのみとなります。
観光について 日程中の市場や寺院は観光地ではありませんので、宗教行事などの理由により訪問できないことがあります。また、パゴダや寺院などは突然修復工事に入ることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行