秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

黄金の三角地帯・チャイントンとメーホーンソーン山岳民族紀行

(タイ~ミャンマー)

タイ、ミャンマーの国境を越え、まだ見ぬ山岳民族の世界へ。“黄金の三角地帯”チャイントンには3連泊
衣装の装飾の美しいアカ族
衣装の装飾の美しいアカ族
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
アジア民族特集
8名様から催行
15名様限定

辺境の地ですので、ゆとりある人数限定のコースとしております。
黄金の三角地帯と少数民族

ミャンマー、タイ、ラオスの三国が国境を接する地域は“黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”と呼ばれ、かつて世界のアヘン流通量の約70%を占める麻薬の産地として知られていました、この地域には麻薬王と言われたクンサーが君臨し、政府の管理が及ばない無法地帯でした。1996年にクンサーはミャンマー政府に帰順し、現在は国境地帯に当時のような危険な雰囲気は見られず、ようやく訪れることができるようになりました。

この国境付近の山間部には、独自の言語や風習を守って生活している少数民族の村落が数多くあります。このコースでは黄金の三角地帯の首都と言われたミャンマーのチャイントンに3連泊し、周辺の少数民族の村々を訪問。アニミズムが今も息づくアカ族、数世帯がひとつの長屋に住むパラウン族等の村を訪れ、その独自の文化にふれます。

アカ族
アカ族
パラウン族
パラウン族
パドゥン・カレン族
パドゥン・カレン族

みどころ/ Point

タイ、ミャンマー、ラオス国境“黄金の三角地帯”
かつて“黄金の三角地帯”と呼ばれたタイ、ミャンマー、ラオスの国境地帯を巡る旅。かつては無法地帯であったこの地域の奥へと足を踏み入れ、現在も固有の文化が色濃く残る知られざる少数民族の世界へ。
メコン川を遡りカレン族の村へ
タイでは山間の町メーホーンソーンへ足を踏み入れ、ボートに乗ってパドゥン・カレン族の村を訪問。カレン族の女性たちの間には、真鍮で出来た輪を首や足に巻く風習が今なお残っています。
多様な少数民族の暮らすチャイントンに3連泊
チャイントンには3連泊し、美しい銀の装飾を施した帽子を被るアカ族や藍で真っ黒に染めた衣装に身を包み、独特のイヤリングとお歯黒が特徴のアン族など今もアニミズムを信仰する知られざる少数民族の村々を訪ねます。
ベトナム・タイ・ラオスの国境“黄金の三角地帯”
タイ、ミャンマー、ラオスの国境
“黄金の三角地帯”

チャイントンの市場
おはぐろが特徴的なアン族
おはぐろが特徴的なアン族
ワット・チョーン・クラーン
ワット・チョーン・クラーン
ミャンマー奥地に広がるのどかな田園風景
ミャンマー奥地に広がるのどかな田園風景
コース地図
▲クリックすると拡大します

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京/大阪
バンコク
チェンマイ
空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクヘ。着後、航空機を乗り換えて、タイ北部のチェンマイへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
チェンマイ泊
2 チェンマイ
メーホーンソーン
(パドゥン・カレン族の村)
航空機にて、ミャンマーとの国境近くにある山あいの町メーホーンソーンへ。着後、専用車とボートにて、川沿いのパドゥン・カレン族の村を訪問。パドゥン・カレン族の女性は、首に真鍮の輪を巻く風習で知られています。
メーホーンソーン泊
3 メーホーンソーン
チェンマイ
メーサイ
朝、メーホーンソーン市内観光(湖のほとりに建つ2つの寺院ワット・チョーン・カムワット・チョーン・クラーン等)。その後、航空機にてチェンマイへ。着後、専用車にてミャンマーとの国境の町メーサイへ。
メーサイ泊
4 メーサイ
(国境)
タチレク
チャイントン
陸路で国境を越え、ミャンマー側のタチレクへ。専用車にて、シャン州東部の中心地チャイントンへ向かいます。着後、市場等を散策。
チャイントン泊
5 チャイントン
(アカ族の村々)
終日、専用車と徒歩にて、少数民族の村々を巡ります。今もアニミズムが息づくアカ族の村々を訪問。美しく装飾されたアカ族特有の帽子や子孫繁栄を祈願する人形等も見ることができます。
チャイントン泊
6 チャイントン
(少数民族の村々)
引き続き、少数民族の村々を巡ります。専用車にて山岳地帯へと入り、少数民族の村々訪ねながらハイキング(約3時間)。黒い衣装に独特のイヤリングが特徴のアン族の村、素朴なパラウン族の村等を訪ねます。
チャイントン泊
7 チャイントン
タチレク
(国境)
メーサイ
ゴールデン・トライアングル
チェンラーイ
専用車にてタチレクへ。陸路で国境を越え、メーサイ経由でゴールデン・トライアングルへ。着後、メコン川クルーズとラオス領ドン・サオ島の訪問。ほか、“黄金の三角地帯”と呼ばれた頃の品々を展示するオピウム博物館ミャンマー・タイ・ラオス三ヶ国の展望地等を見学。その後、専用車にてチェンラーイへ。
チェンラーイ泊
8 チェンラーイ
バンコク
出発まで、チェンラーイ市内観光山岳少数民族博物館ワット・プラケオ等)。その後、航空機にてバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
9 東京/大阪 着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
利用予定航空会社:タイ国際航空、全日空、日本航空、ミャンマーエアウェイズ
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら
   

出発日と料金/ Price

2009年~2010年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発着
12月05日(土)~12月13日(日) 9日間 258,000円 258,000円
01月23日(土)~01月31日(日) 9日間 258,000円 258,000円
02月20日(土)~02月28日(日) 9日間 258,000円 258,000円
03月13日(土)~03月21日(日) 9日間 258,000円 258,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は1,000円です(8月19日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: お問い合せ下さい。
最少催行人員: 8名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料: 32,000円
8名様から催行、15名様限定。辺境の地ですので、ゆとりある人数限定のコースとしております。

コース難易度/ Difficulty


体力 宿泊 コース難易度表に掲載されている内容を転記してください
高度 荷物 コース難易度表に掲載されている内容を転記してください
※コース難易度表に付随するコースについてのコメントを転記してください。
>>体力・高度レベルの詳細はこちらをご覧ください

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: 3ヶ国とも査証は不要ですが、ミャンマーは入境許可が必要です。入境許可は事前申請し、入国時に国境で取得します(代行手数料4,200円)。入境許可代実費(約10米ドル)は旅費に含まれています。旅券の残存有効期間は、6ヶ月以上、写真3枚が必要です。
気候・服装は: 日中は暖かく半袖又は長袖シャツで過ごせますが、朝晩は涼しくなりますので上着もお持ちください。チャイントン周辺のハイキング用に運動靴等もお持ちください。
利用予定ホテルは: パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
     

ご注意/ Note

このコースは国境地帯の特殊な地域の旅行です。政情・治安等の理由により、入域が制限されたり、日程変更を余儀なくされることがあります。
チャイントンのホテルは、バスタブがなくシャワーのみだったり、お湯の出が悪い等、十分な設備が整っていないことがあります。