ワットプー遺跡(ラオス)・アンコール遺跡群(カンボジア・プレア・ヴィヘア寺院(カンボジア)等を訪れる旅 「大クメール周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 大クメール周遊

大クメール周遊

ラオス・タイ・カンボジアの「クメールの至宝」インドシナの密林と大地に眠る遺跡群を訪ねて

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 国境越え
  • 密林に眠る巨大寺院ベンメリア
  • タイのアンコールワット・ピマーイ
  • アンコール・トムのバイヨン寺院
  • 世界遺産ワット・プー(ラオス)
  • アンコール・ワット全景
  • 世界遺産プレア・ヴィヘア(カンボジア/タイ)
  • バンテアイ・スレイ「東洋のモナリザ」
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • クメール徹底探究
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

ワットプー遺跡(ラオス)/アンコール遺跡群(カンボジア)/プレア・ヴィヘア寺院(カンボジア)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●3ヶ国周遊 遺跡見学に徹底的にこだわった内容

ラオス・タイ・カンボジアに点在するクメール遺跡を、陸路で結ぶ13日間の旅。世界遺産のアンコール遺跡群をはじめ、観光客があまり訪れることのない東北タイの知られざる遺跡やカンボジア・タイ国境に位置する「天空の寺院」プレア・ヴィへアも訪問し、アンコール・ワットだけではないクメール遺跡の魅力に体系的に迫ります。

●プレアンコール期の遺跡も訪問

クメール揺籃の地、ラオス南部のワット・プーや真臘の都・イシャーナプラの遺構であるサンボール・プレイ・クックなど、強大なクメール帝国が成立していく過程の都城遺跡も訪問。時代毎に特徴を異にする建築、美術様式をご覧いただけます。

●シェムリアップではゆったり5連泊

アンコール遺跡群観光の拠点となるシェムリアップでは、「ソカ・シェムリアップリゾート」に5連泊。客室には十分な設備が揃い、木製の家具やフローリングが暖かな雰囲気をかもしだします。プール、サウナなどの施設も充実しており、ホテル滞在をゆったりと快適にお過ごしいただけます。

ラオス・タイ・カンボジアのの三国に眠る クメール遺跡群を徹底訪問

  • ワット・プー

    ラオスに残るクメール王朝時代の寺院址である世界遺産ワット・プ ー。クメール揺籃の地と言われています。

  • 大プリヤ・カーン

    宿敵チャンパとの戦勝記念に建てられたアンコール王朝の都で、「聖なる剣」の意味を持ちます。その敷地はアンコール・ワットの4倍もあります。
  • ピマーイ

    王道の終着点の一つであり、「タイのアンコール・ワット」と称されるピマーイ遺跡。東北タイ出身のジャヤヴァルマン6世の治世に造られた大乗仏教の寺院です。
  • プレア・ヴィヘア

    9世紀末にクメール人によって建設された寺院遺跡。ダンレック山脈の山頂に位置し、眼下にカンボジアとタイの眺望が開けています。
  • ベンメリア

    「東のアンコール・ワット」と呼ばれており、アンコール・ワットは実はこの遺跡をモデルにして建てられたと言われています。

  • コーケー遺跡群

    アンコール王朝の歴史の中で、唯一アンコール以外に都が置かれた地。その後、再びアンコールの地へ遷都されたために、打ち捨てられた幻の都です。

クメール芸術の真髄 細部に宿る神々の世界

大規模な石造建築もさることながら、クメール遺跡の魅力は随所に施された美しいレリーフの数々。ヒンドゥー教の天地創世神話で不老不死の薬「アムリタ」を作るために神々が大海をかき回す「乳海撹拌」や、コーサラ国のラーマ王子の活躍を描いた「ラーマーヤナ」を引用したレリーフは多くの遺跡で目にすることができます。クメール遺跡のまぐさ石や破風、寺院の回廊には、華やかな神話の世界が広がります。
  • シータを誘拐するラーヴァナ(バンテアイ・スレイ)

  • 乳海撹拌(プレア・ヴィヘア)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アジア内都市
午前発 空路、東京、大阪よりアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えてラオスの首都・ヴィエンチャンへ。着後ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、アジア内都市にて合流します。
ヴィエンチャン泊
大阪
アジア内都市
午前発
アジア内都市
ヴィエンチャン
夕方又は夜発
2 ヴィエンチャン
パクセ
パクセ
(ワット・プー)
(国境)
ウボンラチャタニー

早朝発


08:00発


17:00着

早朝、航空機にてラオス南部の都市パクセへ。着後、世界遺産のクメール遺跡・ワット・プー、併設のワット・プー博物館を見学。その後、国境を越えタイ北東部の要衝・ウボンラチャタニーへ。
ウボンラチャタニー泊
3 ウボンラチャタニー
スリン
08:00発
17:00着
朝、ウボン国立博物館を見学。その後、象の伝説が残る街・スリンへ。途中、かつての寺院跡プラサート・カンペーンヤイ、美しいまぐさ石が特徴のプラサート・スィ・コラ・プムを見学します。スリン着後、スリン国立博物館を訪問。昼食は、ガイヤーン(鶏肉のバーベキュー)他、イサーン地方の名物料理をご賞味ください。
スリン泊
4 スリン
(ムアン・タム)
(パノム・ルン)
ナコンラチャシマー

08:00発


19:00着

スリンよりダンレック山麓に点在するクメール遺跡群へ足を延ばします(美しいレリーフが特徴的なプサラート・バーンプルアン、カンボジア国境に位置するタームアン遺跡群タームアンタームアン・トッチタームアン・トム)、バライが残るムアン・タム、クメール語で「大きな丘」を意味するタイ最大のクメール遺跡パノム・ルン等)。その後、タイ東北部イサーン地方の玄関口・ナコンラチャシマー(コラート)へ。
ナコンラチャシマー泊
5 ナコンラチャシマー
(ピマーイ)
アランヤプラテート

08:00発


19:00着

午前中、王道の終着点の一つであり、タイのアンコール・ワットと称されるピマーイ遺跡勝利の門、併設のピマーイ国立博物館等を見学。その後、サンカムペーン山脈を越え、カンボジア国境の町・アランヤプラテートへ。
アランヤプラテート泊
6 アランヤプラテート
(国境)
シェムリアップ

08:00発


17:00着

朝、陸路で国境を越え、カンボジアのポイペットへ。その後、シェムリアップへ向かいます。途中、アンコール王朝最後の王であるジャヤヴァルマン7世建立の寺院跡バンテアイ・チュマールを見学。最奥の回廊部に残る千手観音菩薩や、敵国チャンパとの戦いの様子を描いた見事なレリーフは必見です。
シェムリアップ:ソカ・シェムリアップリゾート泊
7 シェムリアップ   終日、シェムリアップに滞在。午前中、アンコール・トム遺跡群南大門バイヨンプラサート・トップライ王のテラス等)とタ・プロームを訪問します。午後、西大門を通り「クメール建築の傑作」アンコール・ワットへ。カンボジアが誇る珠玉の巨大遺跡をじっくり見学します。
シェムリアップ:ソカ・シェムリアップリゾート泊
8 シェムリアップ   専用バスにて、ジャヤヴァルマン2世が転輪聖王として即位し、クメール帝国が開かれた聖なる山・プノンクーレンと山麓の遺跡を訪問(「サムレ族の砦」を意味するバンテアイ・サムレクバール・スピアン、バラ色砂岩を用いた美しい寺院バンテアイ・スレイ等)。
シェムリアップ:ソカ・シェムリアップリゾート泊
9 シェムリアップ
(プレア・ヴィヘア)
(コーケー遺跡群)
  シェムリアップよりタイ国境に位置する世界遺産「天空の寺院」プレア・ヴィヘアに足を伸ばします。断崖上の寺院からは、眼下にカンボジアの広大な大地を望むことが出来ます。ジャングルの中に眠るコーケー遺跡群プラサット・トムプラサット・リンガ)も訪問。
シェムリアップ:ソカ・シェムリアップリゾート泊
10 シェムリアップ   早朝、ご希望の方には朝日に浮かぶアンコール・ワット見学にご案内します。その後、密林に埋もれた巨大寺院ベンメリアロリュオス遺跡群オールドマーケットを訪問します。夕食時は、宮廷舞踊アプサラダンスをお楽しみください。
シェムリアップ:ソカ・シェムリアップリゾート泊
11 シェムリアップ
コンポントム
08:00発
18:00着
専用バスにてクメール王朝時代の石橋スピアン・プラトスを渡りコンポントムへ。途中、アンコール遺跡をしのぐ規模を誇ったとされる大プリヤカーン、プレ・アンコール時代の遺跡で空中宮殿と称されるサンボール・プレイ・クックを訪問します。
コンポントム泊
12 コンポントム
プノンペン
プノンペン
アジア内都市
07:00発
12:00着
夕方発
専用バスにて、カンボジアの首都・プノンペンへ。着後、国立博物館の観光。その後、航空機にてアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
アジア内都市 深夜発
アジア内都市 深夜発
13 東京   着後、解散。
大阪  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼11/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ベトナム航空、タイ航空、ラオス航空、バンコクエアウェイズ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月15日(火) ~ 11月27日(日) 13日間 398,000円
02月07日(火) ~ 02月19日(日) 13日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は0円~4,100円です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名様催行(15名様限定)
お一人部屋使用料 59,000円
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) カンボジア(関東方面の方は3,800円、関西方面の方は4,200円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたり夏服が基本となります。冷房対策に上着もお持ちください。遺跡巡りが中心となりますので、動きやすい服装でご参加ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースでは道路状態の悪い箇所があるため、天候や修復状況によっては通行に時間がかかったり、一部の遺跡が見学できないことがあります。
観光について 遺跡によっては足場が悪く滑りやすいところがあります。博物館は現地の都合により予告なく休館となる場合がございます。その場合は代替の見学地へご案内します。
<カンボジア>プノン・クーレン、クバール・スピアンへは、車を降りてから40分ほど山道を歩きます。<タイ>タームアン遺跡群について:タームアン遺跡群はカンボジアとの国境上に位置しているため、現地の情勢により見学できない場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行