古都ルアンパバーン等を訪れる旅 「古都ルアンパバーンと染織の里サムヌアへ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > 古都ルアンパバーンと染織の里サムヌアへ

古都ルアンパバーンと染織の里サムヌアへ

アジアの楽園・ラオスの旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 伝統料理
  • 民族
  • 大自然
  • ルアンパバーンで一番美しい寺・ワット・シェントンの「生命の樹」のレリーフ-
  • 朝の托鉢の様子
  • エレファント・トレッキングを満喫
  • 絣布を作る村を訪問(サルイ村)
  • エメラルド仏が保管されていたとされるワット・ホーパケオ
  • 謎の石壺が残るジャール平原
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

古都ルアンパバーン

ツアーのポイント/ Tour Point 

●旧ランサン王国の新旧2つの都を訪問

世界遺産にも指定されている古都ルアンパバーンと現在のラオスの首都ヴィエンチャンを訪問。神秘的な仏教寺院群、メコン川の恵みによる美しい大自然・・・ゆったりとした時が流れるアジアの楽園・ラオスを存分に楽しむ旅です。

●山の民が綴る染織の伝統にふれる旅

ラオスでは高い技術を誇るシルクの綾錦が有名で、中でもサムヌア地方には作品を求めて世界中から人々が訪れます。このサムヌアに2連泊します。

●謎のジャール平原を散策

未だに多くの謎に包まれた、総数1万個とも言われる石壷が転がるジャール平原も訪問します。

古都ルアンパバーンに2連泊

ラオス王国のかつての首都・古都ルアンパバーンに2連泊。朝は托鉢見学や朝市の散策、夕方はプーシー山からの夕日の展望やモン族のナイトマーケットと古都の様々な表情を満喫します。車で30分も行くとそこはメコンデルタの大自然の中。

エレファント・トレッキングもお楽しみいただきます。

  • プーシーの丘から望む夕暮れのメコン川

  • 様々な土産物が並ぶモン族のナイトマーケット

染織の里・サムヌアへ

ラオス北東部、ベトナム国境にほど近いサムヌアを中心とした地域には、カム族やモン族、タイダム族など様々な民族が暮らしています。彼らの暮らす村は深い山間部にあるため、ながらく交通機関が発達せず、独自の染織の技術が発展しました。天然染料やシルクを使い、高度な技術で織られた絣や縫取織、浮織の作品は、アジアだけでなく世界中のテキスタイルファンを魅了しています。ツアーではサムヌアに2連泊し、個人ではなかなか訪れにくい北東部の村や民家を訪問。伝統的な染め、織りの様子を見学します。作り手から直接作品を購入したり、作品にまつわる話や制作方法を質問することもできます。また、行程中の市場や町では刺繍や織り、染めの製品が都市部よりも安価で販売されています。
  • 天然染料で染めたシルク(サムタイ村)

  • 浮織や縫取織が組み合わさった手織り布

もち米文化・ラオスの食を楽しむ

ラオスは周辺のインドシナ諸国とは異なり、もち米が主食です。ティップカオと呼ばれる竹カゴに入ったもち米を手ですくい、おかずとあわせて食べるのがラオス流。日本のお赤飯を思い起こさせる、美しい紫色をした赤いもち米もよく食べられています。そのほか、メコンが育んだ川の幸や、豊かな自然に育まれた野菜がふんだんに使われており、私たち日本人の口にもよくあう、あっさりした味付けのものが多いことが特徴です。素朴で優しい味のするラオス料理は、まるでラオスの国そのものを表しているようです。
  • もち米などのラオス料理

  • ひき肉とハーブを炒めたラープ

古都ルアンパバーンではホテル指定

チッチャレウン・ムアンルアン・ホテル[ルアンパバーン/2連泊]

ルアンパバーン中心部に位置するチッチャレウン・ムアンルアン・ホテルに2連泊。ワットマイやプーシーの丘、王宮、ナイトマーケットまでも徒歩15分圏内の便利な立地に位置するホテルです。
  • ホテルのプール

  • 客室の一例

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アジア内都市
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれアジア内都市で航空機を乗り換えて、ラオスの古都ルアンパバーンへ。着後、ホテルへ。
※添乗員同行の場合、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、アジア内都市にて合流します。
ルアンパバーン:チッチャレウン・ムアンルアン・ホテル泊
大阪
アジア内都市
午前発
アジア内都市
ルアンパバーン
午後又は夕方発
2 ルアンパバーン   午前中、ラオスの亜熱帯ジャングルの中を象に乗って散策するエレファント・トレッキングにご案内します。その後、ルアンパバーン市内観光王宮博物館ワット・マイ、ラオス一の美しさを誇る寺院ワット・シェントン等)。夕方、プーシーの丘から夕暮れのルアンパバーンの街を一望します。夜、ご希望の方はモン族のナイトマーケットにご案内します。
ルアンパバーン:チッチャレウン・ムアンルアン・ホテル泊
3 ルアンパバーン
ノーンキヤウ
13:00発
18:00着
早朝、ご希望の方は托鉢見学と体験へ。その後、地元の人で賑わう朝市、織物と手漉き紙で有名なバーンサンコー村を訪問します。午後、専用バスにてナムウー川のほとりの風光明媚な町ノーンキヤウへ。

ノーンキヤウ泊
4 ノーンキヤウ
カム族の村
モン族の村
サムヌア

07:00発

19:00着

専用バスにて山岳地帯を走りラオスの染織のふる里と言われる標高1,200mのサムヌアへ。途中、カム族の村モン族の村に立ち寄ります。

サムヌア泊
5 サムヌア
(サムタイ村)
  朝、サムヌアの市場へ。その後、専用バスにて山間部へと入り込み、シルクを天然染料で染め刺繍のような細かい模様を織ることで有名な工房が点在するサムタイ村を訪れます。

サムヌア泊
6 サムヌア
サルイ村
タイダム族の村
シェンクワン

08:00発

17:00着

専用バスにてシェンクワンへ。途中、絣の織物で有名なサルイ村タイダム族の村を訪問。また、ムアンカムにてタム・ピウ洞窟を訪問します。

シェンクワン泊
7 シェンクワン
ヴィエンチャン
午前又は午後発 朝、一面に巨大な石壺が転がるジャール平原を観光。その後、航空機にて首都ヴィエンチャンへ。夕食は民族舞踊の鑑賞とともにラオス料理をご賞味ください。

ヴィエンチャン泊
8 ヴィエンチャン
アジア内都市
夕方又は夜発 出発までヴィエンチャン市内観光(黄金の寺院タート・ルアン、エメラルド仏が保管されていたとされるワット・ホーパケオ、7,000体近い仏像が安置されるワット・シーサケート、ラオス最大の市場タラート・サオ等)。その後、航空機にてアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。

機中泊
アジア内都市 深夜発
アジア内都市 深夜発
8 東京   着後、解散。
大阪
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ベトナム航空、タイ国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
12月01日(木) ~ 12月09日(金) 9日間 278,000円
01月01日(日) ~ 01月09日(月)
年末年始コース
9日間 338,000円
01月12日(木) ~ 01月20日(金) 9日間 278,000円
02月16日(木) ~ 02月24日(金) 9日間 278,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は0円~4,100円です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定)
お一人部屋使用料 38,000円
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。合服が基本となります。朝晩の冷え込みに備えて防寒具をお持ちください。
利用予定ホテル 日程及び巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について 本日程は最新のラオスの国内線のスケジュールを基に作成しておりますが、ラオスの国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。このコースの大部分は山岳地帯の道路を走ります。悪天候や車のコンディション、突然の道路工事などの思わぬ事態により、日程や宿泊地が変更になることがあります。また、日程表中の少数民族の村は観光地ではありませんので、農作業や宗教行事などの理由により、予定の村を訪問できないことがあります。エレファント・トレッキングは悪天候のため中止となることがあります。
宿泊について サムヌアでは、宿泊施設に限りがあるため、設備が十分に整っていない簡易宿泊施設のゲストハウス泊が基本となります。シャワー・トイレが共同となったり、お湯の出が悪いなど、皆様にご不便をおかけすることもありますが、辺境の地であることをご理解の上でご参加ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行