アンコール遺跡群・プレア・ヴィヘア寺院等を訪れる旅 「メコンに育まれた豊穣の大地 カンボジア周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > メコンに育まれた豊穣の大地 カンボジア周遊

メコンに育まれた豊穣の大地 カンボジア周遊

プノンペンからメコンのほとりコンポンチャム、高原地帯モンドルキリへ

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 民族
  • 天空の寺院 プレア・ヴィヘア
  • 山岳少数民族の暮らすモンドルキリへ
  • 乾季のトンレサップ湖畔の集落
  • アンコール美術の至宝 バンテアイ・スレイ
  • クメール王朝時代から使用されている橋スピアン・プラプトス
  • 天空の寺院 プレア・ヴィヘアより望む景色
  • プノンペンの王宮
  • クラチェより望むメコン川の夕景
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • クメール徹底探究
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

アンコール遺跡群/プレア・ヴィヘア寺院

8名様から催行・15名様限定

シェムリアップに3連泊

ANA直行便利用

ツアーのポイント/ Tour Point 

●母なる川・メコンが育んだカンボジア周遊の旅

プノンペンから陸路でコンポンチャム、クラチェ、トンレサップ湖ほとりの村など、メコン川沿いの街と村を訪問。メコンの豊かな恵みが育んだ大地を12日間でゆったり巡ります。

●山岳少数民族の暮らすモンドルキリへ

10以上の山岳民族が暮らすモンドルキリでは村や滝の訪問などをお楽しみいただきます。

●シェムリアップでは3連泊 厳選のクメール遺跡にご案内

クメール遺跡見学の拠点地・シェムリアップでは3連泊。川底・川岸に神々の彫刻群が残るクバール・スピアンや天空の寺院プレア・ヴィヘアなど厳選の遺跡へご案内いたします。

山岳少数民族の暮らすモンドルキリ

標高800mの高原地帯、州の約8割に10以上の山岳民族が暮らすモンドルキリ。クメール語で「山」を意味するプノン族の村を訪問します。この民族は伝統的に竪穴住居で暮らし、「腰織り」と呼ばれる織物でも有名です。村の訪問のほか、滝の見学など、豊かな自然の散策もお楽しみいただきます。

  • プノン族が暮らす竪穴式住居

  • プノン族の飼育するゾウ

メコンの肥沃な大地に育まれた街 コンポンチャム

肥沃な土壌からゴム、大豆、タバコ、綿などカンボジアの一大農業地帯としても知られるコンポンチャム。街のほとりにメコン川が流れ、川を渡る手こぎ船や投網漁をする光景が見られるほか、水上家屋や水辺で暮らすチャム族の村を訪問します。
  • クメール様式の遺跡 ワット・ノコール

  • メコン川を望む

トンレサップ湖畔の コンポンルーン集落へ

トンレサップ湖では湖最大のコンポンルーン集落を訪問。この区域には約600世帯が暮らしており、乾季は湖の水が引き、人々は陸上で生活を送ります。6月~11月の雨季になると湖が増水し、村は水上集落へと変わります。湖の増水時に合わせ、集落の民家は高床式住居で作られています。

乾季のトンレサップ湖畔の集落

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
プノンペン
10:50発
15:40着
空路、東京より直行便にてカンボジアの首都プノンペンへ。着後、ホテルへ。
プノンペン泊
2 プノンペン
コンポンチャム
08:00発
11:00着
専用バスにてメコン川沿いのコンポンチャムへ。着後、フレンチコロニアルの洋館が残る町や市場の散策、クメール様式の仏教寺院の遺跡ワット・ノコールを見学します。
コンポンチャム泊
3 コンポンチャム
モンドルキリ
13:00発
17:00着
朝、メコン川沿いで暮らすチャム族の村を訪問。メコン川を渡る手こぎ船や水上家屋も見られます。その後、専用バスにて高原都市モンドルキリへ。
モンドルキリ泊
4 モンドルキリ   終日、モンドルキリの観光(山岳少数民族・プノン族の村ブースラー滝等)。
モンドルキリ泊
5 モンドルキリ
クラチェ
(トロン島)
08:00発
11:00着
専用バスにてメコン河沿いのクラチェへ。着後、河の中州の島トロン島の散策、夕方、メコン川クルーズをお楽しみいただきます。カンボジアの絶滅危惧種のカワイルカに出会えることもあります。
クラチェ泊
6 クラチェ
シェムリアップ
08:00発
17:00着
専用バスにてアンコール遺跡群の観光拠点シェムリアップへ。途中、アンコール王朝の幻の石橋スピアン・プラプトスを見学。
シェリムアップ泊
7 シェムリアップ
(バンテアイ・サムレ)
(クバール・スピアン)
(バンテアイ・スレイ)
  早朝、ご希望の方には朝日に浮かぶアンコール・ワット見学にご案内します。その後、クメール帝国が開かれた聖なる山・プノンクーレンと山麓の遺跡を訪問(「サムレ族の砦」を意味するバンテアイ・サムレクバール・スピアン、バラ色砂岩を用いた美しい寺院バンテアイ・スレイ等)。
シェリムアップ泊
8 シェムリアップ
(プレア・ヴィヘア)
  専用バスにて、シェムリアップよりタイ国境に位置する世界遺産「天空の寺院」プレア・ヴィヘアに足を伸ばします。断崖上の寺院からは、眼下にカンボジアの広大な大地を望むことができます。
シェリムアップ泊
9 シェムリアップ
バッタンバン
08:00発
16:00着
スピードボートにてサンカー川を遡りカンボジア第二の都市バッタンバンへ。道中、水上家屋川沿いで暮らす人々の生活をご覧いただきます。着後、11世紀に建立された寺院ワット・エク・プノンを訪問。
バッタンバン泊
10 バッタンバン
トンレサップ湖
プノンペン

08:00発


17:00着

専用バスにてプノンペンへ。道中、広大な田んぼやサトウキビ畑が広がります、途中、トンレサップ湖に立ち寄り湖最大のコンポンルーン集落を散策します。
プノンペン泊
11 プノンペン 22:50発 出発まで、プノンペンの市内観光国立博物館王宮シルバーパゴダセントラルマーケット等)。
その後、空港へ。直行便にて帰国の途につきます。
機中泊
12 東京 06:30着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜11:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月04日(火) ~ 12月15日(土) 12日間 298,000円
01月15日(火) ~ 01月26日(土) 12日間 298,000円
03月05日(火) ~ 03月16日(土) 12日間 298,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は13,000円です(6月28日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定)< <添乗員同行>
お一人部屋使用料 38,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間の国内線は無料、その他の地方からの国内線割引は片道5,000円(宮古島、石垣島は片道10,000円)です(大阪・名古屋からの国内線を含め、全日空の指定便に限ります)。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) カンボジア(3,900円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたり夏服が基本となります。冷房対策に上着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 遺跡によっては足場が悪く滑りやすいところがあります。博物館は現地の都合により予告なく休館となる場合がございます。その場合は代替の見学地へご案内します。クバール・スピアンへは、車を降りてから40分ほど山道を歩きます。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行