アンコール遺跡群・プレアヴィヘア寺院等を訪れる旅 「ラッフルズ・グランドホテルに5連泊 天空の寺院プレアヴィヘアとアンコール遺跡の旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 東南アジア・オセアニア方面 > ラッフルズ・グランドホテルに5連泊 天空の寺院プレアヴィヘアとアンコール遺跡の旅

ラッフルズ・グランドホテルに5連泊
天空の寺院プレアヴィヘアとアンコール遺跡の旅

新緑の季節に訪れるカンボジア

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 伝統料理
  • 厳選ホテル
  • 密林に眠るベンメリア
  • 朝日に浮かび上がるアンコール・ワットのシルエット
  • 天空の寺院 プレアヴィヘア
  • ラッフルズ・グランドホテルに5連泊
  • 遺跡に絡みつく樹木(タ・プローム)
  • アンコール・トムのバイヨン寺院
  • バンテアイ・スレイ「東洋のモナリザ」
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • クメール徹底探究
  • 東南アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

アンコール遺跡群/プレアヴィヘア寺院

2名様から催行・15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●深緑の季節に訪れる、美しいアンコール遺跡の旅

雨季のアンコール遺跡は遺跡の苔や木々が鮮やかな色彩を放ち、みずみずしさも兼ね備え、その美しさに磨きがかかります。乾季に比べて観光客が少なく、ゆったりと観光できるのも魅力の一つです。

●世界遺産プレアヴィヘアを訪問

タイとの国境に位置し、長らく国境紛争の舞台であった山岳寺院遺跡・プレアヴィヘア。両国の緊張状態からしばらく訪問が困難とされていましたが、訪問に際しての安全性を確認し、ご案内を再開しております。

●シェムリアップではゆったり5連泊

アンコール遺跡群観光の拠点となるシェムリアップでは、アンコール・ワット遺跡の観光に好立地な高級ホテル「ラッフルズ・グランドホテル」に5連泊。ホテル滞在を快適にお過ごしいただけます。

ラッフルズ・グランドホテルに5連泊

ラッフルズ・グランドホテル[シェムリアップ/5連泊]

1932年に創業、カンボジアの豊かな歴史を感じさせる由緒ある高級ホテルの1つです。美しく手入れされた6ヘクタールにおよぶフランス庭園が敷地内に広がり、優美なコロニアルスタイルの建物は創業当時の雰囲気そのままに、館内全体にエレガントな雰囲気が満ちています。今なお伝説のホテルとして多くの旅人たちを迎えるホテルに5連泊。アンコール遺跡群を散策した後は、この安らぎのオアシスでゆったりとおくつろぎください。
  • ホテル外観

  • 部屋の一例

  • 敷地内の庭園

クメール芸術の真髄 細部に宿る神々の世界

大規模な石造建築もさることながら、クメール遺跡の魅力は随所に施された美しいレリーフの数々。ヒンドゥー教の天地創世神話で不老不死の薬「アムリタ」を作るために神々が大海をかき回す「乳海撹拌」や、コーサラ国のラーマ王子の活躍を描いた「ラーマーヤナ」を引用したレリーフは多くの遺跡で目にすることができます。クメール遺跡のまぐさ石や破風、寺院の回廊には、華やかな神話の世界が広がります。
  • シータを誘拐するラーヴァナ(バンテアイ・スレイ)

  • 乳海撹拌(プレア・ヴィヘア)

天空の寺院 プレアヴィヘア

カンボジアとタイの国境に位置する寺院遺跡・プレアヴィヘア(タイ名:カオプラヴィハーン)。クメール語で「神聖な寺院」を意味します。ダンレック山脈の山頂に建つ遺跡は、その立地から別名「天空の寺院」とも呼ばれ、眼下にタイの領土を見下ろすことができます。9世紀末にクメール人によって建設され、長さは約800m、南北を基軸に伽藍が配置され全体は須弥山を模しているとされます。2008年7月には世界文化遺産に登録されました。
  • 第一楼閣

  • 今も寺院として信仰を集める

  • 眼下に広がる大平原

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アジア内都市
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、カンボジアのシェムリアップへ。
※添乗員同行の場合は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、アジア内都市にて合流します。
シェムリアップ:ラッフルズ・グランドホテル泊
大阪
アジア内都市
午前又は午後発
アジア内都市
シェムリアップ
午後又は夕方発
2 シェムリアップ
(プレアヴィヘア)
  終日、タイ国境に位置する世界遺産「天空の寺院」プレアヴィヘアに往復観光。傑作といわれる乳海撹拌の壁画、伽藍を中心に残る楼門や寺院跡を見学します。
※夕食後、ご希望のお客様はアンコール・ナイトマーケットへご案内します。
シェムリアップ:ラッフルズ・グランドホテル泊
3 シェムリアップ
(アンコール遺跡群)
(タ・プローム)
  早朝、朝日に浮かぶアンコール・ワット見学へご案内いたします。アンコール・ワット第一回廊を見学後、アンコール遺跡群を観光アンコール・トムバイヨン寺院象のテラスライ王のテラス、樹木が絡みついた寺院跡タ・プローム、未完成の寺院タ・ケウ、巨大寺院バンテアイ・クデイ等)。昼食にはカンボジア名物料理アモックとココナツカレーをご賞味ください。
シェムリアップ:ラッフルズ・グランドホテル泊
4 シェムリアップ
(ロリュオス)
(バンテアイ・サムレ)
(クバール・スピアン)
(バンテアイ・スレイ)
  午前中、アンコール最古の遺跡ロリュオス遺跡群(須弥山の象徴であるバコン、聖牛ナンディンを祀ったプリア・コー寺院等)を訪問。午後、サムレ族の砦バンテアイ・サムレクバール・スピアン、赤色砂岩で出来た豪華絢爛な破風の並ぶバンテアイ・スレイを訪問。
※バンテアイ・スレイでは、特別拝観許可を取得し「東洋のモナリザ」を間近で拝観。
シェムリアップ:ラッフルズ・グランドホテル泊
5 シェムリアップ
(国立博物館)
(トンレサップ湖)
  午前中、ゆっくりと国立博物館を見学します。午後、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖クルーズ(約1時間)をお楽しみいただきます。小高い丘の上に立つプノン・クロムも訪問します。夕食時にはアプサラダンスの鑑賞をお楽しみください。
シェムリアップ:ラッフルズ・グランドホテル泊
6 (ベンメリア)
シェムリアップ

夕方又は夜発
午前中、緑生い茂る密林に眠る遺跡ベンメリアを見学。午後はオールドマーケットの散策シハヌーク・イオン博物館を訪問します。夕食後、空港へ。航空機にてアジア内都市へ。
機中泊
7 アジア内都市  

アジア内都市着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

アジア内都市
東京
朝又は午前発
アジア内都市
大阪
朝又は午前発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝5/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ベトナム航空、タイ国際航空、バンコク・エアウェイズ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
06月04日(日) ~ 06月10日(土) 7日間 268,000円
08月20日(日) ~ 08月26日(土) 7日間 278,000円
09月03日(日) ~ 09月09日(土) 7日間 268,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は0円〜4,700円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 2名(15名様限定) <10名様より添乗員同行>
※日本より添乗員が同行しない場合、現地日本語ガイドがご案内します。
お一人部屋使用料 79,000円
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) カンボジア(3,700円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上必要です。
気候・服装 6月〜9月は雨季にあたり、一時的にスコール性の雨が降りますが、観光に支障はありません。いずれの時期も夏服を基本に、冷房対策に薄手の上着をお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースでは道路状態の悪い箇所があるため、天候や修復状況によっては通行に時間がかかったり、一部の遺跡が見学できないことがあります。また、バンテアイ・スレイの「東洋のモナリザ」は、発掘調査や現地事情により突然見学できなくなることがあります。
観光について クバール・スピアンは、車を降りてから40分ほど山道を歩きます。その他、遺跡によっては足場が悪く滑りやすいところがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【プレアヴィヘアの観光について】

タイ国境に位置し、長く国境紛争の舞台であった幻の遺跡、プレアヴィヘア。カンボジアとタイ両国が主張する国境線の違いを巡って、両国軍の間で衝突がたびたび発生していましたが、その後、両国間の様々な外交努力等により現在では平穏な状況にあり、渡航情報(危険情報)の危険度も2014年12月より引き下げられました。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行