タキシラ仏教遺跡(パキスタン)・スレイマン山(キルギス)等を訪れる旅 「山岳シルクロード 世界の屋根パミールへの道」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > 山岳シルクロード 世界の屋根パミールへの道

山岳シルクロード 世界の屋根パミールへの道

圧巻の山岳風景と7つの峠越え

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 伝統料理
  • 国境越え
  • キルギス第2の高峰レーニン峰(7,134m)をサリタシュから望む 
  • ラカポシ(7,788m)とフンザの谷
  • ムスターグ・アタ(7,546m)とカラクリ湖
  • 高山湖のカラ・クル(3,923m)
  • タシュ・ラバトのキャラバンサライ跡
  • チラスの岩絵
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • フンザ旅行徹底ガイド
  • パキスタンの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

タキシラ仏教遺跡(パキスタン)/スレイマン山(キルギス)
 

6名様から催行・12名様限定

旅がより楽しくなるオリジナルグッズを ご参加の方にプレゼント

フンザの歴史や基本情報、お散歩マップ、ブルシャスキー語会話集を掲載したフンザハンドブックはご出発前に、絵葉書、パキスタン北部地図は現地でお渡しいたします。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●現代のシルクロードと古のシルクロードを往く

パキスタン・インダス川沿いのカラコルム・ハイウェイに沿って中国国境へ。カシュガルからは「新シルクロード構想」により開通した新たな国境を通り、世界の屋根パミールの中核をなすキルギス、タジキスタンへ向かいます。

●圧巻の山岳風景

ヒマラヤ(ナンガパルバット)、カラコルム、ヒンドゥークシュ、天山山脈、世界の四大山脈の名峰群と、これらが重なるパミール高原のビューポイントへご案内します。山の展望のチャンスが良い季節限定の設定です。

●点在するシルクロードの史跡と文化

パキスタンでは、ガンダーラの中心都市として栄えたタキシラやチラスの岩絵等、この地を通った仏教の軌跡をたどります。キルギスでは、夏の宿営地にユルトが点在する風景を眺めながら、キルギス族の伝統的な生活様式を残す人々の営みを垣間見ます。

カラコルム・ハイウェイと
新シルクロード構想

現在のパキスタン、中国、タジキスタン、アフガニスタンの国境が集まる地域は、古来より、絹や象牙、貴石等が運ばれたシルクロード東西交易の要でした。1947年にインドとパキスタンが分離・独立した際、パキスタン北部山岳地帯から平野部に出る道路が国境で分断されると、パキスタン内部に独自の道を作る必要性が生まれました。約20年の歳月を費やし1978年に全線開通したのが現在のカラコルム・ハイウェイです。クンジュラブ峠を越えてカシュガルまで1300km続くこのハイウェイは、現在も中国からの物資をアラビア海まで運ぶ大動脈として利用されています。そして、中国が中心となって進めている「新シルクロード構想」により、今まで外国人に閉鎖されていた中国と中央アジア諸国との国境が近年開き始めました。キルギス、カザフスタン、そして将来はタジキスタンとの国境も外国人に開放され、人、物資の行き来がますます活発になります。ツアーは、この「新シルクロード構想」によって行き来が可能になった国境を通り、古のシルクロードの名残を感じながら、現代のシルクロードを走破します

カラコルム・ハイウェイ

移り変わる民族、暮らし、風景

パキスタンのパンジャーブ平原からスタートする旅は、「南アジア」世界から「中央アジア」世界、そして「中国西域」世界へと人も景色も変わってゆきます。パンジャーブ地方、フンザ地方、パミール高原のキルギス族の世界、そしてシルクロード交易中心のカシュガルまで、人々の暮らしの変化を垣間見ます。
  • カシュガルの職人街にて

  • フンザの中心地カリマバードにて

  • パキスタン北部に暮らすワヒ族

  • ユルタに暮らすキルギス族

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
イスラマバード
14:00発
22:00着
空路、北京経由でパキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
イスラマバード:ヒルビュー泊
2 イスラマバード
タキシラ
ナラン

08:00発


18:00着

専用バスにてカラコルム・ハイウェイを北上し、ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラへ。着後、タキシラの見学(都城址シルカップジョウリアン僧院址博物館)。その後、カガーン渓谷の避暑地ナランへ。
ナラン:PTDC泊
3 ナラン
バブサル峠
チラス
カリマバード

08:00発


17:00着

専用バスにて、バブサル峠(4,173m)を越えて桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。途中、チラスの岩絵、カラコルム山脈・ヒンドゥークシュ山脈・ヒマラヤ山脈が一点に集まる三大山脈の合流ポイントラカポシ(7,788m)のビューポイントへ立ち寄ります。天気がよければ道中で世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。
カリマバード:フンザ・エンバシー泊
4 カリマバード
(ドゥイカル)
(ナガール)
(アルチット)
  早朝、天気が良ければ専用車にてドゥイカル村へ。ラカポシ、ゴールデンピーク(7,027 m)、フンザピークやレディフィンガーなど朝焼けの高峰群を展望します。その後、フンザ川の対岸ナガールへ。ゴールデンピークやウルタルの展望ホーパル氷河を見学します。午後、400年前に建てられた古い家屋が並ぶアルチット村を訪問。また、バルチット城バザールを見学、散策します。
カリマバード:フンザ・エンバシー泊
5 カリマバード
パスー
09:00発
15:00着
専用バスにて、上部フンザのパスーへ。カテドラルの高峰群パスー氷河など上部フンザ・ゴジャール地区の美しく壮大な景観をお楽しみください。途中、ワヒ族の人々が暮らす村も訪問します。
パスー:アンバサダー泊
6 パスー
クンジュラブ峠
(国境)
タシュクルガン

08:00発


17:00着

専用バスにて、パキスタンと中国との国境クンジュラブ峠(4,733m)へ。国境を越え、広大なパミール高原を走り、中国側の国境の町タシュクルガン(3,200m)へ。
タシュクルガン泊
7 タシュクルガン
スバシ峠
カラクリ湖
カシュガル

09:00発


16:00着

専用バスにて、スバシ峠(4,200m)を越え、中国最西端の町カシュガル(喀什)へ。途中、ムスターグ峰やコングール峰の展望が広がるカラクリ湖(3,600m)を訪問。夕食は、羊の串焼き・ケバブなどのウイグル料理をご賞味ください。
カシュガル泊
8 カシュガル
(国境)
イルケシュタム峠
サリタシュ

08:00発


17:00着

専用バスにて、カシュガルよりイルケシュタム峠(3,005m)へ。国境を越え、キルギスに入り、サリタシュへ。
サリタシュ:民家風ゲストハウス泊
9 サリタシュ
(キジル・アート峠)
(カラ・クル)
  四輪駆動車にて、キジル・アート峠(4,282 m)を越え、高山湖のカラ・クル(3,923m)へ。紺碧の湖水を背景に、パミールの高峰群が連なる美しい景観をご覧ください。また、古代遊牧民サカ族の墓跡などが残るカラアート遺跡も見学。その後、サリタシュへ戻ります。
サリタシュ:民家風ゲストハウス泊
10 サリタシュ
サリモゴル村
オシュ

08:00発


17:00着

専用バスにて、サリモゴル村へ。伝統的なアライ・キルギス族の文化に触れることができます。また、レーニン峰をはじめ、パミール・アライ山脈の展望をお楽しみください。その後、キルギス第二の都市オシュへ。
オシュ泊
11 オシュ
カルダマ峠
ウズゲン
カザールマン

08:00発


18:30着

朝、世界遺産のスレイマン山を見学。その後、専用バスにて、カルダマ峠(3,062m)を越え、カザールマンへ。途中ウズゲンに立ち寄り、カラ・ハン朝時代のミナレットや霊廟を見学します。
カザールマン:民家泊
12 カザールマン
ナリン
08:00発
18:00着
専用バスにて、ナリンへ。着後、簡単な市内観光
ナリン泊
13 ナリン
トルガルト峠
(国境)
カシュガル

06:00発


19:00着

専用バスにて、トルガルト峠(3,752m)へ。途中、タシュ・ラバトのキャラバンサライ跡を見学します。その後、国境を越え中国に入り、カシュガルへ。
カシュガル泊
14 カシュガル
北京
夕方発 午前中、カシュガル市内観光エイティガールモスク職人街・旧市街の散策等)。夕方の航空機にて、ウルムチ乗り換えで北京へ。
北京泊
15 北京
東京
08:35発
12:50着
航空機にて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝14/昼13/夜13:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:パキスタン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
06月24日(金) ~ 07月08日(金) 15日間 598,000円
07月08日(金) ~ 07月22日(金) 15日間 598,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月3日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 65,000円(サリタシュ泊除く)
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間(往路のみ)は片道5,000円追加で別途手配致します。(パキスタン航空の指定便に限る)。その他地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) パキスタン(100円)、タジキスタン(7,000円、2週間以内の滞在用)、代行手数料(4,320円X2ヶ国=8,640円)、写真4枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。キルギス、中国は査証不要です。査証欄余白は3ページ以上必要です。
気候・服装 イスラマバードなどパキスタンの平野部や、キルギスのオシュでは日中は晴れると夏服で過ごせますが、朝晩は涼しくなり薄手の上着が必要です。パキスタンのフンザからクンジュラブ峠、カラクリ湖にかけてや、キルギスのサリタシュ、カザールマン、ナリンは標高が高く、曇天の日や朝晩はかなり冷え込みます。また、峠では5度以下まで冷え込むこともありますので、セーターやジャンパーなどもお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 徐々に標高を上げる高度順応しやすい日程ですが、標高3,000mを超える高地では頭痛など軽度の高山病の症状が出ることがあります。ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をおすすめしております。
高山病についてのご注意と取り組み
日程について このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況により一時的に通行不可能になることがあり、大幅に時間がかかることもあります。また政府の命令や天候等の理由により、突然国境が封鎖されるなど日程変更を余儀なくされることがあります。現地事情をご理解の上ご参加ください。
宿泊地について 都市部を除き、山岳地域の宿泊施設ではバスタブがなくシャワーのみであったり、お湯の出が悪かったりと設備は十分ではありません。各地の宿泊施設には限りがあるため、御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルやゲストハウスに分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。また、サリタシュは部屋数に限りがありますので、男女別の大部屋に宿泊します。
コースについて 行程が天候に左右され、日程変更が生じる可能性や、現地の宿泊事情などをご理解いただけ、協調性がある方、一緒に特殊地域の旅を楽しんでいただける方のご参加をお待ちしています。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【パキスタンの危険情報について】

2015年12月現在、フンザを含むギルギット・バルチスタン地域及びハイバル・パフトゥンハー州のチトラル郡には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という外務省の危険情報が発出されております。弊社社員・弊社現地法人による度重なる視察と、これまでのツアー実績・状況を考慮した上でツアーを発表しておりますが、突然の情勢悪化等により日程変更を余儀なくされる場合があります。安全第一にてツアーの運営を進めてまいります。予めご理解の上でお申し込みください。ご不明な点は担当までお問い合わせください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行