タッタの文化財・モヘンジョダロの遺跡群・ラホール城とシャリマール庭園・ロータス砦等を訪れる旅 「シンド・パンジャーブ紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > シンド・パンジャーブ紀行

シンド・パンジャーブ紀行

カラチからイスラマバードまで陸路で走破し、パキスタンの遺跡をじっくり巡る

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • インダス文明最大の遺跡モヘンジョダロ
  • 染め台跡か商店跡といわれる台(ハラッパ)
  • ワガ国境のフラッグ・セレモニー
  • ラホール城・アラムギリー門
  • 岩塩でできたモスク(ケウラ塩鉱山)
  • 「断食する仏陀像」(ラホール博物館)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • パキスタンの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

タッタの文化財/モヘンジョダロの遺跡群/ラホール城とシャリマール庭園/ロータス砦

ツアーのポイント/ Tour Point 

●パキスタン南部・中部のみどころを網羅

アラビア海に面したパキスタン最大の都市カラチから首都イスラマバードまでを陸路で走破。世界遺産タッタのイスラム建築群やイスラム聖者廟の町ムルタンなど、パキスタン南部から中部の見どころをしっかり押さえています。

●インダス文明の遺産・モヘンジョダロとハラッパ、モヘンジョダロのあるサッカルには2連泊

未だ多くの謎に包まれている世界四大文明のひとつ、インダス文明。その最大の都市遺跡モヘンジョダロのあるサッカルには2連泊し、たっぷりと見学していただけます。また同時期の遺跡ハラッパや、各遺跡に併設の博物館も訪問します。

●パキスタンの隠れた見どころへご案内

インドの国境で行われているフラッグ・セレモニーや、アレキサンダー大王時代に発見された巨大なケウラ塩鉱山、世界遺産のロータス砦など、パキスタンの知られざる見どころを巡ります。

パキスタンとイスラム神秘主義

12世紀中頃、中央アジア方面からやってきたイスラム神秘主義者達はウチ・シャリフ、ムルタンなどの都市を拠点に南アジア地域へイスラム教を布教しました。当時のイスラム神秘主義者達の活動は深く民衆の中に根を下ろしたもので、この時代にパキスタン、インドの一般大衆にイスラム教が拡がっていきました。
イスラム神秘主義者達は「聖者」として大変尊敬され、彼らを祀ったダルガー(聖者廟)が国内に点在しています。ムルタンのシャー・ルクネ・アーラムのダルガーなど高名なイスラム神秘主義者が祀られたダルガーには宗派を問わず沢山の人々が参拝に訪れます。

シャー・ルクネ・アーラムのダルガー

謎多きインダス文明の都市遺跡からムガール時代の城塞まで
パキスタンの四大世界遺産を訪問

  • モヘンジョダロ

    紀元前2600年から1700年に栄えたインダス文明最大の都市遺跡。最盛期には3万人の人口を抱えていたと推測されています。
    都市計画に基づいてレンガで舗装された街路や、高度な下水システムを有しており、当時の文明水準の高さが伺えます。

    居住区に残る井戸の跡(モヘンジョダロ)

  • タッタの文化財

    かつての都であったタッタ。金曜モスクと、その周辺にはイスラム世界最大級の墓地「マックリー・ヒル」が残ります。金曜モスクには青く美しい装飾が施されたタイルがのこっています。


    ディワーン・シュラファ・ハーン廟



  • ラホール城とシャリマール庭園

    16世紀にムガール朝の都として繁栄したラホール。壮大なラホール城塞と、王族の保養地として造られたムガール様式の庭園が残ります。

    シャリマール庭園


  • ロータス砦

    ムガール帝国時代第2代皇帝フマユーンに勝利し、短期間帝国を奪取したアフガン系の王シェール・シャー・スーリが建てた要塞。当時のモスクや階段井戸が残る要塞の中には村があり、今も人が暮らしています。

    16世紀スール朝時代の要塞ロータス砦

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
イスラマバード
14:00発
21:15着
空路、北京経由にて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
イスラマバード泊
2 イスラマバード
カラチ
カラチ
(チャウクンディ)

午前発

航空機にてパキスタン最大の都市カラチへ。到着後、先史時代からインダス文明にかけての史物を展示する国立博物館、16~18世紀に建てられたチャウクンディの墳墓群を見学します。
カラチ泊
3 カラチ
タッタ
マックリー・ヒル
サッカル

07:00発


19:00着

専用バスにて、ナショナル・ハイウェイを北上し、モヘンジョダロ観光の拠点サッカルへ。途中、世界遺産に登録されているタッタのイスラム建築群、無数の墓地が残るマックリー・ヒルを訪れます。
サッカル泊
4 サッカル
(モヘンジョダロ)
(コート・ディジ)
  終日、インダス文明最大の遺跡モヘンジョダロへ往復観光。高度な文明を誇った都市址や博物館を見学します。19世紀初頭に築かれた巨大な城砦があるコート・ディジも訪問します。
サッカル泊
5 サッカル
ウチ・シャリフ
バハワルプール

07:00発

16:00着

専用バスにてパンジャーブ州へと入りバハワルプールへ。途中、ウチ・シャリフに立ち寄り、サトレジ川の洪水によって建物の半分が崩れているビービー・ジャヴィンディのダルガー(聖者廟)を見学します。
バハワルプール泊
6 バハワルプール
ムルタン
08:00発
12:00着
専用バスにて、パンジャーブ平原中心の町ムルタンへ。着後、市内観光(世界の柱を意味するシャー・ルクネ・アーラムのダルガーとその背後にあるバハー・ウル・ハックのダルガー、18世紀に建てられたシャー・シャムス・タブレーズのダルガー、ムルタンのオールドバザール等)。
ムルタン泊
7 ムルタン
ハラッパ
ラホール

08:00発

18:00着

専用バスにてパキスタン第2の都市ラホールへ。途中、インダス文明の都市遺跡ハラッパに立ち寄り、5000年前の都市址や博物館を見学します。
ラホール泊
8 ラホール
(ワガ国境)
  終日、ラホール市内観光(皇帝のモスクといわれるバドシャヒモスク、世界遺産に登録されているラホール城シャリマール庭園等)。夕方、インドとの国境に位置するワガを訪れ、日没時に行われるフラッグ・セレモニーを見学します。
ラホール泊
9 ラホール
ケウラ塩鉱山
イスラマバード

11:00発

20:00着

朝、ラホール博物館見学後、専用バスにてイスラマバードへ。途中、アレキサンダー大王の時代に発見された世界最大級の岩塩鉱山のあるソルトレンジ(塩の山脈)へ。トロッコにてケウラ塩鉱山に入り、徒歩にて内部を観光します。
イスラマバード泊
10 (ロータス砦)
イスラマバード

22:35発
世界遺産に登録されている16世紀のスール朝のロータス砦へ往復観光。その後、航空機にて、北京経由で帰国の途につきます。
機中泊
11 東京 12:40着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:パキスタン国際航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月11日(金) ~ 11月21日(月) 11日間 378,000円
12月23日(金) ~ 01月02日(月) 11日間 398,000円
12月30日(金) ~ 01月09日(月) 11日間 398,000円
02月03日(金) ~ 02月13日(月) 11日間 378,000円
02月24日(金) ~ 03月06日(月) 11日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 64,000円
燃油サーチャージ額は原油価格の変動により変更することがあります。
日本の国内線割引は:大阪・名古屋/東京間は片道5,000円の追加で別途手配致します。(パキスタン航空の指定便に限ります)。その他地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 暑さが和らぐベストシーズンです。日中の気温は20℃~25℃となり、半袖又は長袖シャツ程度で過ごせますが、曇天の日や朝晩は冷えることがありますので、上着をご用意ください。動きやすい服装に履き慣れた靴でご参加ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光のご注意 ダルガー(聖者廟)やモスクの観光では、宗教行事や礼拝時間にあたる場合などは、中に入れないことがあります。
宿泊のご注意 一部のホテルでは、バスタブがなくシャワーのみで、お湯の出が悪いことがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行