サンフアン(プエルトリコ)・サントドミンゴ植民都市(ドミニカ共和国)等を訪れる旅 「ハイチも訪れる カリブ4ヶ国周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米 > ハイチも訪れる カリブ4ヶ国周遊

ハイチも訪れる カリブ4ヶ国周遊

ドミニカ共和国から陸路でハイチへ カリブ海の島々を巡る11日間

  • 世界遺産
  • 国境越え
  • 遺跡・史跡
  • サンスーシ城(ハイチ)(CC) by Rémi Kaupp
  • 夕暮れ時のサンフアン旧市街(プエルトリコ)
  • 名物料理ジャークチキン(ジャマイカ)
  • 民族舞踊ボトルダンス(ドミニカ共和国)
  • エルユンケ国立公園(プエルトリコ)
  • エル・モロ要塞(プエルトリコ)
  • アメリカ大陸一古い副王宮殿アルカサル(ドミニカ共和国)
  • ボブ・マーリーの銅像(ジャマイカ)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

サンフアン(プエルトリコ)/サントドミンゴ植民都市(ドミニカ共和国)/シタデル、サンスーシ城(ハイチ)/ブルーマウンテン(ジャマイカ)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●カリブ海に浮かぶ3つの島の4ヶ国をこだわりの日程で巡る旅

コロニアル調の街の散策が楽しいプエルトリコ、陽気な音楽が街中にいつも流れるドミニカ共和国、そして大自然を体感できるレゲエの国ジャマイカ。それぞれ特徴あるカリブの3つの島国に加えて、今まで訪れることが困難だったハイチも訪問。各国で2泊ずつ宿泊し、それぞれの国をじっくりと巡る11日間の旅。

●イスパニョーラ島を横断し陸路でハイチへ

ラテンアメリカ最初の独立国にして世界初の黒人による共和制国家でもあるハイチへは陸路で訪れます。ドミニカ共和国からハイチへイスパニョーラ島を横断し両国を陸路でつなぐことで、宗主国も文化も違う両国を比較することができる西遊オリジナルのコースです。

知られざるハイチの往年の栄華を今に伝える
“天空の要塞”シタデルとサンスーシ城

かつては隣国のドミニカ共和国よりも裕福であったハイチは、独立後、長年にわたって続いた独裁政権や度重なる大規模災害によって、世界でも最貧国の一つと数えられています。このツアーでは国境を接するドミニカ共和国側から陸路でハイチにアプローチすることで、同じ島に存在する2カ国の比較をしつつハイチの“今”に迫ります。ハイチでは、一番のみどころであるシタデルへとご案内。旧宗主国フランスの信仰から守るために山の頂の上に建てられた巨大な要塞で、1982年には近隣のサンスーシ城とともに世界遺産に指定されました。

山の頂の上にそびえ立つ“天空の要塞”シタデル(ハイチ)

ジャマイカの英雄 ボブ・マーリー

国民的な英雄として今もジャマイカの人々から愛され続けているボブ・マーリー。街中では彼のレゲエが流れ、いたる所で彼のグッズや肖像を見かけます。1945年にジャマイカ北部のナインマイルズで白人と黒人のハーフとして生を受けたボブ・マーリーは、10代でキングストンに上京し歌手としてデビューしました。そして、1974年には名曲「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をエリック・クラプトンがカバーし、全米ビルボードチャート1位を獲得しました。ラスタファリズムの思想を背景とした彼の音楽は、今でもジャマイカ国民のみならず新大陸に住む黒人系の人々の心の奥深くに響いています。このツアーでは、彼の生前の業績と足跡を追い、キングストンのボブ・マーリー博物館を訪れます。
  • ボブ・マーリーの銅像

  • ボブ・マーリー博物館に描かれた壁画(ジャマイカ)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ダラス
ダラス
サンフアン
11:30発
07:55着
12:40発
19:36着
空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、プエルトリコ自治連邦区の州都サンフアンへ。
サンフアン泊
2 サンフアン   午前中、サンフアン郊外のエルユンケ国立公園の観光。大自然を体感できる熱帯雨林の散策(約1時間半)をお楽しみいただきます。昼食は、カリブ名物のモフォンゴをご賞味ください。午後は、乗り合いのトロリーバスに乗ってサンフアン旧市街の観光をお楽しみいただきます(エル・モロ要塞サン・クリストバル要塞サンフアン大聖堂五百周年記念広場コロン広場等)。
サンフアン泊
3 サンフアン
マイアミ
サントドミンゴ

09:40発


15:43着

航空機にてマイアミ乗換でドミニカ共和国の首都サントドミンゴへ。
サントドミンゴ泊
4 サントドミンゴ
サンティアゴ
  出発まで、サントドミンゴ市内の観光(植民地時代のヨーロッパ人たちの様子を再現した博物館アルカサル、国民的英雄が眠っているパンテオン大聖堂コロンブス公園オサマ砦ラリマール博物館ドミニカ人類博物館、等)。昼はドミニカを代表するダンス・メレンゲショーを鑑賞しながらの昼食をお楽しみください。その後、専用車にてドミニカ共和国第二の都市サンティアゴへ。
サンティアゴ泊
5 サンティアゴ
(国境)
カパイシアン

昼発


夕方着

午前中、サンティアゴ市内の観光カテドラル英雄のモニュメント、植民地時代の民俗に関するトーマス・モレル博物館、など)。午後、専用車にてハイチ国境へ。陸路、国境を越えて、ハイチ北部の主要都市カパイシアンへ。
カパイシアン泊
6 カパイシアン   終日、世界文化遺産シタデルサンスーシー城の見学。専用車にて黒人皇帝ロワ・クリストフ築城のシタデル城塞の麓へ。シタデルへは麓から馬で向かうこともできます。その後、ロワ・クリストフの居城サンスーシー城を見学します。
カパイシアン泊
7 カパイシアン
マイアミ
キングストン

14:30発


21:59着

午前中、簡単なカパイシアン市内の観光カテドラル、等)。その後、空路、マイアミ乗継でジャマイカの首都キングストンへ。
キングストン泊
8 キングストン
モンテゴベイ
朝発
夕方着
朝、キングストン市内の観光ボブ・マーリー博物館、等)。その後、専用車にてモンテゴベイへ。途中、UCCコーヒー農園の見学。有名なブルー・マウンテン・コーヒーをご賞味いただきます。
モンテゴベイ泊
9 モンテゴベイ
米国内都市
午後発
夕方又は夜着
午前中、モンテゴベイの市内観光(色とりどりの民芸品が並ぶクラフト・マーケット、植民地時代の富豪が建てた壮麗な館ローズ・ホール・グレート・ハウス等)。昼食後、空路、米国内都市へ。
米国内都市泊
10 米国内都市 午前発 空路、帰国の途に着きます。
機中泊
11 東京 15:20着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼7/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※復路は米国内都市で2回乗り継ぎとなる場合があります。

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月28日(水) ~ 01月07日(土)
年末年始コース
11日間 748,000円
01月24日(火) ~ 02月03日(金) 11日間 698,000円
03月14日(火) ~ 03月24日(金) 11日間 698,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 108,000円
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間は無料、それ以外の日本主要都市からは往復1万円の追加で別途手配いたします(ただし、利用航空会社の指定の予約クラスに空席がある場合に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:お名前をお預かりしてから別途お手配いたします。航空券代の差額をご案内いたしますので、詳しくはお問い合わせください。なお、お名前をお預かりさせていただく時期によって、お値段が変わることがありますので、お早めにお申し出ください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。査証欄の余白は4ページ以上必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,600円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 日中は日差しが強く夏服で過ごせますが、虫除け対策のため薄手の長袖が良いでしょう。また、朝晩は涼しくなったり、冷房が効きすぎたりする場合がありますので、軽めの上着があると良いでしょう。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行