チャンチャン遺跡地帯等を訪れる旅 「チャチャポヤスと北部ペルーの黄金文明」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > チャチャポヤスと北部ペルーの黄金文明

チャチャポヤスと北部ペルーの黄金文明

アンデス越えで巡る北部ペルー、プレ・インカの遺跡探究の旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 断崖に張り付くカラヒアの棺
  • 馬に乗ってレバッシュへ
  • チャチャポヤス最大の遺跡クエラップ
  • モチェ文明の芸術的な意匠が施された月のワカの神殿
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

チャンチャン遺跡地帯

14名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ペルー北部に眠るプレ・インカ遺跡の数々を訪ねる旅

ペルー北部、独自の文化が栄えた内陸のチャチャポヤスまで足を延ばし、「北のマチュピチュ」と呼ばれるクエラップ遺跡、人々の安寧を見守るかのように置かれたカラヒアの棺などウトゥクバンバ川流域に点在するみどころを3日間かけて巡ります。また、チクラヨ近郊には、紀元前後から14世紀後半に至るまで様々な文化が花開きました。多くの黄金が出土したことで有名なシパン遺跡やシカン遺跡など、数々の遺跡と博物館を巡ります。

●連泊を2回取り入れた充実の観光内容 温泉地のバーニョス・デル・インカにも宿泊

チャチャポヤスでは2連泊、トルヒーヨにも2連泊。また、温泉地のバーニョス・デル・インカにも宿泊し、各地のみどころをじっくり巡ります。

奇跡の黄金文明 シカンとシパン 

北部ペルーに栄えた「黄金文明」は、紀元前後から700年頃にかけてペルー北海岸に繁栄したモチェ文化のシパンと、750年頃から14世紀後半までペルー北部チクラヨ郊外に栄えたシカン文明に代表されます。シカン・シパンで発展した金銀細工技術や土器陶芸技術は、その後のインカ文明へと引き継がれていきました。コロンブスの到達以降、多くの金銀宝飾品が征服者達によって国外に持ち去られましたが、それでもなお数多くの出土品が発見され、チクラヨに点在する遺跡や博物館に数多く展示されています。
  • 【シパンのワカ・ラハダ陵墓】
    シパンの陵墓では中心にモチェ王、右横に旗持ち、左に軍人、上下に二人の妻、足首を切られた護衛と大量の金細工が発見されました。王が死後の世界へ家族、従者と共にでかけるモチェ文化の死生観を伝えています。発掘された大量の金銀製品は王墓博物館に展示されています。

  • 【シカン・ロロ神殿の「東の墓」の再現】
    日本人考古学者、島田泉教授によって発掘されたシカン。ロロ神殿の東の墓では男性が逆さ向けに胎児の姿勢で発見され、その手前には出産しているような格好の女性も埋葬されていました。墓の主の首は切断され、黄金の仮面をつけて西向きに据えられていました。

  • 【トゥクメ遺跡に残るレリーフ】
    トゥクメは南米でも有数のピラミッド群がある遺跡。26基あるとされるピラミッドのひとつで、発掘が進む「ワカ・ラス・バルサス」では壁にバルサ(筏舟)に乗ったこの地方の神話にまつわるレリーフを見ることができます。

  • 【シカンの黄金の大仮面】
    1991 年、ロロ神殿で発見された、墓の主の顔につけられていた縦103cm、幅59㎝の金・銀・銅の合金でつくられた大きなマスク。「アーモンドアイ」と呼ばれるつりあがった目は「シカンの神」をモチーフにしていると考えられ、瞳はエメラルド飾られています。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
米国内都市
リマ
午後発
午前着
午後発
深夜着
空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、リマ乗継へ。
リマ泊
2 リマ
ハエン
チャチャポヤス
10:55発
12:35着
航空機にてハエンへ。着後、アマゾナス県の古都チャチャポヤス(2,335m)へ。
※古都チャチャポヤスでは旧市街のホテルに2連泊。
チャチャポヤス泊
3 チャチャポヤス
(クエラップ遺跡)
  チャチャポヤスの都と考えられるクエラップ遺跡を訪れます。周囲を城壁に囲まれた山上の都市遺跡をゆっくり見学します。
チャチャポヤス泊
4 チャチャポヤス
エル・チヨ
07:30発
18:30着
朝、ワンカス村郊外にあるソンチェ渓谷を展望台から見学。その後、チャチャポヤスのメルカド(市場)を見学します。午後、山道を走りカラヒアの棺へ。断崖に穿れた棺を見学します(徒歩または馬にて片道25分)。その後、エル・チヨへ。
エル・チヨ泊
5 エル・チヨ
レバッシュ
レイメバンバ
07:00発

19:00着
午前中、山あいの断崖絶壁にあるレバッシュの空中墳墓を訪れます。アクセスの困難な断崖絶壁に建てられた墳墓へ馬に乗って向かいます(片道約1時間15分)。その後、レイメバンバへ。着後、コンドル湖の湖畔から見つかった大量のミイラを展示するレイメバンバ博物館を見学します。
レイメバンバ泊
6 レイメバンバ
バーニョス・デル・インカ
 

専用車にて「インカの温泉」で知られるカハマルカ郊外のバーニョス・デル・インカ(2,667m)へ。美しいアンデスの山越えの一日です。2度の3,600m超の峠越えを含む変化に富んだ景観をお楽しみいただけます。夕食はカハマルカ名産のマス料理をご賞味ください。
※バーニョス・デル・インカではインカの時代から人々に愛された湯治場に建てられたホテルに宿泊。長旅の疲れをゆっくりと癒すことができます。

バーニョス・デル・インカ泊
7 バーニョス・デル・インカ
カハマルカ
トルヒーヨ
  午前中、カハマルカ市内の観光(インカの最後の王アタワルパが幽閉されていた身代金の部屋、市内を一望できるサンタ・アポロニアの丘等)をお楽しみください。その後、専用車にてトルヒーヨへ。
トルヒーヨ泊
8 トルヒーヨ   終日、トルヒーヨ市内の観光(モチェ文明のピラミッドである太陽のワカ月のワカ、インカ帝国に滅ぼされたチムー王国の首都チャンチャン遺跡ドラゴンのワカ等)。
トルヒーヨ泊
9 トルヒーヨ
チクラヨ
  専用車にてチクラヨへ。着後、チクラヨ郊外の観光シパン遺跡(ワカ・ラハダ)シパン陵墓博物館シパン王墓博物館等)。
チクラヨ泊
10 チクラヨ
リマ
リマ
21:50発
23:05着
25:05発
出発まで終日、チクラヨ郊外の観光(日本隊の発掘で有名なシカン遺跡博物館シカン遺跡ワカ・ロロワカ・ベンターナトゥクメ遺跡))。夜、リマ乗継で米国内都市へ。
機中泊
11 米国内都市
米国内都市
  着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
12 東京   着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、ラタム航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※往復ともに米国内都市で航空機を2回乗り継ぐことがあります。

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
05月18日(金) ~ 05月29日(火) 12日間 528,000円
08月10日(金) ~ 08月21日(火) 12日間 598,000円
10月05日(金) ~ 10月16日(火) 12日間 528,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は14,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(14名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 52,000円
日本の国内線割引:各地から東京への国内線割引がございます。詳しくは担当までお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:日本/ロスアンゼルス間はお名前をお預かりして、別途お手配いたします。航空券代の差額(概ね25~35万円前後)をご案内いたしますので、詳しくはお問い合わせください。なお、お名前をお預かりさせていただく時期によって、お値段が変わることがあります。ロスアンゼルス以遠は、32万円の追加で別途手配いたします(ただし、ペルー国内線はエコノミークラスとなります)。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 旅券の残存有効期間は帰国時まで有効なものが必要です。査証欄の余白は6ページ以上必要です。また、アメリカのESTA渡航認証が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 5~10月が北部ペルー、チャチャポヤスへの旅のベストシーズンです。気温は10~30℃くらいで合服に上着が基本となります。チャチャポヤスでは一年を通じて雨が多い場所ですので雨具をご用意ください。遺跡は歩いて見学しますので滑りにくい運動靴をご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 最高宿泊高度はカハマルカの2,720m、最高到達地点はアンデス越えの3,600mです。健康な方でしたら高山病の心配はありませんが、ご心配な方は飲酒などはお控えください。
高山病についてのご注意と取り組み
宿泊について チャチャポヤス、エル・チヨ、レイメバンバでは宿泊施設の数および各施設の部屋数が限られるため、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿となることがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
観光について 日程4日目のカラヒアの棺、5日目のレバッシュの墳墓へは山道をそれぞれ片道25分、1時間15分馬にて訪問します。馬には馬子がついていますが、両手の開くリュックサックなどの荷物をご用意いただき、乗馬中の写真撮影はせず気をつけてお乗りください。また、極端な雨天で足元がぬかるみ危険な場合には訪問日時を変更したり訪問を取り止めることがあります。日程10日目のシカン遺跡は、遺跡手前のラ・レーチェ川の水量によっては遠方からの見学となったり、状況によっては見学できない場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行