古代都市パレンケと国立公園・カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市等を訪れる旅 「メキシコ古代文明徹底探究」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > メキシコ古代文明徹底探究

メキシコ古代文明徹底探究

ユカタン半島を一周し、密林に点在する24の遺跡を巡る旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 密林に眠るメキシコ最大のマヤ遺跡、カラクムル
  • チチェン・イツァ遺跡のエル・カスティージョ
  • プウク様式の宮殿跡が見事なサイール遺跡
  • マヤの城塞都市トゥルム遺跡
  • 密林の画廊ボナンパック遺跡
  • エズナ遺跡の五層の神殿
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

古代都市パレンケと国立公園/カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市/歴史的城塞都市カンペチェ/古代都市ウシュマル/古代都市チチェン・イツァ

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ユカタン半島の密林の奥深くに眠る24ものマヤ遺跡を訪問

世界遺産にも指定されているメキシコの4大マヤ遺跡であるパレンケ、カラクムル、ウシュマル、チチェン・イツァのみならず、日本ではまだあまり知られていないリオベック地域の遺跡を中心に24ものマヤ遺跡を一度に巡ります。マヤを探究する旅人へ捧ぐ、究極のメキシコ・マヤ遺跡の旅。

●随所に連泊を設けた無理のない日程

旅の前半はメリダ、中盤はパレンケ、そして終盤はチカンナ(又はシュプヒル)でそれぞれ連泊を設け、周辺の遺跡をゆっくりと見学。14日間という長い日程と現地の気候に配慮し、随所に連泊を設けた無理のない日程で充実した観光をお楽しみいただけます。

メキシコ・ユカタン半島に眠る知られざるマヤ遺跡の数々を巡る

マヤ文明は、その地形的な特徴と気候条件から一つの国を形成することなく、各地に都市国家が群雄割拠しそれぞれが相互に関係しあって発展していきました。このツアーでは、世界遺産にもなっている有名な遺跡だけではなく、日本では無名ではあるが学術的にとても重要な遺跡の数々を巡ります。

リオベック様式の遺跡群

ユカタン半島の奥深くには、現在のグアテマラのティカルと並びマヤ世界の覇権を争ったカラクムルが密林の森の中に眠っています。しかしその近くにリオベック様式という建築様式をもつ遺跡がいくつもあるのは、あまり知られていません。このツアーでは、チカンナ又はシュプヒルに3連泊し、ベカン遺跡、チカンナ遺跡、シュプヒル遺跡、オルミゲーロ遺跡、リオベック遺跡といったこの地域特有の建築様式を有する遺跡群を巡ります。
  • 要塞都市ベカン遺跡

  • オルミゲーロ遺跡

  • シュプヒル遺跡

  • 見事な壁面装飾が残るチカンナ遺跡


プウク様式の遺跡群

ユカタン半島に西岸には、世界遺産で有名なウシュマル遺跡、その姉妹都市のカバー遺跡、サイール遺跡などがあります。これらの遺跡にみられる建築様式はプウク様式と呼ばれます。丹念に仕上げられた切石を隙間なく積み上げファザードにモザイク状の装飾を施してあるのがその特徴で、その装飾には雨の神チャァクが多くもちいられていることから、この地域には川やセノーテといった水場が少なく、常に雨を重んじていたことを伺わせます。
  • プウク様式を代表するウシュマル遺跡

  • カバー遺跡の壁面にびっしりと装飾が施された雨の神チャァクのマスク


 

高さ42mの神殿有するコバー遺跡

ユカタン半島の東部、ちょうどトゥルムとチチェン・イツァの中間に位置する古典期のマヤ遺跡。日本ではほとんど知られていませんが、ティカルやカラクムルと同時期にユカタン半島の北部で最も栄えた都市国家の一つで、カラクムルの次に高い42mの高さのピラミッドを有する重要な遺跡です。
  • 高さ42mの大ピラミッド、ノホック・ムル

     
  • 日程表/ Schedule 地図を見る

      地名 時刻 スケジュール
    1 東京
    ダラス
    ダラス
    カンクン
    11:30発
    07:55着
    10:39発
    14:28着
    空路、日付変更線を越えてダラスへ。着後、航空機を乗り換えて、カンクンへ。
    カンクン泊
    2 カンクン
    (エク・バラム遺跡)
    (チチェン・イツァ遺跡)
    メリダ

    朝発


    夕方着

    専用車にて、メリダへ。途中、紀元前3世紀からスペイン人到達までの長きにわたって栄えた都市国家タロールの首都エク・バラム遺跡、マヤ天文学の叡智を集めたチチェン・イツァ遺跡を見学します。
    ※3/18発コースは、この日にカスティージョ神殿に現れる羽毛の蛇ククルカンの降臨現象を見学します。
    メリダ泊
    3 メリダ
    (ジビルチャルトゥン遺跡)
    (マヤパン遺跡)
      終日、メリダ市内および近郊のマヤ遺跡の見学(マヤ世界大博物館ジビルチャルトゥン遺跡、13世紀から15世紀にかけてユカタン半島北部のマヤ世界を統治していたマヤパン遺跡等)。
    ※3/18発コースは、この日にジビルチャルトゥン遺跡の7つの人形の神殿におこる朝陽の奇跡をご覧いただきます。なお、マヤ世界大博物館は休館日のため見学できません。
    メリダ泊
    4 メリダ
    ウシュマル遺跡
    カバー遺跡
    サイール遺跡
    カンペチェ

    朝発




    夕方着

    専用車にてメキシコ湾を望むカンペチェへ。途中、7世紀初頭に繁栄したマヤ時代の遺跡で、緻密な装飾のプウク様式を代表するウシュマル遺跡、その姉妹都市のカバー遺跡、同時代に栄えた大規模なサイール遺跡などを見学します。
    カンペチェ泊
    5 カンペチェ
    (エズナ遺跡)
    パレンケ

    朝発


    夕方着

    専用車にてパレンケへ。途中、カラクムルの従属国家として栄えたエズナ遺跡を見学します。
    パレンケ泊
    6 パレンケ
    (ボナンパック遺跡)
    (ヤシュチラン遺跡)
      終日かけて、グアテマラとの国境地帯の密林に眠る2つの遺跡を見学。午前、都市国家間の激しい戦闘の様子や儀式の様子がよみがえる密林の画廊ボナンパック遺跡へご案内します。午後はボートにてウスマシンタ川を下り、ヤシュチラン遺跡を見学します。
    パレンケ泊
    7 パレンケ
    (トニナ遺跡)
    (パレンケ遺跡)
      終日かけて、マヤ古典期の至宝パレンケ遺跡と、そのパレンケとこの地域の覇権を争っていたトニナ遺跡を見学します。
    パレンケ泊
    8 パレンケ
    エル・ティグレ遺跡
    バラムク遺跡
    ベカン遺跡
    チカンナ

    朝発




    夕方着

    専用車にてチカンナへ。途中、後古典期のマヤ世界の重要な交易都市として栄えたエル・ティグレ遺跡、古典期前期の素晴らしい漆喰彫刻で有名なバラムク遺跡、周りを濠で囲われたリオベック地域の中心都市だったベカン遺跡などを見学します。
    チカンナ又はシュプヒル泊
    9 チカンナ
    (オルミゲーロ遺跡)
    (チカンナ遺跡)
    (シュプヒル遺跡)
    (リオベック遺跡)
      終日、この地域周辺に点在する古典期後期に位置づけられるリオベック様式のマヤ遺跡(オルミゲーロ遺跡チカンナ遺跡シュプヒル遺跡リオベック遺跡)を巡ります。
    チカンナ又はシュプヒル泊
    10 チカンナ
    (カラクムル遺跡)
      終日かけて、じっくりとグアテマラのティカルと覇権を争ったメキシコ最大のマヤ遺跡カラクムル遺跡を見学。巨大なピラミッド神殿、住居跡などをご覧いただきます。
    チカンナ又はシュプヒル泊
    11 チカンナ
    ジバンチェ遺跡
    コフンリッチ遺跡
    チェトマル

    朝発


    夕方着

    専用車にて、キンターナ・ロー州の州都チェトマルへ。途中、古典期マヤの重要な遺跡(ジバンチェ遺跡コフンリッチ遺跡)を見学します。
    チェトマル泊
    12 チェトマル
    トゥルム遺跡
    コバー遺跡
    カンクン

    朝発


    夕方着

    専用車にて、カンクンへ。途中、真っ青なカリブ海に面したマヤの城塞都市トゥルム遺跡、高さ42mのピラミッドを有するコバー遺跡を見学。
    カンクン泊
    13 カンクン
    ダラス
    ダラス
    早朝発
    午前着
    午前又は昼発
    航空機にて、ダラス乗継で帰国の途につきます。
    機中泊
    14 東京 午後又は夕方着 着後、解散。
    • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
    • ※食事回数:朝11/昼10/夜11:機内食は除く
    • ※利用予定航空会社:アメリカン航空
    • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

    出発日と料金/ Price  

    2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
    02月15日(水) ~ 02月28日(火)
    乾季のベストシーズン
    14日間 698,000円
    03月18日(土) ~ 03月31日(金)
    2つの春分の日の奇跡を見学
    14日間 698,000円
    • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
    • ※ 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
    最少催行人員 8名(12名様限定) <添乗員同行>
    お一人部屋使用料 87,000円
    日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間は無料、それ以外の日本主要都市からは片道5,000円の追加で別途手配いたします(ただし、利用航空会社の指定の予約クラスに空席がある場合に限る)。詳しくはお問い合わせください。
    国際線のビジネスクラス:お名前をお預かりしてから別途お手配いたします。航空券代の差額(概ね30~40万円前後)をご案内いたしますので、詳しくはお問い合わせください。なお、お名前をお預かりさせていただく時期によって、お値段が変わることがありますので、お早めにお申し出ください。
    催行状況アイコンについて

    催行状況アイコンのご説明

    • 募集中のツアーです。
    • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
    • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
    • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
    • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
    • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
    • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

     

    ご案内とご注意/ Information

    査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は帰国時まで有効、査証欄余白は1ページ以上必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,600円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
    気候・服装 乾季のベストシーズンです。年間を通じて高温多湿の熱帯性気候ですので夏服が基本となります。乾季であってもスコール性の雨が降ることがあるので、雨具が必要となります。多くの遺跡を見学するコースですので、靴底のしっかりとした滑りにくい靴が良いでしょう。
    利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
    パンフレットのご請求はこちら
    観光について カラクムル遺跡の観光では、遺跡手前の40km地点にある入口ゲートで、乗合バスに乗り換えて遺跡へと向かいます。ゲートから遺跡までは約70分かかります。
    宿泊について チカンナ泊は、シュプヒル泊となる場合があります(チカンナ/シュプヒル間は約10km、車で約15分)。
    3/18発春分の日特別コースについて ククルカンの降臨現象とジビルチャルトゥン遺跡の朝陽は、曇天などによりご覧いただけない場合もございます。また、ジビルチャルトゥン遺跡は、通常、春分の日に限り早朝に開場が行なわれますが、遺跡を管轄する国立人類学博物館の判断によりこの早朝開場が見送られる場合があります。この場合は、上記に記載した朝陽の奇跡はご覧いただくことができません。あらかじめ御了承ください。
    旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
    予約希望・お問い合わせ
    お電話のご予約・お問い合わせ

    旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行