「ガイアナ オウギワシの棲む森へ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > ガイアナ オウギワシの棲む森へ

ガイアナ オウギワシの棲む森へ

知られざるガイアナのワイルドライフを楽しむ11日間

  • 大自然
  • 動物
  • オウギワシ(ハーピーイーグル Harpy eagle)
  • ギアナイワドリ
  • ヒオウギインコ
  • シロガオサキ
  • オオカワウソ
  • ギアナアカクロカザリドリ
  • ニショクコチュウハシ
  • ベニカザリドリ
  • ハゲガオカザリドリ
  • アメリカバク
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

6名様から催行・10名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●未知なるガイアナの森・イオクラマ・フォレストへ

首都ジョージタウンから小型航空機に乗ってガイアナ南部のイオクラマ・フォレストへ。ナマケモノ、バク、カピバラやオオカワウソなど中南米特有の野生動物が生息する豊かな森が広がり、ジャガーの観察地としても知られています。

●世界最大級の猛禽類オウギワシの観察にトライ

スラマ周辺の森は猛禽類最大の鉤爪と握力を誇ると言われるオウギワシの生息地として知られています。ロッジからウォーキングサファリでオウギワシの観察へ。簡単には見ることができないため、最大3回の観察の機会を設けています。

●No.1エコツーリズムアワードを獲得したガイアナの森

毎年ドイツ・ベルリンで開催される世界最大規模の旅行博ITBで、本年ガイアナがエコツーリズムアワードのNo.1に選ばれました。日本ではほとんど馴染みのない、ガイアナの自然ですが、世界的にも認められた豊かな熱帯雨林が広がっています。

●6名様より催行、最大10名様までの少人数限定企画

野鳥や野生動物観察、ジャングルでのウォーキングサファリをじっくりとお楽しみいただくため、6名様から最大10名様までの少人数限定企画としております。

野鳥の楽園・ガイアナ オウギワシとギアナイワドリ

ギアナイワドリ Guianan cock-of-the-rock

オレンジ色の体毛でくちばしと脚もオレンジ色。冠羽は半円状で赤色のふちどりがある美しい鳥です。訪問予定の1月末は繁殖期にあたり、オスはメスの気をひくために競い合って求愛ダンスを行います。ツアーでは日程6日目にこのギアナイワドリの求愛場を訪れ、求愛行動を観察できるチャンスがあります。

オウギワシ Harpy Eagle

スラマでは周辺の森に生息するオウギワシを歩いて探します。猛禽類の中でも最大級の大きさを誇り、強力な鉤爪でナマケモノやサルを捕食するほどです。時速65~80kmのスピードで森の中を飛行し、一機に獲物を捕らえる際の鉤爪の衝撃力は銃弾の3倍もの力があると言われます。スラマ近郊の森へ徒歩で入り、ネイチャーガイドと共に使われている巣の近くで待機し観察を狙います。
  • ギアナイワドリ

  • オウギワシ

大自然の中で滞在 3つのジャングルロッジ

  • イオクラマ・リバーロッジ
    [イオクラマ・フォレスト]

    川沿いに8つのキャビンが並ぶロッジ。設備はシンプルですが、野鳥のさえずりを聞きながら大自然の中での滞在をお過ごしください。

    お部屋の一例(イオクラマ・リバーロッジ)

  • アタ・レインフォレストロッジ
    [イオクラマ・フォレスト南部]

    熱帯雨林に囲まれたロケーション。樹上30mに設置されたキャノピーウォークまで徒歩で訪れる事ができ、バードウォッチングには最適です。

    キャノピーウォークで野鳥観察

  • スラマ・エコロッジ
    [スラマ]

    スラマ村に位置するエコロッジ。設備は最小限しか整っていませんが、周辺の森にはオウギワシが生息しており、ジャングルウォークで観察に出かけます。

    スラマ・エコロッジ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
アメリカ内都市
アメリカ内都市
マイアミ
午前又は午後発
午前又は午後着
昼又は午後発
夕方又は夜着
空路、日付変更線を越えて、米国内都市乗り換えでマイアミへ。
マイアミ泊
2 マイアミ
ジョージタウン
午後発
夜着
午前中、自由行動。午後の航空機にてガイアナの首都ジョージタウンへ。着後、専用バスにてホテルへ。
ジョージタウン泊
3 ジョージタウン
イオクラマ・フォレスト
約1時間 小型航空機にてガイアナ中部のイオクラマ・フォレストへ。着後、ロッジへ。午後、イオクラマフォレストでのウォーキングサファリで野鳥や野生動物の観察。
■観察できる可能性のある野生動物:アカホエザル、クロクモザル、ナキガオオマキザル、フサオマキザル、アグーチ等
■観察できる可能性のある野鳥:ギアナアカクロカザリドリ、ムラサキカザリドリ、クロアマドリ、キボシオニキバシリ、アマゾンアリモズ、マダラオオガシラ、キムネチュウハシ、ニショクコチュウハシ、トパーズハチドリ、アカメアメリカジカッコウ等
夜はナイトウォークで、夜行性の野鳥観察にでかけます。
■夜に観察できる可能性のある野鳥:メガネフクロウ、ハジロタチヨタカ、サビイロタチヨタカ、クロヨタカ等
イオクラマ・リバーロッジ泊
4 イオクラマ・フォレスト   早朝よりボートでエゼキボ川をクルーズし、野鳥や黒カイマンを観察。朝食後、再びボートに乗り、オオカワウソの観察に出かけます。午後はサファリドライブで森を抜け、ジャガーの生息域へ。ジャガーをはじめ、バクやアナコンダなどの野生動物を探します
イオクラマ・リバーロッジ泊
5 イオクラマ・フォレスト
アタ・レインフォレスト
朝発
昼着
早朝、ロッジ周辺にてバードウォッチングをお楽しみください。朝食後、専用車にて野鳥や野生動物を観察しながらアタ・レインフォレストロッジへ。午後から夕方にかけて、樹上約30m程の高さに造られた500mものキャノピーを歩き、野鳥観察
■観察の可能性のある野鳥:カオグロノスリ、メスグロホウカンチョウ、ベニカザリドリ、ハゲガオカザリドリ、ヒオウギインコ、キガオボウシインコ、オリーブコバシハエトリ、クロワキムラサキカザリドリ
アタレインフォレストロッジ泊
6 アタ・レインフォレスト
スラマ
朝発
昼着
早朝、再びキャノピーでのバードウォッチングや野生動物の観察
■観察できる可能性のある野生動物:シロガオサキ、コモンリスザル、フサオマキザル、ミユビナマケモノ等
朝食後、専用車にてスラマへ。途中、珍しいギアナイワドリの観察。この時期は求愛行動を観察するチャンスです。スラマ着後、午後は猛禽類最大の鉤爪を持つと言われるオウギワシの観察に出かけます(往復で1時間半~2時間程度ジャングルの中を歩きます)。夕食後、夜行性動物の観察に出かけます。
スラマエコロッジ泊
7 スラマ   早朝より再び、ジャングルを歩きオウギワシの観察に出かけます。午前中にオウギワシが観察出来た場合、午後は徒歩でブロブロ川周辺を訪れ(片道約4km)、野生動物の観察
■観察できる可能性のある動物:オオカワウソ、スパイダーモンキー、バク、タイラ
スラマエコロッジ泊
8 スラマ
ジョージタウン
昼発
午後着
午前、スラマ周辺で野鳥・野生動物の観察。その後、小型航空機にてジョージタウンへ。着後、ホテルへ。
ジョージタウン泊
9 ジョージタウン
マイアミ
マイアミ
アメリカ内都市
早朝又は午前発
午前又は午後着
午後又は夕方発
夕方又は夜着
航空機にてマイアミへ。着後、航空機を乗り換えてアメリカ内都市へ。
マイアミ又はアメリカ内都市泊
10 アメリカ内都市 午前発 空路、帰国の途につきます。
機中泊
11 東京 午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼6/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、カリビアン航空、スリナム航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2020年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
01月22日(水) ~ 02月01日(土) 11日間 798,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,000円です(5月29日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(10名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 88,000円
少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
国際線のビジネスクラス:東京/マイアミ間は30~50万円前後の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はガイアナ出国時6ヶ月以上、査証欄余白は1ページ以上必要です。また、アメリカのESTA渡航認証が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,000円+消費税)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。旅券の残存期間は、入国時6ヶ月以上必要です。
気候・服装 夏服で過ごせますが、虫除けに長袖の着用をお勧めします。この時期のガイアナ南部の森は乾季にあたりますが、熱帯雨林のためいつでも雨が降る可能性があります。上下セパレート式の雨合羽は必携です。ジャングルの中でのウォーキングサファリに備えて防水性のハイキングシューズやトレッキングシューズをご準備ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
その他のご注意 自然観察ですので、写真や日程表中の動物や野鳥が必ず見られるとは限りません。特にジャガーやオウギワシの観察は希少です。予めご理解の上、ご参加ください。スラマでは歩いてオウギワシを探します。その時点でオウギワシが利用している巣が確認できる場合は巣の近くで待機し、オウギワシの観察を狙いますが、確実ではありません。観察出来ない可能性もありますので予めご理解の上、ご参加ください。尚、巣の近くで待機する場合は2~3時間待ち続ける可能性もあります。一部のお客様のみ先にロッジに帰る事はできません。また、足場の悪いジャングルの中を徒歩で移動したり、ウォーキングサファリをしたりと歩く事の多いコースのため、歩く事に自信のない方のご参加は困難です。
宿泊について 今回利用するイオクラマリバーロッジ、アタレインフォレストロッジ、スラマエコロッジの設備は最低限度の質素なものです。エアコンはなく扇風機のみ、シャワーは水シャワーとなり、電気の利用時間に制限がある場所もあります。また、部屋数に限りがある地域のためお一人部屋がお取できない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額はご返金いたします。
荷物について 日本からはスーツケースでご参加いただけますが、小型航空機に積み込みできないためジョージタウンのホテルに預けていただきます。5泊6日分の着替えなどが入る布製のカバン(お一人様10kg迄)を別途ご準備ください。
食事について 経由地のアメリカでの昼食、夕食はツアーには含まれておりません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行