オールドハバナ・カマグエイ・トリニダとロス・インヘニオス渓谷・シエンフエーゴス等を訪れる旅「オールドハバナ滞在とキューバ大横断」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > オールドハバナ滞在とキューバ大横断

オールドハバナ滞在とキューバ大横断

悠久の歴史を感じるオールドハバナ滞在と見どころを余すところなく網羅したキューバ横断の旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 50~60年代のクラシックカーが行き交うキューバ
  • 世界遺産の古都トリニダの街並み
  • 街角で奏でられるキューバ音楽
  • オールド・ハバナの街並み
  • ボートに乗ってインディオの洞窟へ(ビニャーレス)
  • チェ・ゲバラのモニュメント(革命広場)
  • オールド・ハバナのカテドラル広場
  • チェ・ゲバラ記念霊廟(サンタクララ)
  • ハバナシガー
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

オールド・ハバナとその要塞群/サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城/カマグエイ歴史地区/トリニダとロス・インヘニオス渓谷/シエンフエーゴスの都市歴史地区/ビニャーレス渓谷

15名様限定のゆとりの旅


ハバナではクラシックカーでの
ドライブをお楽しみください
(写真の車は一例です)

オールド・ハバナに3連泊、古都トリニダでは民家泊体験

ハバナでクラシックカー乗車体験

ツアーのポイント/ Tour Point 

●古き良きキューバを感じるこだわりの旅

コロニアル調の街並み広がる世界遺産のオールド・ハバナやトリニダに滞在し、古き良きキューバを心行くまで堪能します。ハバナでは、この街の代名詞ともいうべきクラシックカーの乗車体験をお楽しみいただきます。古都トリニダでは、カサ・パルティクラールと呼ばれる民家にお泊りいただきます。※カサ・パルティクラールは分宿となります。

●キューバを東から西へ大横断

オールドハバナを堪能した後は、空路、サンティアゴ・デ・クーバへ。植民地時代、独立戦争、そして社会主義革命と、数奇な歴史を持つキューバを東から西へ陸路で巡ります。

●8名様催行15名様限定のゆとりの旅

西遊旅行こだわりの旅を、しっかりとお楽しみいただける少人数限定のツアーです。

古都トリニダで民家に泊まり、人々の暮らしに直にふれる
カサ・パルティクラール

カサ・パルティクラールとは、一般家庭の一室を旅行者に有料で提供する民家のことです。このツアーでは、団体で宿泊できる大きなホテルがほとんどないトリニダ市内で、街歩きの利便性なども考慮し、あえて市内に点在するこのカサ・パルティクラールに宿泊します。地元の人々の生活も垣間見ることのできるキューバならではの民家に1泊することで、古き良き街並みのトリニダでの滞在を満喫していただきます。
  • トリニダの人々の日常が感じられる家屋

    トリニダの人々の日常が感じられる家屋
    (一例)

  • カサ・パルティクラールの一例

    カサ・パルティクラールの一例

  • 客室の一例

    客室の一例

文豪ヘミングウェイゆかりの地を訪問

小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村、小説『誰がために鐘はなる』を執筆したホテル・アンボス・ムンドス、現在は博物館となっているヘミングウェイの邸宅跡、そのほかヘミングウェイ行きつけのレストランなども訪れます。
  • ホテル・アンボス・ムンドス

    ホテル・アンボス・ムンドス

  • ラ・テラサ

    ラ・テラサ

  • コヒマル村の要塞

    コヒマル村の要塞

  • ヘミングウェイ博物館

    ヘミングウェイ博物館

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
メキシコシティ
メキシコシティ
ハバナ

午後発


夜着

空路、日付変更線を越えてメキシコシティへ。着後、航空機を乗り換えて、キューバの首都ハバナへ。着後ホテルへ。
ハバナ旧市街泊
2 ハバナ   朝、ハバナ名物のクラシックカーでマレコン通りをドライブ。革命広場にも立ち寄ります。その後、終日、徒歩でハバナ旧市街の観光(ラム酒の歴史がわかるハバナ・クラブ博物館、コロニアル調の建物に囲まれたビエハ広場、文豪ヘミングウェイが逗留したホテル・アンボス・ムンドス511号室アルマス広場フエルサ要塞カテドラル等)。古き良きキューバの情景の残る旧市街をゆっくりと徒歩で巡ります。
昼食は、文豪ヘミングウェイが好んだカクテルモヒートで有名なボデギータ・デル・メディオにてお召し上がりいただきます。
ハバナ旧市街泊
3 ハバナ   前日に引き続きハバナ市内及び郊外の観光(一般市民の生活が垣間見れる農産物市場、キューバ革命の歴史を今に伝える革命博物館カピトリオ(外観)、植民地時代にハバナ湾防衛のため建てられたモロ要塞等)。夜はカバーニャ要塞で約150年間続けられているといわれる大砲の儀式もご覧いただきます。
ハバナ:旧市街泊
4 ハバナ
サンティアゴ・デ・クーバ
06:05発
07:30着
朝、航空機にてキューバ第二の都市でキューバ革命発祥の地サンティアゴ・デ・クーバへ。着後、市内観光(世界遺産サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城、キューバ革命の火蓋を切った7月26日モンカダ兵営博物館、モンカダ兵営襲撃の拠点となったシボネイ農場、革命勝利宣言の地セスペデス広場等)。
サンティアゴ・デ・クーバ泊
5 サンティアゴ・デ・クーバ
エル・コブレ
バヤモ
カマグエイ

朝発


夕方着

専用バスにて、コロニアル調の街並みが残る内陸の街カマグエイへ。途中、エル・コブレではキューバで最も神聖な教会といわれるコブレ教会を、バヤモではキューバの「国父」と称されるセスペデスの生家を訪ねます。
カマグエイ到着後、簡単な市内観光メルセデス広場等)。
カマグエイ泊
6 カマグエイ
マナカ・イスナガ
トリニダ
  専用バスにて、世界遺産の古都トリニダへ。途中、マナカ・イスナガの荘園跡奴隷監視塔を見学します。
トリニダ到着後、市内観光サンティシマ広場ロマンティコ博物館、トリニダ名物のカクテルカンチャンチャラをご賞味いただけるラ・カンチャンチャラ等)。
※この日の宿泊は、個人が家の一部を旅行者に提供するカサ・パルティクラルと呼ばれる民宿に分宿でお泊りいただきます。
トリニダ:カサ・パルティクラール分宿泊
7 トリニダ
サンタクララ
ハバナ
  専用バスにて、サンタクララへ。途中、フランス人入植者により造られた植民都市シエンフエゴスに立ち寄ります。着後、サンタクララ市内の観光チェ・ゲバラ記念霊廟、革命の流れを決定付けた装甲列車襲撃現場ゲバラの美しい銅像がある共産党支部前等)。その後、ハバナへと戻ります。
ハバナ泊
8 ハバナ
ビニャーレス
ハバナ
  終日、キューバ特産のタバコの栽培で有名なビニャーレスの観光をお楽しみください。ビニャーレス国立公園のインディオの洞窟ムラル壁画などを見学します。
夜は、ヘミングウェイが特注のダイキリを好んで飲んだことで有名なラ・フロリディータでの夕食をお楽しみください。又、ご希望の方はオプショナルで、世界屈指のキャバレーショー トロピカーナへご案内いたします。詳細はお問い合わせください。
ハバナ泊
9 ハバナ
メキシコシティ
メキシコシティ
夕方発
夜着
深夜発
午前中、ハバナ郊外にあるヘミングウェイ晩年の邸宅跡のヘミングウェイ博物館、小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村を見学。昼食は、文豪ヘミングウェイが足しげく通ったラ・テラサにてシーフードをお召し上がりいただきます。
その後、航空機にてメキシコ・シティ乗継で帰国の途へ。
機中泊
10     日付変更線を通過します。
機中泊
11 東京 早朝または午後着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝/昼/夜:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アエロメヒコ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2015年~2016年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月02日(水) ~ 12月12日(土) 11日間 528,000円
12月23日(水) ~ 01月02日(土)
年末年始コース
11日間 598,000円
02月10日(水) ~ 02月20日(土) 11日間 528,000円
03月02日(水) ~ 03月12日(土) 11日間 528,000円
04月06日(水) ~ 04月16日(土) 11日間 528,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,000円です(7月2日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 59,000円
日本の国内線割引は:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要ですがツーリストカードの取得が必要です。キューバツーリストカード(2,100円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 乾季から雨季への移行期です。スコール性の雨が降ることがありますので、雨具が必要です。亜熱帯及び熱帯気候に属するため、年間を通じて高温多湿で全行程夏服で過ごせますが、朝晩は涼しくなることがあります。冷房対策も兼ね、上に羽織るものもお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について

各地のホテルとも土地柄バスタブはなくシャワーのみとなります。トリニダでの民家(カサ・パルティクラール)泊は分宿となり、シャワー、トイレが共同となったり間取りや設備に違いがあったりする事があります。予めご了承ください。

観光について サンタクララのチェ・ゲバラ記念霊廟や装甲列車襲撃現場は、政府の命令や政治的な理由により突然見学が制限される場合があります。トリニダーの市立博物館は、ロマンティコ博物館にご案内しますが、改装などで急遽閉館となる場合があります。その場合は市内の別の博物館にご案内します。ヘミングウェイ博物館は、窓の外から旧邸宅をご覧いただきますが、雨天は休館となり外観観光となります。インディオの洞窟の観光は、他のお客様とご一緒となる場合があります。
その他のご注意 キューバを旅行する際は、海外旅行保険(米国系保険会社は不可)への加入が義務付けられています。ご旅行の際は必ず英語表記の契約証明書を持参してください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行