「コルコバード国立公園も訪れる コスタリカ自然観察の旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > コルコバード国立公園も訪れる コスタリカ自然観察の旅

コルコバード国立公園も訪れる 
コスタリカ自然観察の旅

世界一美しい鳥と言われるケツァール、野生動物と野鳥観察を存分に楽しむ10日間

  • 大自然
  • 動物
  • 幻の鳥ケツァール
  • アカメアマガエル
  • ナマケモノ
  • チュウベイバク
  • ズアカゴシキドリ
  • オナガレンジャクモドキ
  • ミドリキヌバネドリ
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

8名様から催行・12名様限定

ESTA不要 12/25発コース除く

ツアーのポイント/ Tour Point 

●中米随一の野鳥・野生動物の宝庫コスタリカで自然観察を存分に楽しむ

コスタリカで最も自然が残る場所として知られるコルコバード国立公園、約500種の野鳥が生息する熱帯雨林ラ・セルバ生物保護区、ケツァールの観察率の高さで知られるサンヘラルド・デ・ドタ、マニュエルアントニオ国立公園など各所で野鳥や野生動物の観察を徹底的に楽しむ自然観察の旅。

●幻の鳥ケツァールの観察率が高いサンヘラルド・デ・ドタに2連泊

幻の鳥とも言われるケツァールはコスタリカを訪れたら是非観察したい鳥の一種。観察率の高さで知られる美しい雲霧林が広がるサンヘラルド・デ・ドタに2連泊し、計3回ケツァールを探す時間を設けました。

●美しいビーチと野生動物の森マニュエルアントニオ国立公園

真っ青なビーチのすぐ近くに広がる森にはコスタリカを代表する数多くの野生動物が生息。特にナマケモノの観察率が高いことでも知られています。その他、3種類のサル(リスザル、ノドジロオマキザル、ホエザル)、イグアナやアライグマなどを観察するウォーキングサファリにご案内します。

コスタリカで出会う 野鳥・野生動物たち

  • ナマケモノ

    フタユビナマケモノ、ミユビナマケモノ2種類のナマケモノが生息。特にマニュエルアントニオ国立公園は観察率の高さで知られています。
  • ケツァール

    バードウォッチャー達の憧れであり、世界一美しい鳥と言われるケツァール(カザリキヌバネドリ)。観察率の高いサンヘラルド・デ・ドタに2連泊し、じっくりと探鳥を行います。
  • イチゴヤドクガエル

    熱帯雨林の宝石とも呼ばれる、猛毒を持つ色鮮やかなカエル。サラピキ近郊では様々なカエルを探します。
  • チュウベイバク

    水辺を好んで生息。夜行性ですが、コルコバード国立公園ではジャングルの中で休んでいる姿を観察できるチャンスがあります。

     

  • クビワペッカリー

    喉元に白っぽい首輪状の帯があるクビワペッカリー。ラ・セルバ生物保護区やコルコバード国立公園等で観察できます。
  • シロヘラコウモリ

    体長が4cm程度の非常に小さなコウモリ。昼間、ヘリコニアという植物の葉の陰に集まっている所を探します。
  • ムナフチュウハシ

    オオハシよりひと回り小さいチュウハシ。胸の斑点とクチバシのギザギザ模様が特徴です。サラピキの森などで観察できます。

コスタリカ最後の秘境 コルコバード国立公園

パナマ国境に近いオサ半島に位置するコルコバード国立公園はコスタリカ最後の秘境とも言われます。キヌバネドリやフウキンチョウをはじめカラフルな野鳥も数多く生息。哺乳類ではハナジロハナグマ、クビワペッカリー、コスタリカに生息する4種類のサルが生息し、中でも絶滅危惧種のセアカリスザルの生息地としても知られます。拠点となるドラケ湾からボートでシレナステーション又はサンペドリージョ・ステーションを訪れ、ウォーキングサファリで貴重な野生動物を観察します。チュウベイバクやキタコアリクイ等の貴重な動物に出会えることも。
※日程6日目はコルコバード国立公園内のシレナステーション訪問を第一候補としていますが、1日100人までの入場制限が設けられているため、制限にかかった場合はサンペドリージョ・ステーションを訪れます。
  • セアカリスザル

  • キガシラマイコドリ

  • ハナジロハナグマ

  • キタコアリクイ

  • クモザル

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
メキシコ・シティ
メキシコ・シティ
サンホセ
15:25発
12:55着
21:50発
24:50着
空路、メキシコ・シティ乗換えで、コスタリカの首都サンホセへ。着後、ホテルへ。
※メキシコ・シティ乗り継ぎ時は空港内ラウンジをご利用いただけます。
サンホセ泊
2 サンホセ
サラピキ
09:00発
11:00着
専用バスにて熱帯雨林が広がるサラピキへ。着後、サラピキの熱帯雨林で野鳥やカエル、シロヘラコウモリの観察。ルリミツドリやムナフチュウハシ等の野鳥や森の宝石と呼ばれるカラフルな矢毒カエル、アカメアマガエル等を観察します。午後はサラピキ川ボークルーズでグリーンイグアナやホエザルをはじめとする野生動物を観察。
サラピキ泊
3 (ラ・セルバ生物保護区)
サラピキ
サン・ヘラルド・デ・ドタ

11:00発
18:00着
朝、ラ・セルバ生物保護区の熱帯雨林で野鳥や野生動物の観察。クリハシオオハシやサンショクキムネオオハシ、クビワペッカリーやナマケモノなどを観察。その後、幻の鳥ケツァールとの遭遇率が高い渓谷地帯の町サン・ヘラルド・デ・ドタへ。
サン・ヘラルド・デ・ドタ泊
4 サン・ヘラルド・デ・ドタ   早朝、幻の鳥ケツァールの観察。朝食後、ドングリキツツキ、ホノオフウキンチョウ、オナガレンジャクモドキ等の野鳥観察。午後はハチドリの観察台も訪れます。夕方、再びケツァールの観察へ。
サン・ヘラルド・デ・ドタ泊
5 サン・ヘラルド・デ・ドタ
シエルペ
ドラケ湾

06:30発

 

14:00着

早朝、最後のケツァール観察。その後、専用バスにてシエルペへ。着後、ボートにてドラケ湾へ。夕方、ロッジ周辺での野鳥観察
ドラケ湾泊
6 ドラケ湾
(コルコバード国立公園)
  早朝よりボートに乗ってコルコバード国立公園のシレーナステーションへ。着後、ウォーキングサファリ。クモザル、セアカリスザル、ハナグマ等の野生動物やオオホウカンチョウ、コンゴウインコやキヌバネドリ等の野鳥観察をお楽しみください。運が良ければチュウベイバクやキタコアリクイが観察できる可能性もあります。その後、ドラケ湾へと戻ります。午後はロッジ周辺での野鳥観察等をご自由にお楽しみください。
ドラケ湾泊
7 ドラケ湾
シエルペ
マニュエルアントニオ国立公園近郊

07:00発

 

13:00着

ボートにてシエルペへ戻ります。途中、シエルペ川のマングローブでの野鳥や野生動物の観察。ナマケモノやコンゴウインコ等の観察をお楽しみください。午後、マニュエルアントニオ国立公園でのウォーキングサファリ。イグアナやナマケモノ、ノドジロオマキザルなどの野生動物を観察します。
マニュエルアントニオ国立公園近郊又はドミニカル泊
8 マニュエルアントニオ国立公園近郊
サンホセ
サンホセ
メキシコ・シティ
メキシコ・シティ

07:00発

 

10:00着
12:30発
16:05着
24:10発

専用バスにてサンホセへ。空路、メキシコ・シティへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
※メキシコ・シティ乗り継ぎ時は空港内ラウンジをご利用いただけます。
機中泊
9     日付変更線を越えます。
機中泊
10 東京 06:20着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼6/夜6:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アエロメヒコ航空、ユナイテッド航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※12/25発コースはユナイテッド航空利用となります。観光内容は変わりませんが発着時刻、乗り継ぎ地は上記日程と異なります。

出発日と料金/ Price  

2019年~2020年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月25日(水) ~ 01月03日(金)
ユナイテッド航空利用・年末年始コース
10日間 628,000円
01月13日(月) ~ 01月22日(水) 10日間 538,000円
02月17日(月) ~ 02月26日(水) 10日間 538,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,000円です(5月29日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 88,000円
お1人様参加の方で相部屋をご希望の場合でも、ご出発時点でお相手の方がいらっしゃらない場合は一人部屋追加代金が必要になります。予めご了承ください。
日本の国内線割引:日本の主要都市から東京への割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:追加代金等の詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は帰国時まで有効なものが必要です。査証欄の余白は1ページ以上。12/25発コース:アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,000円+消費税)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 サンホセ、サンヘラルド・デ・ドタでは日中は爽やかな気候ですが、朝晩10℃位まで気温が下がりますので防寒着もお持ちください。サラピキやドラケ湾、コルコバード国立公園などの低地は日中30℃以上にまで暑くなり、夏服で過ごせます。この時期は乾季にあたりますが、熱帯雨林では雨が降ることもありますので上下セパレート式の雨合羽は必ずお持ちください。ドラケ湾、コルコバード国立公園でのボートの乗下船はウェットランディングになり、膝位まで濡れますので短パンやサンダルもご準備ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について ドラケ湾の宿泊施設は設備が十分ではありません。扇風機のみとなり、シャワーも水シャワーのみとなる事があります。ドラケ湾、サン・ヘラルド・デ・ドタではお一人部屋をおとりできない場合があります。その場合変更補償金の対象外とさせていただきますが生じた差額はご返金します。日程7日目はマニュエルアントニオ国立公園近郊もしくはドミニカルに宿泊します(約50㎞、専用バスで45分程度の距離です)。
観光について 写真や日程表中の動物や鳥は野生動物ですので、必ずしも観察できるとは限りません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行