カルタヘナの港、要塞と建造物群等を訪れる旅 「黄金郷コロンビア」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 北米・中米・南米方面 > 黄金郷コロンビア

黄金郷コロンビア

虹色の川カーニョ・クリスタレスと悪魔の塔ピエドラ・デル・ペニョール

  • 遺跡・史跡
  • フォトジェニック
  • ハイキング
  • 大自然
  • 世界遺産
  • 紅色に染まる水草があたり一面に広がるポイント・タペテ(カーニョ・クリスタレス)
  • 悪魔の塔ピエドラ・デル・ペニョール
  • ピエドラ・デル・ペニョールより望むグアタペ湖
  • カルタヘナ旧市街の正面玄関・時計塔
  • シパキラの岩塩洞窟教会
  • 黄金奉納儀式を表した黄金の筏
  • カルタヘナ旧市街の果物売り
  • 鮮やかに彩られたグアタぺの町 (c)PROCOLOMBIA
  • モンセラーテの丘から見るボゴタ市内の夜景
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中南米の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

カルタヘナの港、要塞と建造物群

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●いま注目のカーニョ・クリスタレスを訪問

オリノコ源流域の最奥に隠された虹色に輝く川カーニョ・クリスタレスとクリスタリートスも訪問。限られた時期にだけ姿を現す彩ゆたかな奇跡の景観をハイキングで巡り、コロンビアの奥地に遺された大自然を体感していただきます。

●悪魔の塔とグアタペ村散策

グアタペでは悪魔の塔とも呼ばれる巨大な一枚岩を、地表と地上の両方からお楽しみいただきます。巨大な姿をご自身の足で体感してください。また、村全体が鮮やかに彩られたグアタペ村の散策もお楽しみいただきます。

●各地で一歩踏み込んだ充実の観光内容

ボゴタでは世界でも随一の黄金装飾品の収蔵数を誇る黄金博物館やボテロ寄贈館を見学し、黄金郷伝説のルーツに迫ります。美しい市内の夜景を一望できるモンセラーテの丘での夕食もお楽しみください。コロニアル調の街カルタヘナでは植民地時代に南米で最も堅牢といわれたサン・フェリペ要塞や時計門、税関広場など、大航海時代の面影を色濃く残す美しい旧市街を終日かけて観光します。

雨季にのみ姿を現す奇跡の虹色の川 カーニョ・クリスタレス ハイキング

カーニョ・クリスタレスとは:ギアナ高地の西端にあたりアンデス山脈の東麓に広がるシエラ・デ・マカレナ国立公園。この公園内に6月から11月の雨季にのみ姿を現す奇跡の虹色の川、それがカーニョ・クリスタレスです。世界中でこの地にのみ生息する固有種マカレニア・クラビヘラという水草が、川の水位と水温の変化によって赤や緑の色を帯び、川全体がパレットのようにカラフルに色づきます。
ハイキングの道のり:カーニョ・クリスタレスへは、近くのマカレナという町からボートと4WDでアクセスします。到着後は、3~5時間ほどのハイキングで各地のビューポイントから美しい川をご覧いただきます。もちろん雨季のため雨に降られることもあります。雨による突然の増水でひざぐらいまでの深さの川を渡らなければならないこともあります。しかし、天候が目まぐるしく変わるからこそ、雲間から陽が差しこみ水草が美しく色づいた瞬間、それはとても美しく感動すら覚える光景です。
  • パレットのように色づく

  • ロス・オーチョス:「8」の字に見える丸いくぼみが多くあるポイント

  • カ-ニョ・クリスタリートス

  • 固有種マカレニア・クラビヘラ

巨大な一枚岩 ピエドラ・デル・ペニョール

「悪魔の塔」と呼ばれるピエドラ・デル・ペニョールは、グアタペに存在する一枚岩で7千万年前に誕生したと言われています。全体の3分の2が地上に露出しており、露出部分の高さは200メートルを優に越え、その姿に目を奪われます。もちろん、岩の下からだけではなく、上からの絶景もお楽しみいただきます。グアタペ湖と緑の織り成す景色が360度に渡って広がっています。

ピエドラ・デル・ペニョールより望むグアタペ湖

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
米国内都市
メデジン

10:40発


20:59着

空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、コロンビア第二の都市メデジンへ。
メデジン泊
2 メデジン
グアタペ
  終日、メデジンの市内および郊外の観光(アンティオキア地方の伝統的な街を再現したプエブリート・パイサボテロ広場メデジン植物園、メデジンの名産の花卉農園アルビ公園等)。その後、専用車にてグアタぺへ。
グアテペ泊
3 (ピエドラ・デル・ペニョール)
グアタペ
メデジン
カルタヘナ
  午前、悪魔の塔と呼ばれるピエドラ・デル・ペニョールの観光。高さ220mの巨大な一枚岩を地表と地上の両方からお楽しみいただきます。その後、グアタペ村の散策へご案内します。鮮やかに彩られた壁画が立ち並ぶ村の散策をお楽しみください。その後、専用車にてメデジンへ。航空機にてカリブ海に臨む町カルタヘナへ。
カルタヘナ泊
4 カルタヘナ   終日、大航海時代を偲ばせる、城壁に囲まれたカルタヘナの旧市街を観光(コロニアル様式の建物が並ぶボリーバル広場、サン・ペドロ・クラベール寺院、カルタヘナのシンボル時計門税関広場等)。市内を一望できるラ・ポパ修道院、植民地時代に最も堅牢といわれたサン・フェリペ要塞も訪れます。
カルタヘナ泊
5 カルタヘナ
ボゴダ
マカレナ
(クリスタリートス)

早朝発


午前着

空路、ボゴダ経由でオリノコ川源流域に位置し、カーニョ・クリスタレス観光の拠点ともなっているマカレナへ。
●クリスタリートスのハイキング(2~3時間)
着後、ボートと専用車にてカーニョ・クリスタレスの南に位置するクリスタリートスの観光をお楽しみください。
マカレナ泊
6 マカレナ
(カーニョ・クリスタレス)
  ●カーニョ・クリスタレスのハイキング(4~5時間)
ボートと専用車にてカーニョ・クリスタレスへ。終日虹色に輝く川と称される美しい川の観光を心ゆくまでお楽しみください。
マカレナ泊
7 マカレナ
ボゴタ
午後発 ●マカレナ山地展望台へのハイキング(2~3時間)
午前中、ボートにてグアヤベーロ川を下り、マカレナ山地の麓へ。着後、山頂までのハイキングをお楽しみいただきます。山頂の展望台からは、蛇行するグアヤベーロ川と見渡す限り広がる美しい緑の森をご覧いただくことができます。その後、空路、コロンビアの首都ボゴタへ。着後、ボゴタ市内観光ボリーバル広場、スペイン統治時代の建物が残るカンデラリア地区等)。
ボゴタ泊
8 ボゴタ
シパキラ
ボゴタ


24:10発

午前中、塩鉱の洞窟内に穿たれた神秘的なシパキラの岩塩教会の見学。午後、ボゴタ市内観光ボテロ寄贈館黄金博物館等)。旅の最後に市内でお買い物もお楽しみいただきます。現地最後の夜は美しい夜景がご覧いただけるモンセラーテの丘へロープウェイであがり、頂上にあるレストランで夕食をお楽しみいただきます。夕食後、航空機にて米国内の都市へ。
機中泊
9 ダラス
ダラス
06:06着
10:55発
着後、航空機を乗り換えて帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 14:00着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アメリカン航空、アビアンカ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※往復共に米国内都市で航空機を2回乗り換えることがあります。

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
06月27日(火) ~ 07月06日(木) 10日間 598,000円
08月15日(火) ~ 08月24日(木) 10日間 618,000円
09月05日(火) ~ 09月14日(木) 10日間 598,000円
10月10日(火) ~ 10月19日(木) 10日間 598,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は7,000円です(12月8日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 59,000円
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間は無料、それ以外の日本主要都市からは片道5,000円の追加で別途手配いたします(ただし、利用航空会社がアメリカン航空の場合で、かつ指定の予約クラスに空席がある場合に限ります)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス:お名前をお預かりしてから別途お手配いたします。航空券代の差額(概ね50~70万円前後)をご案内いたしますので、詳しくはお問い合わせください。なお、お名前をお預かりさせていただく時期によって、お値段が変わることがあります。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。査証欄の余白は3ページ以上必要です。また、アメリカのESTA渡航認証が必要です。実費(1,600円)、代行手数料(4,320円)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 日中は日差しが強く夏服が基本となりますが、朝晩は気温が下がります。標高2,600mのボゴタは寒暖の差が大きいため、朝晩は冷え込みます。最終日のモンセラーテの丘では気温が10度を下回ることもありますので、かならずジャンパーなどの上着をお持ちください。標高が1,600m前後のマカレナは朝晩は涼しくなりますが、日中は蒸し暑く雨が降ることもありますので必ず雨具をご用意ください。カーニョ・クリスタレスの観光では、天候が変わりやすく雨の中を歩いていただく場合もあります。雨に備え上下セパレート式の雨具や速乾性の服(ラッシュガードなど)をご用意ください。また、長時間歩きますので靴底のしっかりした履きなれた靴で、かつ濡れても良いものをご用意ください。川の中に入って泳いでいただくことができる場所もありますので、ご希望の方は水着もご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 日程8日目のボゴタでの夕食はロープウェイでモンセラーテの丘へ登っていただきますが、整備等により運休になる場合があります。その場合は、ケーブルカーをご利用いただきます。日程3日目のピエドラ・デル・ペニョールは649段の階段を45分程かけて登ります。健康な方ならどなたでもご参加いただけますが、階段を昇る体力が必要です。
カーニョ・クリスタレスの観光について 日程6日目のカーニョ・クリスタレスの観光は、4~5時間ほどのハイキングとなります。雨季のため雨が降ることもあります。また、雨が降ると川が増水し、途中ひざぐらいまでの深さの川を渡らなくてはいけない場合もあります。観光シーズンは6~11月ですが、自然観察のご旅行のため、気象条件等により色鮮やかな光景をご覧いただけない場合もあります。また、異常気象などで極度に川の水位が下がると、自然環境保護の観点から国立公園自体が閉鎖されることもあります。あらかじめご了承ください。
マカレナへの往復の航空機について マカレナへの往復で利用する航空機には、受託手荷物の重量制限(15㎏)や大きさの制限があるため、大きなスーツケースを持っていくことはできません。マカレナには2泊3日分の荷物が入るカバン等を別途ご用意いただき、スーツケースはボゴタで現地スタッフに預けていただきます。
宿泊について 各地のホテルは、土地柄バスタブがなくシャワーのみの場合があります。特にマカレナでは、簡素な宿泊施設にお泊りいただきます。宿泊施設の数・部屋数も限られており、現地にて突然宿泊先が変更になることがあります。また、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿となったりすることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
予防接種について カーニョ・クリスタレス訪問には、黄熱病の接種が義務付けられています。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

【コロンビアの危険情報について】

2016年12月現在、カーニョ・クリスタレスのあるメタ県には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という外務省の危険情報が発出されています。弊社では、現地手配会社と治安状況の確認を綿密に行い、ツアーとして問題が無いとの判断の上で当ツアーを発表しております。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行