知床等を訪れる旅 「知床・羅臼のヒグマ観察と根室海峡のマッコウクジラに出会う」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・チベット・日本方面 > 知床・羅臼のヒグマ観察と根室海峡のマッコウクジラに出会う

知床・羅臼のヒグマ観察と
根室海峡のマッコウクジラに出会う

初秋の道東ワイルドライフ

  • 動物
  • 大自然
  • ハイキング
  • フォトジェニック
  • カラフトマスを獲るエゾヒグマ
  • エゾヒグマの親子
  • オジロワシ
  • エゾジカ(メス)
  • 潜水前、尾びれを高く上げるマッコウクジラ
  • 授乳するエゾヒグマ
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

訪問する世界遺産

知床

6名様より催行・11名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●瀬渡し船でシャケ、マスを追うエゾヒグマを観察

漁師がコンブやウニ漁でつかう瀬渡し船でヒグマを観察。瀬渡し船はより海岸に近付くことができるので、ヒグマにストレスをかけない10mほどの距離で観察ができることもあります。8月下旬はシャケ、マスが産卵のため遡上(川上り)し、それを狙うヒグマが汽水域にやってきます。

●回遊するマッコウクジラに出会う

この時期にメスや子どもを残して、オスのマッコウクジラが北の海へとやってきます。
体長15mもあるマッコウクジラが高く尾びれを上げる「フルークアップ」をすると大きな歓声が上がります。

シマフクロウが来る民宿「鷲の宿」に2連泊

鷲の宿[羅臼/2連泊]

夜になると絶滅危惧種であるシマフクロウが現れ、観察・撮影ができる宿として写真家に人気の民宿です。
夜行性のシマフクロウに負担をかけない証明が設置されていて、夜間でも撮影が可能です。
  • 夜になると宿に現れるシマフクロウ

  • 絶滅危惧種のシマフクロウ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 中標津
野付半島
羅臼

14:30発


17:30着

午後14時30分、根室中標津空港へ集合。
専用車にて、野付半島を経て羅臼へ。野付半島ではキタキツネやエゾシカの観察が期待できます。夜は「鷲の宿」の観察小屋から絶滅危惧種に指定されているシマフクロウを観察します。
羅臼:鷲の宿泊
2 羅臼   朝、クルーズ船で羅臼の海へ出ます。根室海峡でマッコウクジラの観察ができるシーズンです。午後は、地元の漁師の瀬渡し船をチャーターしヒグマを観察します。瀬渡し船は、より一層海岸に近付くことができるため、至近距離でヒグマの観察ができます。夜、再びシマフクロウの観察をします。
羅臼:鷲の宿泊
3 羅臼   朝、知床峠をこえてウトロへ。ウトロより知床半島の西側をクルーズ。海岸沿いでシャケを探すヒグマを観察します。
スケジュール通り予定が進んだ場合は、午後は知床五湖の地上遊歩道のハイキング(1.5時間:3㎞)をお楽しみいただきます。
羅臼:らうす第一ホテル泊
4 羅臼
落石湾
風蓮湖

08:00発


17:00着

専用車で、落石湾へ。クルーズ船にて根室の海の海鳥を観察。エトピリカ、ウトウ、チシマウカラス、ケイマフリ、シノリガモなどの海鳥を探します。その後、風蓮湖湖畔のロッジへ。天気が良ければ風蓮湖に沈む夕日をお楽しみください。
風蓮湖:レイクサンセット泊
5 風蓮湖
中標津
12:00発
13:00着
朝、風蓮湖周辺で動物観察。風蓮湖周辺でタンチョウの親子を探します。その後、根室中標津空港へ。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝4/昼0/夜4
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 現地発着 催行状況
08月22日(火) ~ 08月26日(土) 5日間 168,000円
  • ※ 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
最少催行人員 6名(11名様限定)<現地ガイド同行>
お一人部屋使用料 6,500円(鷲の宿除く)
※鷲の宿(羅臼)は部屋数が限られるため、原則としてお一人部屋の確保はできません。
※全行程現地ガイドが同行します。

[東京からの参考フライト] ※北海道までの航空券手配をご希望の方はご相談ください。

往路 ANA377 羽田    12:15発 – 根室中標津 13:55着
復路 ANA378 根室中標津 14:35発 – 羽田    16:30着
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

気候・服装 大変過ごしやすい季節です。長そでシャツで日中は過ごせます。しかし、船の上や天気が悪い日は冷えるので、セーター、フリースに加え、風よけにもなる防水の効いた防寒着上下が必要です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程のご注意 野生動物、野鳥などの自然観察と撮影を目的とするツアーです。天候に大きく左右され、現地での鳥や動物の出現情報によりルートを変更することがあります。また、野生動物はその観察を保証したものではありません。台風などで動くことができなくなり日程が変更になることがあります。その場合は現地で臨機応変に対応させていただきます。
宿泊施設について 羅臼の「鷲の宿」は民家をそのまま利用した宿で、部屋数に限りがあり、6畳程度の和室を2名でご利用いただきます。シャワー、トイレは共同です。ただし、最終的なご参加の人数や空室状況によってお一人部屋が確保できることもあります。その場合はお申し込み順でご案内します。お一人部屋追加代金は現地でいただきます。
昼食について 当日の行程にあわせて昼食の場所を決めるため、昼食代金は含まれておりません。コンビニエンスストア等で購入していただいたり、地元の食堂で召し上がっていただくなど、軽く済ませることになります。
クルーズについて 悪天候でボートの出航が中止になることがあります。その場合、前後の日程を入れ替えるなどして柔軟に対応をしますが、最終的に出航できない場合はクルーズ費用は返金いたします。
旅行条件について 当コースの旅行条件書は、お申し込みの際に郵送にて送付させていただきます。必ずお読みいただいた上、お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行