クニャ・ウルゲンチ・ニサのパルティア王国の都城跡・古代都市遺跡・メルブ等を訪れる旅 「トルクメニスタン完全周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > トルクメニスタン完全周遊

トルクメニスタン完全周遊

シルクロードに流れる歴史と2つの絶景

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 国境越え
  • 中央アジア最大の遺跡メルブの城壁址
  • 漆黒の闇に燃えるダルワザのガス・クレーター「地獄の門」
  • 奇岩が生んだ絶景ヤンギ・カラ
  • スルタン・サンジャール廟(メルブ)
  • 中央アジアで最も高いクトゥルグ・チムールのミナレット
  • 漢の武帝も求めた名馬アハルテケ(汗血馬)の飼育場
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中央アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

クニャ・ウルゲンチ(トルクメニスタン)/ニサのパルティア王国の都城跡(トルクメニスタン)/古代都市遺跡・メルブ(トルクメニスタン)

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●トルクメニスタンのすべての世界遺産を訪問

ホラズム・シャー朝の都クニャ・ウルゲンチ、パルティア王国の都ニサ、アケメネス朝からティムール帝国時代までの歴史が刻まれた都市遺跡メルブ、3つの世界遺産をじっくりと見学していただきます。

●中央アジアの新たな歴史の扉を開くマルグッシュ遺跡を訪問

古くからゾロアスター教が信奉され、世界四大文明と肩を並べる文明発祥の地といわれています。今なお発掘が進み、新たな発見が続く巨大遺跡を時間をかけて見学します。

●トルクメニスタンの2つの絶景地を訪問

地獄の門とヤンギ・カラの2つの絶景地を訪問。地獄の門では、夜の闇の中に燃えるクレーターの迫力ある光景をご覧いただきます。

●近代都市の首都アシガバートの観光も充実

マルグッシュ、メルブ、ニサからの出土品を展示する国立博物館のほか、アハルテケの飼育所を訪問し、血を流しながら一日に千里を駆けたという汗血馬の子孫を訪ねます。

トルクメニスタンの2つの絶景

地獄の門 ーダルワザのガス・クレーター群ー

ダルワザには、噴出するガスに火を放ったため40年以上も燃え続ける「火のクレーター」があります。何もない砂漠の中に突如として現れたこのクレーターは、その異様な光景から「地獄の門」と呼ばれています。横60メートル、縦50メートルの楕円形をしたこのクレーターの内部は、轟音を立てて火が燃え盛り、熱が生んだ陽炎が回りを覆っています。ツアーではこのクレーター近くでキャンプをし、夜の闇の中に燃えるクレーターの迫力ある光景をご覧いただきます。

ヤンギ・カラ ー太古の海テチス海の記憶ー

白亜と石灰質の白い地層と、ヨウ素を含んだピンク色の地層によって形成されたヤンギ・カラの大地。これらの岩の層の形成には、太古に存在した海「テチス海」が大きく影響しています。ヤンギ・カラの大地は、朝日・夕日に照らされて刻々とその色を変えます。ツアーではヤンギ・カラでキャンプ泊をし、夕方、朝と奇跡の光景を十分にお楽しみいただきます。
  • 夜の闇の中に燃えるクレーター

    漆黒の闇に燃える地獄の門

  • 奇岩の絶景ヤンギ・カラ

中央アジアに華開いた古の文明 マルグッシュ

四大文明に匹敵する古代文明の発祥の地、マルグッシュ遺跡。紀元前7000年頃、マルガブ川沿いの肥沃な土地に人々が住み始め、街が築かれました。その後、川の河床の位置が変わったため、人々は街を捨て上流のメルブへ移動したといわれています。王宮跡とされるゴヌル・テパからは、玉座や謁見の間、天文台跡、葬送に使われた部屋の跡などが発掘されており、太古の時代にはすでに高い技術を持った人々が暮らしていたことを窺い知ることができます。
  • マルグッシュ遺跡に残るロバの埋葬(王家の墓)

  • マルグッシュ遺跡の宮殿跡

出土した歴史の証言者の数々(アシガバート国立博物館)

  • 象牙のリュトン
    (ニサ出土)

    ギリシャの文化を好んだパルティアが使用したリュトン。一本の象牙をくり抜いて作られたこのリュトンは、すでにインドから象牙の交易があったことを物語っています。このリュトンにワインを入れ、宴会の場で飲んだとも、聖水を入れて聖所に撒いたとも言われています。
  • メソポタミア様式の壺
    (メルブ・グヤウル・カラ出土)

    メソポタミアの影響と言われる2つの持ち手のある壺。ある男の結婚から、狩りの様子、葬儀まで、彼の一生が図柄として描かれています。壺の中には、白樺の木の皮に書かれたサンスクリット語の経文が入れられていました。経文は現在、ロシアのエルミタージュ美術館に所蔵されています。
  • シャーマン像
    (メルブ出土)

    当時のシャーマンは、覚醒作用のある大麻を溶かした液体「ハオマ」を服飲し、トランス状態になって予言を行いました。像の顔面には、大きく目を見開いたトランス状態の表情が模られています。「ハオマ」を入れた壺も出土しており、同国立博物館に展示されています。
  • 最果ての仏像
    (メルブ・グヤウル・カラ出土)

    黒い石で作られたこのガンダーラ仏は、グヤウル・カラの仏教寺院跡から発見されました。ここより西側では未だ仏教寺院は発見されておらず、メルブが仏教伝来の西の果てと言われています。インドで興った仏教が、ガンダーラ、中央アジアを通り、東は日本、西はこのメルブまで伝わったことを物語る出土品です。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ソウル
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、ウズベキスタンの首都タシケントへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルにて合流します。
タシケント泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
タシケント
16:50発
20:20着
2 タシケント
ウルゲンチ又はヌクス
(国境)
タシャウズ

朝発


16:00着

航空機にて、ウルゲンチまたはヌクスへ。着後、専用バスにて国境へ。国境を越え、トルクメニスタンのタシャウズへ。
タシャウズ泊
3 タシャウズ
ダルワザ
13:00発
17:00着

午前中、ホラズム王国の都が置かれ、歴代の王の廟が残るクニャ・ウルゲンチを見学(中央アジアで最も高いクトゥルグ・ティムールのミナレットチュラベク・ハニム廟テケッシュ廟等)。
午後、四輪駆動車にてダルワザへ。着後、クレーター群をゆっくりと見学。夜は、暗闇の中で燃える迫力ある地獄の門の光景をお楽しみください。
※クレーター近くでのキャンプ泊をお楽しみください。

キャンプ泊
4 ダルワザ
アシガバート
08:30発
14:30着
四輪駆動車にて、アシガバートへ。着後、市内及び郊外の観光国立博物館、パルティア王国の都ニサ、漢の武帝も求めたアハルテケ(汗血馬)の飼育所等)。
アシガバート泊
5 アシガバート
バルカナバード
ヤンギ・カラ

07:30発

17:30着

四輪駆動車にてバルカナバードを経由し、ヤンギ・カラへ。石灰とヨウ素を含んだ地層が織りなす絶景をお楽しみください。
※夜は、満天の星空のもと、奇岩群の中でテント泊。
キャンプ泊
6 ヤンギ・カラ
トルクメンバシ
トルクメンバシ
アシガバート
10:00発
13:00着
夕方発
四輪駆動車にて、カスピ海沿岸のトルクメンバシへ。着後、市内観光バザール等)。夕方の航空機にてアシガバートへ戻ります。
アシガバート泊
7 アシガバート
マリ
(マルグッシュ遺跡)
朝発 航空機にて、メルブ観光の拠点マリへ。着後、四輪駆動車に分乗して、世界最古の文明が誕生した地とされるマルグッシュ遺跡を見学します。
マリ泊
8 マリ
トルクメナバード
(国境)
ブハラ
  午前中、中央アジア最大の遺跡と呼ばれるメルブを観光。巨大な日干し煉瓦造りの城壁址大キズカラ小キズカラスルタン・サンジャール廟エルク・カラ、現存する最西端の仏教寺院跡の残るグヤウル・カラなどを見学。午後、専用車にて、カラ・クム(黒い砂漠)を走りトルクメナバードへ。アム・ダリヤを渡り、国境を越えてウズベキスタンのブハラへ。
ブハラ泊
9 ブハラ
タシケント
タシケント
午前発
約7時間
22:20発
列車にてタシケントへ。着後、市内観光。夜の航空機にて、帰国の途につきます。
機中泊
10 ソウル 08:50着 ソウル着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ソウル
東京
午前又は午後発
ソウル
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アシアナ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
05月15日(月) ~ 05月24日(水) 10日間 398,000円
08月07日(月) ~ 08月16日(水) 10日間 428,000円
09月04日(月) ~ 09月13日(水) 10日間 398,000円
09月18日(月) ~ 09月27日(水) 10日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 34,000円(キャンプ泊含む)
日本の地方発着:名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ)

ウズベキスタン(3,000円、2次査証)、トルクメニスタン(4,375円)、代行手数料(4,320円×2ヶ国=8,640円)。写真3枚、旅券の残存有効期間はトルクメニスタン入国時に7ヶ月半、査証欄余白は3ページ以上必要です。トルクメニスタンの査証取得には、政府が発給許可する招聘状が必要になります。政府の命令により、ツアー直前でも発給されない場合があります。特殊な国であることをご理解の上、お申し込みください。

気候・服装 5月はベストシーズンにあたり合服で過ごせます。8月・9月は暑い時期ですが、乾燥していますので日本の夏のような不快さはありません。いずれの季節も朝晩の冷え込みに備えて上着をお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について ウズベキスタン、トルクメニスタンの国内線は突然スケジュールが変わることがあります。その場合、日程変更を余儀なくされることがあります。予めご了承ください。
観光について 見学地によっては、突然の工事などにより入場できなくなる場合があります。また、2016年12月現在、メルブ遺跡の一部には工事のため足場が掛かっています。
テント泊について 寝袋(三季用)が必要になります。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行