ネムルート山等を訪れる旅 「東トルコとアララット山」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > 東トルコとアララット山

東トルコとアララット山

ネムルート山頂での荘厳な夜明け、失われた都アニも訪問

見どころ溢れるトルコ東部を縦断。野趣に溢れた荒々しさが魅力の東部アナトリア周遊の旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 伝統料理
  • 大自然
  • 朝日に照らされるネムルート山頂の巨石像
  • ヴァン湖畔に浮かぶアクダマール島に建つアルメニア教会
  • アニに残るアルメニア教会
  • ミナレットが美しいヤクティエ・メドレセ(エルズルム)
  • シャンル・ウルファの街並み
  • このツアーの地図を見る
  • 中近東の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

ネムルート山

ツアーのポイント/ Tour Point 

●雄大な自然と悠久の歴史を巡る旅

数千年前から様々な民族や王朝が行き交い、旧約聖書の舞台にもなった東部アナトリア。
西トルコにはないスケールの大きな自然や遺跡が魅力です。

●ネムルート山(2,150m)で迎える神秘的な夜明け

荒涼としたアナトリアの大地に聳える山の頂には、コンマゲネ王朝の王達や神々の巨石像が残っています。
巨石群が朝日に浮かび上がる光景は圧巻です。

●ゼウグマ出土のモザイクを見学

ユーフラテス川の畔にあった古代都市ゼウグマ。
ギリシャ、ローマ時代に栄えた都から出土した繊細なモザイク画をガジアンテップのゼウグマ博物館にて見学します。

●世界三大料理のひとつトルコ料理を食す

広大な地域を支配したオスマン帝国時代、様々な食文化が融合し発展しました。
中華・フレンチと並び、トルコ料理は世界三大料理と謳われています。

旧約聖書の舞台を巡る

  • ハラン

    預言者アブラハムは、彼が75歳の時 に神から啓示を受け、ここハランから妻サラ達と共に「約束の地」カナン(現在のパレスチナ)へと旅立ちました。現在は、円錐形の屋根を持つ民家が立ち並び、アラブの文化が混在した独特の生活様式を垣間見ることができます。

    ハラン

  • ウルファ

    アブラハムが誕生したウルは、メソポタミアのカルデア地方だったと言われていますが、別の説でトルコのウルファとも考えられています。ツアーでは彼の生誕した場所に建つモスクも訪れます。



    ウルファ

  • アララット山

    悪に満ちた人類を洪水で滅ぼそうとした神は、神の前に正しかったノアに箱舟を作るよう命じました。ノアと三人の息子夫婦、そして全ての動物のひとつがいずつを乗せた箱舟は、大洪水により40日40夜漂流した後、標高5,137mのアララット山の山頂に流れ着いたと信じられています。

    アララット山

  • アクダマール島(ヴァン湖)

    3,755km2の面積を持つトルコ最大のヴァン湖に浮かぶ島。10世紀に建てられたアルメニア教会が残り、建物の外壁にはアダムとイブ、「獅子の穴のダニエル」など、旧約聖書に登場する人物や物語のレリーフが残っています。また、ウラルトゥ王国時代に遡るヴァン城も訪れます。

    「ダニエルと獅子」のレリーフ

ゼウグマのモザイク

ユーフラテス川の畔に残る古代都市遺跡ゼウグマ。アレキサンダー大王の家臣セレウコスによって築かれ、セレヴカヤ・ユーフラテスという名が つけられました。セレウコスの娘ラオディケは、コンマゲネ王国のミトリダテス1世に嫁ぎ、この町はコンマゲネ王国の領土になります。ローマ帝国によりコンマゲネ王国が征服されると、ローマはこの町をゼウグマと名付けました。
ツアーで訪れるガジアンテップの博物館には、ゼウグマにあった邸宅跡などから発掘した合計面積1700㎡のモザイクが展示されており、写真左の「ジプシーの少女」をはじめ、その美しさは見る者の目を圧倒します。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京/大阪 空路、東京・大阪よりそれぞれカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪どちらか一方より同行し(往復)、ドーハにて合流します。
機中泊
2 ドーハ
イスタンブール
アダナ
ガジアンテップ
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、トルコ最大の都市イスタンブールへ。着後、国内線にてアダナへ。着後、専用バスにてガジアンテップへ。 ガジアンテップ泊
3 ガジアンテップ
シャンル・ウルファ
(ハラン)
朝、ゼウグマ遺跡からのモザイクの展示が素晴らしいゼウグマ博物館を見学。その後、専用バスにてシャンル・ウルファへ。着後、ウルファ城預言者アブラハムの生誕地を見学。また、旧約聖書で有名な郊外のハランも訪れます。夜は奏楽を聴きながらの食事スラケジェスをお楽しみください。 シャンル・ウルファ泊
4 シャンル・ウルファ
アディアマン
専用バスにてアディアマンへ。着後、コンマゲネ王家の女性達の古墳カラクシュ、夏の離宮跡アルサメイアを見学します。 アディアマン泊
5 (ネムルート山)
アディアマン
ディヤルバクル
早朝、ネムルート山へ。約20分山道を歩き、山頂から美しい朝日巨石像を見学。その後、専用バスにてチグリス川沿いの要塞の町ディヤルバクルへ。途中、ローマ時代のジュンデレ橋を見学。ディヤルバクル着後、チグリス川城砦を見学します。 ディヤルバクル泊
6 ディヤルバクル
(アクダマール島)
ヴァン
専用バスにてトルコ最大の湖・ヴァン湖畔の町ヴァンへ。途中、浮き彫りの美しいアルメニア教会の残るアクダマール島を訪問。 ヴァン泊
7 ヴァン
(ホシャップ城)
(チャウシュテペ遺跡)
(ヴァン城)
午前中、オスマン朝時代に築かれたホシャップ城、ウラルトゥ王国の都チャウシュテペ遺跡を訪れます。昼食はヴァン湖で獲れた魚料理をご賞味ください。午後、ヴァン城を見学します。 ヴァン泊
8 ヴァン
ドゥバヤジット
(ヌフン・ゲミシ)
(イサクパシャ宮殿)
専用バスにて、イラン国境に近いアララット山麓の町ドゥバヤジットへ。昼食は、ムラディエの滝にてマス料理をご賞味いただきます。ドゥバヤジット着後、郊外のノアの方舟の跡といわれるヌフン・ゲミシや山腹に立つイサクパシャ宮殿を見学。途中、天気が良ければ、大アララット山と小アララット山が綺麗に並んで見えます。 ドゥバヤジット泊
9 ドゥバヤジット
カルス
(アニ)
専用バスにて、アルメニアとの国境の町カルスへ。着後、カルス博物館、アルメニア王国の都アニ遺跡を見学。 カルス泊
10 カルス
エルズルム
専用バスにてエルズルムへ。着後、市内観光(青いミナレットが美しいヤクティエ・メドレッセ外観、ララムスタファ・パシャ・ジャミィ、大モスクウル・ジャミィチフテ・ミナーレ城塞等)。 エルズルム泊
11 エルズルム
イスタンブール
ドーハ
航空機にてイスタンブールへ。着後、市内観光考古学博物館エジプシャン・バザールルステム・パシャ・ジャミィ等)。昼食はドネル・ケバブをご賞味ください。その後、航空機にてドーハへ。 機中泊
12

ドーハ

東京/大阪

ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2013年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
06月04日(火) ~ 06月15日(土) 12日間 368,000円
08月13日(火) ~ 08月24日(土) 12日間 428,000円
08月20日(火) ~ 08月31日(土) 12日間 398,000円
09月17日(火) ~ 09月28日(土) 12日間 388,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は34,000円です(1月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 68,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道11,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に3ヶ月半、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 各月とも夏服が基本となります。ただし、標高の高い場所や早朝のネムルート山では冷え込みますので上着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 地方都市の宗教施設(モスク、メドレッセ等)は現地事情により、中に入れないことがあります。その場合は外観のみの観光となります。
宿泊について 東トルコのホテルでは、一部シャワーのみのところがあります。また、お湯の出が悪いところもあります。予めご了承ください。
仮予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行