マダイン・サーレ遺跡・ぺトラ遺跡等を訪れる旅 「サウジアラビアからヨルダンへ」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > サウジアラビアからヨルダンへ

サウジアラビアからヨルダンへ

ナバテア人の道を行く

アラビア半島から地中海までを掌握したナバテア人。伝説の都マダイン・サーレとぺトラを結んだ隊商路を行く。

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 国境越え
  • ナバテア人が築いた巨大な墓標群マダイン・サーレ(サウジアラビア)
  • 先史時代のジュッバの岩絵(サウジアラビア)
  • サカカのザバル砦(サウジアラビア)
  • ぺトラ遺跡のエル・ハズネ宮殿(ヨルダン)
  • ぺトラ遺跡のエッディール僧院(ヨルダン)
  • ヨルダンの衛兵
  • 馬に乗ってぺトラのシクへ(ヨルダン)
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中近東の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

マダイン・サーレ遺跡(サウジアラビア)/ぺトラ遺跡(ヨルダン)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●隊商の民・ナバテア人の歴史を辿る

香料や乳香の貿易により、栄華を極めたナバテア人。サウジアラビアの荒野に残るマダイン・サーレから、彼らの首都ぺトラを結ぶ古代隊商路を北上し、ヨルダンの首都アンマンへ。アラビア半島から中近東一帯を舞台にしたナバテア人の歴史に迫ります。

●宗教・経済の両面でイスラム世界に君臨するサウジアラビア

聖地メッカを擁しコーランの教えを厳格に体現する生活と、中近東でも群を抜く近代国家。
首都リヤドでは、近代的なビルが建ち並ぶ中にアザーンの声が響き渡ります。

●サウジアラビアに残る古代遺跡も訪問

先史時代のジュッバの岩絵や、謎の石柱ラジャジールなど、ナバテア以前の貴重な史跡も訪問。

ナバテア人の栄華を辿る

元来アラビア半島を紀元とするナバテア人は、馬による貿易を営む遊牧民族でした。
アラビア半島南部からの乳香や香料等の貿易により、巨万の富を築いた彼らは、ヨルダンのぺトラに定住し、ここを首都と定めます。ローマの影響を受けた建築様式を取り入れ、岩をくりぬいた宝物殿や僧院を造りました。

またサウジアラビアのマダイン・サーレにも、岩をくりぬいた彼らの巨大な墓が残ります。どちらも砂漠の荒野に残っており、彼らの富がもたらした壮麗な建築物だけがかつての栄華を物語るようにたたずんでいます。

ツアーでは、アラビアに残る考古学的に価値の高い二つの遺跡を訪ね、この地に流れる歴史と、ナバテア人が残した遺産を垣間見ます。

  • マダイン・サーレ(サウジアラビア)

    マダイン・サーレ(サウジアラビア)

  • 岩の隙間からエル・ハズネ宮殿が現われる(ヨルダン)

    岩の隙間からエル・ハズネ宮殿が現われる(ヨルダン)

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京/大阪 空路、東京・大阪よりそれぞれカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行(往復)し、ドーハにて合流します。
機中泊
2 ドーハ
リヤド
着後、航空機を乗り換えサウジアラビアの首都リヤドへ。着後、リヤド市内観光(市内を一望するファイサリア・タワーリヤド博物館マスマク城スーク等)。昼食は、伝統的なアラビア様式のレストランでお召し上がりいただきます。 リヤド泊
3 リヤド
アル・ジョウフ
ドゥーマット・アル・ジャンダル
ハイル
朝の便にてアル・ジョウフへ。着後、郊外を巡り、サカカのザバル砦、ナバテア人が描いたアル・トゥワイルの岩絵、謎の石柱が残るラジャジールを見学。
その後、専用バスにてネフド砂漠の中をひた走り、谷間の町ハイルへ。途中、ドゥーマット・アル・ジャンダルに立ち寄り、パルミュラの女王ゼノビアも征服できなかったマリッド砦、サウジアラビア最古のモスクのひとつオマル・モスクを見学。
ハイル泊
4 ハイル
アル・ウラ
午前中、ハイル郊外を訪れ、先史時代のジュッバの岩絵を見学。午後、専用バスにて、マダイン・サーレ遺跡見学の拠点アル・ウラへ。 アル・ウラ泊
5 アル・ウラ
(マダイン・サーレ)
終日、荒野に残る、古代ナバテア人が築いた壮大なマダイン・サーレを観光。 アル・ウラ泊
6 アル・ウラ
タブーク
午前中、アル・ウラ観光アル・ウラ博物館旧市街の散策等)。エレファント・ロックなどの奇岩群の景観もご覧いただきます。その後、ヨルダン国境に近い、ナバテア人の築いた香料の道上の隊商都市タブークへ。 タブーク泊
7 タブーク
(国境)
ペトラ
専用バスにて国境を越え、ヨルダンのアカバへ。その後、専用バスにてデザート・ハイウェイを北上し、古代ナバテア王国の遺跡の残るぺトラへ。 ぺトラ泊
8 ペトラ
(ペトラ遺跡)
終日、ぺトラ観光エル・ハズネ(ファラオの宝庫)墳墓群エッディール僧院等)。 ぺトラ泊
9 ペトラ
死海
キングス・ハイウェイを北上し、死海へ。途中、モーゼ終焉の地・ネボ山、モザイクの残るマダバに立ち寄ります。死海着後、浮遊体験をお楽しみください。 死海泊
10 死海
アンマン
ドーハ
専用バスにて、ヨルダンの首都アンマンへ。着後、アンマン市内観光ジェベル・アンマン等)。
昼食後、空港へ。その後、航空機にてドーハへ。
機中泊
11 ドーハ
東京/大阪
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼9/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※Cコースは、日本/ドバイ間の往復にアジア内都市での乗り換え便を利用することがあります。その場合、観光内容は変わりませんが、東京・大阪の発着時刻が変わります。

出発日と料金/ Price  

  2012年~2013年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
A 11月03日(土) ~ 11月13日(火) 11日間 398,000円
B 12月01日(土) ~ 12月11日(火) 11日間 398,000円
C 12月24日(月) ~ 01月03日(木) 11日間 498,000円
D 02月09日(土) ~ 02月19日(火) 11日間 398,000円
E 02月23日(土) ~ 03月05日(火) 11日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は34,000円です(7月11日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料 48,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道11,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。
  • ツアーが終了、またはキャンセルとなり、募集が終了した状態です。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) サウジアラビア(6,400円)、代行手数料(4,200円)、写真2枚(5cm×4cm)。ヨルダン(無料)は、予め申請し現地にて取得します。代行手数料(2,100円)。旅券の残存有効期間は入国時6ケ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
イスラエルへの入国を示すスタンプが現在のパスポートにある場合は、臨時旅券の取得などが必要となります。詳しくは担当までお問い合わせください。
気候・服装 日中は合服が基本となります。朝晩は冷え込みますのでジャンパーなどもお持ちください。女性は肌を出さず髪を見せない服装が基本です。サウジアラビア国内では、必ず「アバヤ」と呼ばれる黒衣に頭髪を隠すためのスカーフを身につけなければなりません。アバヤの下は自由な服装で構いません。アバヤとスカーフは現地にてお配りします。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
サウジアラビアをご旅行するにあたって アラブの国々の中でイスラムの戒律が最も厳しい国ですので、ある程度その戒律に従わなくてはなりません。アルコールは厳禁です。その他、各見学地や遺跡等は、宗教的・政治的行事、政府の決定等により突然入場できなくなったり、写真撮影が禁止されることがあります。特殊な国情をご理解の上でご参加ください。
宿泊について アル・ウラは宿泊施設に限りがありますので、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
日程について サウジアラビアの国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
仮予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行