タムガリの考古的景観にある岩絵群(カザフスタン)等を訪れる旅 「春のキルギスへ ワイルドチューリップを求めて」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > 春のキルギスへ ワイルドチューリップを求めて

春のキルギスへ ワイルドチューリップを求めて

野生のチューリップを求めてキルギスへ

  • 大自然
  • 祭り見学
  • サリチェレック湖と野生のチューリップ(チューリッパ・カウフマニアーナ)
  • レッドポピーの花畑
  • 緑豊かなベシュ・タシュ渓谷
  • 春のキルギスに咲くワイルドフラワーを観察(トゥアスー峠近郊)
  • トラゴポゴン・ルーベル(バラモンジン属)
  • アーキット村にて
  • イヌワシの飼育場
  • キルギス伝統音楽を鑑賞
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • 中央アジアの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

タムガリの考古的景観にある岩絵群(カザフスタン)/ ブラナの塔(シルクロード:長安=天山回廊の交易路網)(キルギス)

12名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●野生のチューリップを求めて春のキルギスへ

4月下旬から5月上旬にかけては野生のチューリップが花を咲かせる季節。まだまだ観光客が訪れる事は少ないサリチェレック自然保護区とベシュタシュ渓谷へ、野生のチューリップを求めて訪れます。

●専属のフラワーガイドが同行

日程3日目~7日目は専属のフラワーガイドが同行し、チューリップだけでなく、春のキルギスの花々について詳しくご案内します。
  • 専属のフラワーガイドが同行

  • フラワーハイキングの様子

  • エルムレス・フェスクス(ユリ科)

  • セイヨウヒルガオ

  • コリスポラ・ブンゲアナ(ツノミナズナ属)

  • プリムラ・カウフマニアナ(サクラソウ)

  • ツノゲシ(ケシ科)

  • プロモイデス・スピチオーザ


知られざる自然の宝庫 サリチェレック自然保護区

キルギスの首都ビシュケクの南500kmに位置するサリチェレック自然保護区。アーキット渓谷とチョトカラ山に囲まれた緑豊かな地域一帯は1959年に自然保護区に指定され、1000種以上の植物が確認されています。標高1,873mに位置するサリチェレック湖周辺は緑豊かな草原が広がり、春には色鮮やかな花々が咲き誇ります。4月下旬~5月上旬は野生のチューリップが花を咲かせる季節。専属のフラワーガイドと共に、チューリップを求めてフラワーハイキングにご案内します。
  • サリチェレック湖畔に咲く花々

  • クロッカスの一種

  • シリア・プシュキニオイデス(ヒアシンス科)

春のキルギスに咲く野生のチューリップ

キルギスに咲く野生のチューリップは種類も様々。黄色と赤のチューリッパ・カウフマニアーナやチューリッパ・テトラフィラ、とても小さなチューリッパ・デスタジモノイデスやチューリッパ・ヘテロフィリアなど園芸種とは全く異なる野生のチューリップが花を咲かせます。サリチェレック自然保護区やベシュタシュ渓谷だけではなく、道中でも道路脇に咲くチューリップを観察できるチャンスがあります。
  • チューリッパ・デスタジモノイデス

  • チューリッパ・テトラフィラ

天山に咲く桜 Cerasus tianshanica

日本人にとって特別な花と言える桜。キルギスには、セラサス・テンシャニカという種類の桜が生息し、4月末から5月上旬にかけて、日本の桜と同じ様なピンク色の花を咲かせます。セラサスとは桜の学名、テンシャニカとは天山山脈を意味し、まさに天山の桜という名前なのです。野生のチューリップだけでなく、キルギスの桜もお楽しみいただきます。

天山に咲く桜セラサス・テンシャニカ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
ソウル
午前又は午後発 空路、大阪・東京よりソウルへ。着後、航空機を乗り換えてカザフスタンのアルマトイへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪いずれかより同行し(往復)、ソウルにて合流します。
アルマトイ泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
アルマトイ
18:10着
22:05発
2 アルマトイ
タムガリ
(国境)
ビシュケク

08:00発


18:00着

専用バスにて国境を越えてキルギスの首都ビシュケクへ。途中、世界遺産タムガリの岩絵群を見学します。
ビシュケク泊
3 ビシュケク
トゥアスー峠
コクベル

08:00発


17:00着

専用バスにてトゥアスー峠(3,500m)を越えてトクトグル湖近郊のコクベルへ。途中、峠周辺にて雪を頂くキルギス山脈の展望、野生のチューリップやクロッカスなどの春ならではの花々の観察をお楽しみください。
コクベル:民家風ゲストハウス泊
4 コクベル
アーキット村
09:00発
16:00着

専用バスにて色とりどりの花々の観察を楽しみながら、サリチェレック自然保護区の入り口に位置するアーキット村へと向かいます。途中、チチカン周辺では天山に咲く桜(セラサス・テンシャニカ)も開花時期を迎えます。サリチェレック自然保護区へ近づくと、緑豊かな丘陵地帯、放牧の風景などがお楽しみいただけます。

アーキット村:民家風ゲストハウス泊
5 アーキット村
(サリチェレック自然保護区)
  終日、野生のチューリップを求めてサリチェレック自然保護区を巡ります。4月の下旬から5月上旬にかけて野生のチューリップが花を咲かせる季節です。その他にも春のキルギスの花々の観察、美しいサリチェレック湖の展望をお楽しみください。夕方、素朴なアーキット村の散策もお楽しみください。
アーキット村:民家風ゲストハウス泊
6 アーキット村
タラス
09:00発
16:00着
専用バスにてオトモック峠(3,326m)を越えて、キルギス西部のタラスへと向かいます。
タラス:民家風ゲストハウス泊
7 (ベシュタシュ渓谷)
タラス
ビシュケク

11:00発
18:00着
午前中、野生のチューリップを求めてベシュタシュ渓谷を訪れます。岩山に囲まれ、渓流が流れる緑豊かな美しい渓谷での花々の観察をお楽しみください。その後、トゥアスー峠を越えてビシュケクへと戻ります。夜はキルギス伝統音楽の演奏を聴きながらの夕食をお楽しみください。
ビシュケク泊
8 ビシュケク
(国境)
アルマトイ
アルマトイ

08:00発


15:00着
23:15発

専用バスにて国境を越えてアルマトイへ。道中、レッドポピーの花畑もご覧いただけます。アルマトイ着後、近郊にてイヌワシの飼育所を見学します。夕食後、空港へ。空路、ソウルへ。
機中泊
9 ソウル 07:55着 ソウル着後、航空機を乗り換えて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
ソウル
東京
午前又は午後発
ソウル
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:アシアナ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
04月25日(火) ~ 05月03日(水) 9日間 348,000円
04月28日(金) ~ 05月06日(土)
ゴールデンウィークコース
9日間 368,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(12名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 20,000円(アルマトイ、ビシュケク泊のみ)
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の地方発着:名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) カザフスタン、キルギスともに査証不要です。旅券の残存有効期間はカザフスタン出国時に6ヶ月以上、査証欄余白は3ページ以上(見開き2ページ含む)必要です。
気候・服装 日中は夏服で過ごせますが、朝晩は上着が必要です。道中通過するトゥアスー峠では積雪があることもあり、しっかりとした防寒着が必要です。この時期は雨が降る事もありますので、雨具は必ず持ちください。靴は防水性のハイキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について コクベル、アーキット村、タラスでは民家風ゲストハウスを利用します。部屋数に限りがあるため、男女別の相部屋(2~3人一部屋)となり、お一人部屋はお取りいただけません。また、いくつかのゲストハウスに分宿となる場合があります。各ゲストハウスには共同のシャワー・トイレが備わっています。寝具は準備されており寝袋は必要ありません。
その他のご注意 自然観察ですので、写真や日程表中の植物が必ずしも見られるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行