フィン庭園・イスファハンのイマーム広場・イスファハンの金曜モスク等を訪れる旅 「ペルシャ歴史紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中近東・中央アジア方面 > ペルシャ歴史紀行

ペルシャ歴史紀行

ペルセポリスや壮麗なモスクに加え、シーア派の宗教都市コムやゾロアスター教の聖地ヤズドも訪問

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 文化体験
  • 伝統料理
  • イマームモスクの精緻な鍾乳飾り
  • 世界遺産ペルセポリスの象徴「万国の門」
  • ステンドグラスが美しいナスィーロルモルク・モスク
  • 壮大なレリーフが残るナクシェ・ロスタム
  • シューシュタルの水利施設
  • ゾロアスター教の鳥葬の遺跡・沈黙の塔
  • 1500年以上燃え続けるゾロアスター教の聖火
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • 中近東の旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

フィン庭園/イスファハンのイマーム広場/イスファハンの金曜モスク/ヤズドの歴史都市/パサルガダエ/ペルセポリス/エラム庭園/ビシャプール遺跡/チョガ・ザンビール/スーサ遺跡/シューシュタルの歴史的水利施設/ゴレスタン宮殿

イスファハンとシラーズで各2連泊

ツアーのポイント/ Tour Point 

●イランの旅の決定版!壮大なペルシャの歴史を辿る11日間

精緻を極めたタイル装飾や保存状態の良いレリーフ、数々の王朝の栄華を物語る都の跡。かつてのオリエント世界の中心として君臨したペルシャの歴史を辿る11日間。

●イスファハン、シラーズで各2連泊

ペルシアンブルーの美しい「イランの真珠」イスファハンとペルセポリスの拠点シラーズでは、それぞれ連泊し、旅のハイライトをゆっくりと見学します。

●エラム王国時代の宗教都市チョガ・ザンビールを訪問

メソポタミア文明で最も保存状態が良いと言われ、巨大ジグラットの基礎が残るチョガ・ザンビールを訪問。

●イラン二大聖地のひとつコムや、オアシスの町カシャーンを訪問

聖地コムではハズラテ・マースーメ廟を、カシャーンでは世界遺産のフィン庭園を見学します。

アケメネス朝ペルシャの栄華

紀元前6世紀、西アジアに君臨した大帝国・アケメネス朝ペルシャ。36の属州を従え、西はギリシャ、東はパキスタン、北は中央アジアまで支配した空前の帝国でした。広大な領土を治めるため、各属州に「王の耳」と呼ばれるサトラップ(総督)を置き、属州間の迅速な情報、軍隊の移動のため「王の道」と呼ばれる交通網を発達させました。紀元前330年にアレキサンダー大王によって滅亡させられるまで、200年以上も続いた帝国の繁栄は、かつての都ペルセポリスに見ることができます。強大な権力を持った王や、各属州からの使者達のレリーフ、そして何よりも、支配した万国の使者が通るため名付けられた「万国の門」が、帝国の栄華を物語るように残っています。

ペルセポリスのアパダナ(謁見の間)へと続く階段に彫られた朝貢の使者達のレリーフ

メソポタミアの聖なる都市
チョガ・ザンビール

1979年、イスファハンのイマーム広場やペルセポリスと共にイランで最初に世界遺産に登録されたチョガ・ザンビールは、イラン南西部のスーサ近郊に位置するエラム王国の都市遺跡です。紀元前13世紀の中頃、エラム王国の黄金時代に国王ウンタシュ・ガルの命令により建設が開始されたこの都市は、当時のエラム語で「ドゥール・ウンタシュ(ウンタシュ王の城塞)」と呼ばれ、首都スーサを守る聖なる場所としての役割がありました。遺跡の中央には保存状態の極めて優れた世界最大級のジグラット(階段状のピラミッド)の基礎が残っており、遺跡に刻まれたエラム語の楔形文字は今でもはっきりと確認することができます。

チョガ・ザンビールのジグラット

イランを楽しむ3つのこだわり手配

伝統料理「アブ・グーシュト」をご賞味いただきます

肉・野菜・豆類を壺で煮込んだ、トマトベースの料理。日本人の口にもよく合う食べやすい味付けです。

ライトアップされたイスファハンへご案内

ライトアップされ幻想的に輝くイマーム広場やハージュ橋へご案内。日中の壮麗さとは異なるイスファハンの夜をお楽しみください。

力の家「ズール・ハーネ」を見学

起源はイスラム以前に遡るイラン古式体操ズール・ハーネ。現在もイラン人男性の生活に溶け込んでいるスポーツです。かつて戦に備えて体を鍛えるために行われていた名残りを感じられます。

  • 伝統料理アブ・グーシュト

    伝統料理アブ・グーシュト

  • ライトアップされたイマームモスク

  • ズール・ハーネ

    ズール・ハーネ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 深夜発 空路、東京よりカタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
テヘラン
早朝着
08:00発
11:35着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、イランの首都テヘランへ。着後、市内観光絨毯博物館宝石博物館等)。
テヘラン泊
3 テヘラン
コム
カシャーン
イスファハン
08:00発


19:00着
専用バスにて、「イランの真珠」と讃えられる古都イスファハンへ。途中、シーア派の聖地コムではハズラテ・マースーメ廟、オアシス都市のカシャーンではペルシャ式庭園として世界遺産に登録されているフィン庭園にご案内します。夜は、イランの古式体操ズール・ハーネの見学をお楽しみください。
イスファハン泊
4 イスファハン   終日、イスファハン市内観光(サファビー朝建築の傑作と称されるイマームモスクシェイクルトフォラーモスクアリカプ宮殿金曜モスク40柱宮殿33アーチ橋、内壁のフレスコ画が見事なアルメニア教会バザール等)。夜は、ライトアップされた幻想的なイマーム広場ハージュ橋をご覧いただきます。
イスファハン泊
5 イスファハン
ヤズド
09:00発
16:00着
専用バスにて、世界遺産にも登録されているゾロアスター教の聖地ヤズドへ。着後、ヤズドの観光金曜モスク等)。また、昔ながらの雰囲気漂う旧市街の散策もお楽しみください。
ヤズド泊
6 ヤズド
パサルガダエ
シラーズ
10:00発

18:00着
引き続き、ヤズドの観光(1500年以上燃え続ける聖火が安置されたゾロアスター教の拝火神殿沈黙の塔)。その後、専用バスにて、バラと詩で知られるシラーズへ。途中、アケメネス朝発祥の地パサルガダエを見学します。
シラーズ泊
7 シラーズ
(ペルセポリス)
(ナクシェ・ロスタム)
(ナクシェ・ラジャブ)
  朝、ローズモスクと呼ばれる美しいナスィーロルモルク・モスクを見学した後、シラーズ郊外の観光へ。アケメネス朝の壮大な都市遺跡ペルセポリス、王墓が残るナクシェ・ロスタム、ササン朝初期のレリーフが残るナクシェ・ラジャブを見学します。その後、シラーズ市内に戻り市内観光エラム庭園等)。
シラーズ泊
8 シラーズ
ビシャプール
アフワズ
07:00発

19:00着
専用バスにて、ペルシャ湾沿岸を北上しアフワズへ。途中、ササン朝の都ビシャプール遺跡や断崖に穿たれたレリーフが残るタンゲ・チョーガンを見学します。
アフワズ泊
9 (チョガ・ザンビール)
(ハフト・テペ)
(スーサ)
アフワズ
テヘラン



夜発
深夜着
終日、アフワズ郊外の観光。古代メソポタミアを代表するチョガ・ザンビール、紀元前2000年紀の遺丘ハフト・テペ、アケメネス朝の行政の中心地だったスーサ遺跡、預言者ダニエルが眠るダニエル廟を見学します。その後、世界遺産のシューシュタルの歴史的水利施設を訪れます。夜、航空機にてテヘランへ戻ります。
テヘラン泊
10 テヘラン
ドーハ
23:40発
24:15着
出発までテヘラン市内観光考古学博物館ゴレスタン宮殿等)。昼食は、壺の中で肉と野菜を煮込んだ伝統料理アブ・グーシュトをご賞味ください。夜の便にて、空路ドーハへ。
機中泊
11 ドーハ
東京
02:20発
18:40着
ドーハ着後、航空機を乗り換え、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼9/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空、エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※上記はカタール航空利用の日程です。エミレーツ航空利用の場合は乗換地がドバイになります。また、上記は月曜発の日程となり、木曜発の場合はテヘランの観光の順序が一部異なります。いずれの場合も観光内容は同様です。

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
04月26日(金) ~ 05月06日(月)
ゴールデンウィークコース
11日間 578,000円
06月13日(木) ~ 06月23日(日) 11日間 398,000円
08月01日(木) ~ 08月11日(日) 11日間 438,000円
09月19日(木) ~ 09月29日(日)
秋のベストシーズン
11日間 428,000円
10月07日(月) ~ 10月17日(木)
秋のベストシーズン
11日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は0円~24,000円です(12月7日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名 <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 45,000円
日本の国内線割引:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) イラン(2,700円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。なお、現在のパスポートにイスラエルの出入国スタンプがある方はイランに入国できない場合がありますので、お早めにお問い合わせください。2011年3月以降にイランへの渡航歴がある場合は、ESTA(米国渡航認証)を利用して渡米することはできなくなり米国査証の取得が必要となりました。詳しくは担当までお問い合わせください。
気候・服装 3月~4月、10月は合服、6月~9月は夏服が基本となります。テヘラン周辺の高原地帯は朝晩冷えることがありますので、ジャンパーなどの上着もお持ちください。女性はスカーフで頭髪を隠し、体の線を隠すため上着の着用が義務付けられています。詳しくは担当までお問い合わせください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
イランをご旅行するにあたって 数多いイスラム教国の中でも、イランはイスラムの戒律が大変厳しい国のひとつです。外国人旅行者もある程度、その戒律に従わなければなりません。酒類の持ち込み、飲酒は厳しく禁じられています。女性は観光客であっても頭髪を含む肌の露出が禁じられています。
観光について イランの遺跡や博物館、モスク等は、現地事情により突然入場できなくなることがあります。イランの国柄をご理解の上、ご参加ください。チョガ・ザンビールは、2018年12月現在、遺跡保護のためジグラットに登ることはできません。
宿泊について 一部のホテルではバスタブがなくシャワーのみとなり、設備も十分ではありません。予めご了承ください。また、場所によっては宿泊施設に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行