ゴール旧市街とその砦・ホートンプレインズ国立公園・古代都市シギリヤ等を訪れる旅 「スリランカの森と海 ネイチャースペシャル」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > スリランカの森と海 ネイチャースペシャル

スリランカの森と海 ネイチャースペシャル

スリランカの豊かな自然を満喫するための特別企画

  • 動物
  • 大自然
  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • レオパード(ヤーラ国立公園)
  • マッコウクジラのフルークアップ
  • スリランカ最大級の国立公園・ヤーラ国立公園
  • 木の上でくつろぐレオパード(ヤーラ国立公園)
  • 水辺で戯れるアジアゾウ(ヤーラ国立公園)
  • 「地の果て」ワールズ・エンドまでハイキング(ホートンプレインズ国立公園)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • スリランカ野生動物ツアー特集
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

訪問する世界遺産

ゴール旧市街とその砦/ホートンプレインズ国立公園/古代都市シギリヤ

自然観察ツアーのため11名様限定

サファリのジープやハイキング、ホエールウォッチングの船などで自然観察を十分に楽しんでいただくため、11名様限定としております。

全行程ナチュラリストが同行

国立公園や自然保護区はもちろん、移動中やホテルの庭など身近な自然の中でも野生動物や野鳥たちと出会えます。グループにナチュラリストが同行し、観察のチャンスを狙います。

ジープは窓側席、船はプライベートチャーターボートを利用

野生動物・野鳥観察を快適に、周囲に気兼ねすることなくお楽しみいただくため、サファリでは全員ドアサイドの座席を、ホエールウォッチングではプライベートチャーターボートをご利用いただきます。

自然観察専門の現地手配会社によるきめ細かな手配

現地手配会社「ネイチャー・エクスプローラ・ランカ」が手配を担当。希少なスレンダーロリスの観察など、細部まで行き届いた手配が可能になりました。

「スリランカネイチャリングハンドブック」をプレゼント!

スリランカに生息するクジラやイルカの種類、スリランカ動物図鑑などが載ったハンドブックをご参加の方にプレゼント。ご出発前にお送りいたします。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●早朝出発の多い自然観察ツアーを快適に ミリッサ、ヤーラ、シギリヤでそれぞれ2連泊

動物が活発に活動する早朝に出発する自然観察ツアー。

連泊を多くとることで、日中はホテルで体を休める無理のない日程となっています。

●野鳥観察のベストシーズン限定企画

スリランカに渡り鳥が多く飛来する1月~3月限定の特別企画。ヤーラ、ホートンプレインズなどの国立公園だけでなく、野鳥観察の穴場であるシギリヤの森でも十分に観察時間をお取りしています。

●ヤーラ国立公園ではたっぷりと1日半のサファリ レオパードとの遭遇のチャンスが高くなります

ヤーラ国立公園では1日半かけてサファリ。レオパードとの遭遇を狙います。観察に適したオープンタイプのサファリカーを使用します。

●世界遺産ポロンナルワ観光、アーユルヴェーダの手配も可能

ご希望の方はオプショナルにてポロンナルワへの往復観光やアーユルヴェーダの手配も可能です。

ポロンナルワの遺跡周辺の森もたくさんの野鳥を観察できる隠れたスポットです。詳しくは担当までお問い合わせください。

立地や展望にこだわったホテルに滞在

ホテルシギリヤ[シギリヤ/2連泊]

ロビーからシギリヤロックを望む絶好のロケーションで知られる人気ホテル。

文化三角地帯の遺跡へも近く、周辺の観光にも便利な立地です。

フィッシャーマンズベイ[ミリッサ/2連泊]

目の前にビーチが広がるホテル。ホエールウォッチングの拠点も近く好立地です。

エレファントリーチ[ヤーラ/2連泊]

国立公園の入り口からも近く、自然の中の滞在を感じられるロッジタイプのホテル。
  • プールからシギリヤロックを望む(ホテルシギリヤ)

  • 目の前に広がるビーチ(フィッシャーマンズベイ)

  • ホテル外観(エレファントリーチ)

南海岸ホエールウォッチングのベストシーズン
Whale Watching of Mirissa【ミリッサの海】

年間を通じてシロナガスクジラの観察ができる、スリランカ南部・ミリッサの沖合い。1月~4月は海洋を移動してくる鯨の群れが加わり、遭遇率がアップしま す。その確率は90%以上。シロナガスクジラのほか、マッコウクジラやハシナガイルカ、ウミガメと出会うこともあります。

  • シロナガスクジラに遭遇

  • 波間から顔を出したアオウミガメ

  • ハシナガイルカの群れと出会うことも

世界有数のレオパードの生息地 Yala National Park【ヤーラ国立公園】

スリランカゾウ、イノシシ、アクシスジカ、サンバー、ジャッカルなどインド亜大陸固有の野生動物が生息するヤーラ国立公園。12月~4月は渡り鳥も含め多く の野鳥が観察できます。また、ヤーラ国立公園は世界でも有数のレオパードの生息地として知られています。
  • 目の前に姿を現したレオパード

  • インドブッポウソウ

  • 毛づくろいするフィリピンペリカン

    毛づくろいするフィリピンペリカン

  • ハヌマーンラングール

    ハヌマーンラングール

雲霧林広がる世界遺産、ハイキングで" 地の果て"ワールズ・エンドへ
Horton Plains National Park【ホートンプレインズ国立公園】

標高が2,000mを超える高原地帯にある国立公園。雲霧林と草原が広がりま す。公園内をハイキングし、カオムラサキラングールやススイロヒタキなど固有の動植物・野鳥の観察や、ワールズエンドと呼ばれる900mの絶壁など、自然が生み出した絶景を堪能します。

  • 固有種 カオムラサキラングール Purple-faced leaf Monkey

  • 固有種 ススイロヒタキ Dusky Blue Flycatcher

    固有種 ススイロヒタキ Dusky Blue Flycatcher

世界遺産を包み込む野鳥の楽園 Forest of Sigiriya【シギリヤの森】

世界遺産シギリヤロックの遺跡を包み込むように広がるこの森。この森は野鳥の宝庫で、遺跡までの道を歩くだけでも多くの野鳥と出逢えます。かつてはスリランカ中に居た、絶滅危惧種のスリランカオオリスが姿を見せることもあります。
  • 森に囲まれた世界遺産シギリヤロック

    森に囲まれた世界遺産シギリヤロック

  • 絶滅危惧種のスリランカオオリス

    絶滅危惧種のスリランカオオリス

  • カワセミとアオショウビン

    カワセミとアオショウビン

スリランカ固有の絶滅危惧種
Slender Loris【スレンダーロリス】

スリランカには固有のスレンダーロリス(ハイイロホソロリス、アカホソロリス)が生息しています。シギリヤ付近の森でスレンダーロリス探しにチャレンジ。夜行性の上、体長15~25センチと小さいため発見は容易ではありませんが、夜の森に暮らすスレンダーロリスとの出会いは大変貴重な体験です。運動靴に長袖長ズボン着用でご参加ください。写真撮影にはフラッシュは使えません。

スレンダーロリス

西遊旅行で行くスリランカ 自然観察・サファリについて


アジアゾウの親子とすれ違う(ヤーラ国立公園)

サファリカーは動物の観察・撮影がしやすいオープンタイプを利用

ヤーラ国立公園のサファリカーは前向き固定座席のタイプではなく、より動物の観察・撮影がしやすいオープンタイプの車をご用意しています。

ホエール・ウォッチングについて

ミリッサでは周辺の海の状態が落ち着く季節にツアーを設定していますが、極端な悪天候の場合には船が運行中止となります。波しぶきが上がることがありますので、ぬれてもいい服、カメラやビデオなどは防水処理をとるようにお願いします。

ヤーラ国立公園サファリについて

終日サファリを行います。日焼け、埃除け、冷水保温できるタイプの水筒をご用意ください。観察には双眼鏡があると良いでしょう。

スレンダーロリスの観察について

夜間の森を歩き、木の枝の間にいるロリスを探します。個体が小さいためサイティングは簡単ではありません。2時間のウォーキングで1~2匹のロリスを観察することができますが、当日の気象条件にも左右されます。写真撮影には一脚または三脚、高感度の撮影対応が可能なタイプのカメラが必要です。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
コロンボ
コロンボ
ニゴンボ
11:15発
17:45着
約30分
空路、東京より直行便にてスリランカの首都コロンボへ。着後、専用バスにてニゴンボのホテルへ。
ニゴンボ:タマリンドツリー泊
2 ニゴンボ
コスゴダ
ゴール
ミリッサ

08:00発


18:00着

朝、ニゴンボの漁港を散策。また、オランダ水路に集まるフィリピン・ペリカンなどの野鳥を観察します。その後、専用バスにてホエールウォッチングの拠点となるミリッサへ。途中、ウミガメの保護センター、世界遺産ゴールの旧市街を見学(ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地時代を経たコロニアル建築の街並み要塞跡等)。
ミリッサ:フィッシャーマンズベイ泊
3 ミリッサ
(ホエールウォッチング)
  早朝、ホエールウォッチングへ。ミリッサ、ドンドラ沖にはクジラの集まる深い海域があり、1月~4月の間はこの海域にいる群れのほか、シロナガスクジラやマッコウクジラが移動してくることで知られています。午後、海を一望するホテルでの滞在をお楽しみください。
ミリッサ:フィッシャーマンズベイ泊
4 (ホエールウォッチング)
ミリッサ
ヤーラ

12:00発
17:00着
早朝、再びホエールウォッチングへ。シロナガスクジラとの遭遇を狙います。その後、専用バスにてヤーラへ。
ヤーラ:エレファントリーチ泊
5 ヤーラ
(ヤーラ国立公園)
  終日、ヤーラ国立公園にてサファリ。海岸と森林が重なる豊かな生態系を持つヤーラ国立公園は、スリランカゾウ、トクザル、アクシスジカ、ジャッカル、ヌマワニなどの野生動物を観察できます。また、ブロック-1は世界一のレオパードの密集生息地として知られています。
ヤーラ:エレファントリーチ泊
6 (ヤーラ国立公園)
ヤーラ
ヌワラエリヤ

13:00発
18:00着
午前中、再びヤーラ国立公園にてサファリ。レオパードとの遭遇を狙います。その後、専用バスにてお茶のプランテーションが広がるスリランカ丘陵地帯の避暑地ヌワラエリヤへ。
ヌワラエリヤ:ゴルウェイフォレストロッジ泊
7 (ホートンプレインズ国立公園)
ヌワラエリヤ
シギリヤ

13:00発
19:00着
早朝、ホートンプレインズ国立公園へ。着後、国立公園を散策。標高2,000mを超える高原と雲霧林はスリランカ固有の植物、野鳥の宝庫です。ご希望の方は断崖からの絶景が広がるワールズエンドまで約3時間のハイキングをお楽しみください。その後、専用バスにて文化三角地帯のシギリヤへ。
シギリヤ:ホテルシギリヤ泊
8 シギリヤ   午前、遺跡周辺の森でバードウォッチングをお楽しみください。その後、世界遺産でジャングルに突き出た岩山のシギリヤ・ロックを訪問します。シギリヤ・ロックでは頂上に築かれた王宮跡や18人の美女のフレスコ画“シギリヤ・レディ”を見学します。午後はホテルにてゆっくりとお過ごしください。
※オプショナルにてポロンナルワの森への往復観光やアーユルヴェーダの手配も可能です。
夜、希少種スレンダーロリスを探しに付近の森へご案内します。
シギリヤ:ホテルシギリヤ泊
9 シギリヤ
コロンボ
コロンボ
10:00発
15:00着
19:45発
早朝、ご希望の方はバードウォッチングへご案内します。
※オプショナルにてアーユルヴェーダの手配も可能です。
その後、専用バスにてコロンボへ。航空機にて直行便で帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 07:30着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:スリランカ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
01月14日(土) ~ 01月23日(月) 10日間 378,000円
02月16日(木) ~ 02月25日(土) 10日間 378,000円
03月09日(木) ~ 03月18日(土) 10日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。料金は無料です(8月3日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(11名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 49,000円
海外での空港税諸税はご旅行代金に含まれています。
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:日本主要都市から東京への国内線特別割引がございます(スリランカ航空指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は入国時6ヶ月以上必要です。スリランカのETA渡航認証が必要です(4,000円)。申請の代行手数料は2,160円です。
気候・服装 全行程夏服が基本となります。場所によっては雨季にあたりますが、スコール性の雨ですので、観光に支障はありません。ホエールウォッチングは早朝の出発、海上での観察のため冷え込みます。必ず上着もご用意ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。ホエールウォッチングもその日の天候や風、潮の流れにより観察できなかったり、悪天候の場合には中止になることがあります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行