「インド北東4州を巡る 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > インド北東4州を巡る

インド北東4州を巡る

ナガランド、アッサム、アルナチャール・プラデーシュ、メガラヤ 知られざるフォー・シスターズへ

  • 遺跡・史跡
  • 民族
  • 祭り見学
  • 一部出発日のみ
  • カーシ族の知恵が生んだ神秘の橋(メガラヤ州)
  • ノーズプラグをしたアパタニ族の女性
  • 高級食材のイモ虫が売られるジロの市場(アルナチャール・プラデーシュ州)
  • 山間に広がるアンガミ族の棚田(ナガランド州)
  • 帽子が特徴的なニシ族
  • ニシ族の高床式長屋
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

13名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●まだ見ぬインドの秘境 北東部の4州を訪問

インド本土から取り残されたような場所に位置する北東諸州。その位置関係から、場所によっては今でも簡単には訪れることができません。特に、アルナチャール・プラデーシュ州は入域許可の取得が必要な地域でもあります。ツアーでは、ナガランド州、アルナチャール・プラデーシュ州、アッサム州に加え、メガラヤ州にまで足を延ばします。

●自然と共に生きるカーシ族の村へ

メガラヤ州の主要な民族であるカーシ族。ジャングルに住む彼らは、自然と共に生きてきました。中でも「生きた木の橋」と呼ばれる今も成長を続ける木を利用した橋はその最たるもの。自然そのものの力を使い、橋を造り、年月を経るごとにその強さと大きさは増していきます。通常、トレッキングが必要な場所になりますが、比較的歩く距離が短く訪問しやすい場所へご案内いたします。

●専用車は1台につきお客様3名様まで

専用車分乗での移動は、少しでも快適にお過ごしいただけるよう全員窓側のお席を確保しています。

神秘の生きた木の橋
Living Root Bridge

メガラヤ州の都市チェラプンジ。世界で最も降水量が多い場所の一つとして知られています。雨が多いため、木造建築物は腐りやすく実用的ではありません。そのため数百年もの間、この地に住むカーシ族の人々は、ゴムの木の性質を活かし、根を川の対岸へ導くことで橋を造り利用しています。それは、この地ならではの特別な景観を呈しています。

生きたゴムの木で造られた橋

インド北東部諸州を巡る

インド北東部諸州とは、東はミャンマー、北は中国・チベット、西にブータン、バングラデシュに囲まれた、インドの東の果てに位置する7州を指し、これらを合わせて「セブン・シスターズ」と呼びます。1947年8月、インド、パキスタンがイギリスから独立。その際に、東パキスタン(現バングラデシュ)がこの地を自国に併合すべく、多くのベンガル人ムスリムを送り込みました。最終的にはインドに統合されましたが、今日もなお、インド政府にとっては4カ国と国境を接する自国を守るための大切な地域です。ツアーでは、7州のうち、ナガランド、アッサム、アルナチャール・プラデーシュ、メガラヤの4州を訪問します。
  • 伝統的な笠を被ったカーシ族(メガラヤ州)

  • マジュリ島のミシン族(アッサム州)

  • キグウェマ村の伝統家屋(ナガランド州)

  • アルナチャール・プラデーシュ州の州獣ミトン牛

祭りを通して北東インドの文化にふれる

ホーンビルフェスティバル見学 ナガランド州(11/29発コース)

文化の保存・維持を目的に始まったこの祭りには、ナガランドの各地から様々なナガ族が集い、それぞれの民族衣装を身に纏って伝統舞踊を披露します。

ジロのミヨコ祭り見学 アルナチャール・プラデーシュ州(3/14発コース)

アニミズムを信仰するアパタニ族の春の祭り。進行は全てシャーマンによって取り仕切られ、収穫に感謝し、生贄を捧げ、その年一年を占います。
  • 民族衣装を纏い祭りに集うナガ族

  • 戦いの衣装を纏った人々


  • 籐の葉を持って行進する男性たち

  • 正装した女性たち

  • 生贄を捧げるシャーマン

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
デリー
コルカタ
11:15発
17:00着
夜発
空路、東京よりインドの首都デリーへ。着後、航空機を乗り換えて、コルカタへ。着後、ホテルへ。
コルカタ泊
2 コルカタ
ディマプール
コヒマ
午前発 航空機にて、ナガランド州の空の玄関口ディマプールへ。着後、発酵食品やイモ虫などナガランドらしい食材が並ぶディマプールの市場を散策。その後、専用車に分乗し、カーブが続く山道を走りナガランド州の州都コヒマへ。
コヒマ泊
3 コヒマ   専用車にてインパールへ続く道を南下し、第二次世界大戦時に日本軍が立ち寄ったアンガミ族が暮らすキグウェマ村を訪問。その後、コヒマ周辺の観光。インドでは珍しい食文化を持つナガランド州を象徴する市場や、町を一望するカテドラル、棚田が美しいコノマ村などを見学します。ナガランド州最多の民族アンガミ族の生活にふれる一日です。
※11/29発コースは、この日に「ホーンビルフェスティバル」を見学します。
コヒマ泊
4 コヒマ
モコクチュン
08:00発
17:00着
専用車にてアオ族が暮らすモコクチュンへ。途中、竹を巧みに使った家屋が並ぶアオ族最大の村ウンマや、ロタ族が暮らすロンサ村などを訪問します。
モコクチュン泊
5 モコクチュン
ジョルハート
08:00発
16:00着
専用車にてアッサム州との州境を越え、ジョルハートへ。途中、少数民族の村を訪問します。
ジョルハート泊
6 ジョルハート
(マジュリ島)
ジロ
06:30発

19:00着
朝、ブラマプトラ川をフェリーで渡り、アルナチャール・プラデーシュ州に入り、アパタニ族が暮らすジロへ。ブラマプトラ川では、世界最大の中州の島マジュリ島に暮らすミシン族の村を訪問します。
ジロ泊
7 ジロ   午前中、ジロ周辺のアパタニ族の村々を訪問。顔の刺青や鼻の装飾など、独特の風習が今なお色濃く残っています。午後はジロの観光(アルナチャール・プラデーシュ州の民族や文化を紹介するジロ博物館バザール等)。昼食は、アパタニ族の伝統料理をご賞味ください。
※3/14発コースは、この日に「ミヨコ祭り」を見学します。
ジロ泊
8 ジロ
テズプール
08:00発
19:00着
午前中、引き続きジロ周辺のアパタニ族の村々を訪問し、人々の暮らしぶりをご覧いただきます。その後、専用車にて、アッサム州のテズプールへ。途中、ニシ族が暮らす集落へ立ち寄ります。
テズプール泊
9 テズプール
シーロン
09:00発
17:00着
専用車にてメガラヤ州の州都シーロンへ。
シーロン泊
10 シーロン
(チェラプンジ)
  専用車にて、世界で最も降水量が多いとされるチェラプンジへ日帰り観光。「生きた木の橋」と呼ばれる木の根が成長することにより造られた橋などを見学します。
シーロン泊
11 シーロン
グワハティ
グワハティ
デリー
デリー
08:00発
12:00着
午後発

21:15発
朝、専用車にてアッサム州のグワハティへ。着後、航空機にてデリーへ。着後、航空機を乗換へ帰国の途につきます。
機中泊
12 東京 08:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月29日(水) ~ 12月10日(日)
ホーンビルフェスティバル見学
12日間 398,000円
02月07日(水) ~ 02月18日(日) 12日間 398,000円
03月14日(水) ~ 03月25日(日)
ジロのミヨコ祭見学
12日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(7月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 48,000円
国際線のビジネスクラス:特別価格で往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,400円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。今回訪問する地域は標高1,000~2,000mの山岳地帯が中心となります。晴れていれば日中は合服で過ごせますが、朝晩や曇天の日は冷え込みます。セーターやジャンパー等の防寒着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について 道路は未舗装の箇所が多く、天候や道路状況により予定の所要時間を上回ることがあります。日程表に記載している村は観光地ではないため、宗教行事などの理由により訪問できないことがあります。その場合は代替の村にご案内します。
専用車について 基本は1台に3名様乗りですが、緊急時やトラブルの際はつめてご乗車いただく場合があります。
宿泊について 各地宿泊設備は十分とは言えず、バスタブが無くシャワーのみで、お湯の出が悪かったり、停電することがあります。宿泊施設に限りのある地域ですので、御一人部屋をお取りできなかったり、分宿になることも考えられます。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 ナガランド州は禁酒州のため、レストランや公共の場ではアルコールを飲むことができません。お飲みになる方はお部屋でお飲みください。
11/29発、3/14発コースについて 11/29発、3/14発コースは祭りに合わせた日程です。一部見学順序が入れ替わる場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行