「ガンジス源流域 ヒンドゥー四大聖地を行く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > ガンジス源流域 ヒンドゥー四大聖地を行く

ガンジス源流域 ヒンドゥー四大聖地を行く

ヤムノートリー、ガンゴトリ、ケダルナート、バドリナートの四大聖地巡礼

  • 聖地巡礼
  • 大自然
  • ヴィシュヌ神の聖地・バドリナート寺院
  • 馬で聖地を巡る巡礼者
  • 馬に乗って自然の中をトレッキング
  • カンゴトリ寺院の横を流れるバギラティ川
  • 「ガルワールの女王」と呼ばれるニルカンタ峰
  • ヒンドゥー教の修行者サドゥー
  • 巡礼者で溢れるハリドワールの沐浴場
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

6名様から催行・10名様限定

ホーストレッキング

ツアーのポイント/ Tour Point 

●信仰篤い、ヒンドゥー教の聖地へ

ガンジス源流域にあるヒンドゥー四大聖地は、数ある聖地の中でも神聖で深い信仰が息づく場所。ガンジス川とその支流、ヤムナ川源流域の4つの聖地を巡る旅をチャールダムヤットラといいます。一般の巡礼者が聖地を目指すなか、同じ巡礼路を進むことで聖地独特の荘厳な雰囲気をより身近に感じることができます。

●インド北部の雄大な自然に出会う

白く輝くガルワールヒマラヤの峰々、幾重にも重なる緑深い山並み、「ガルワールの女王」と謳われるニルカンタ峰。母なる大河ガンジスとその源流には雄大な自然が広がります。豪雪地帯も多いため、訪問は9~10月がベストシーズンです。

母なる大河ガンジスの源流域 四大聖地を巡る

数多くの聖地が存在するインド。その中でも特別な存在「ガンジス川」の源流があり、ヒンドゥー教徒が死ぬまでに一度は巡礼したいと願う「四大聖地」を訪れます。

  • ヤムノートリー Yamunotri

    ヒマラヤ四大聖地、第一の巡礼地。太陽神スーリヤの娘といわれるヤムナー川がバンダルプンチ峰から川として流れ出す場所です。ヤムナー川はデリー、アグラを通りアラハバードでガンジス河に合流します。

    第一の聖地・ヤムノートリー

  • ガンゴトリ Gangotri

    女神ガンガーがシヴァ神の髪を伝い、降臨されたとされる場所。カンゴトリ寺院のすぐ横には、やがてガンジス川へと名前を変えるバギラティ川が流れています。四大聖地の中で最も人気が高く、たくさんの巡礼客が訪れます。

    カンゴトリ寺院

  • ケダルナート Kedarnath

    四大聖地の中で最も標高が高い場所にある、シヴァ神の聖地。長い巡礼路を約6時間のホーストレッキングで訪れます。シヴァ派の教典「シヴァプラーナ」に記されている12の聖地のうちの一つでもあります。

    最奥の聖地ケダルナート寺院

  • バドリナート Badrinath

    ガンジス川の支流、アラクナンダー川上流にあるヴィシュヌ神の聖地。町の高台には太陽神「ナラヤン」をまつる巨大な寺院があり、その背後、谷間の奥には、ヒマラヤの名峰ニルカンタを眺めることができます。

    ヴィシュヌ神の聖地バドリナート

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、デリーにて合流します。
デリー泊
大阪
デリー
14:10発
21:10着
2 デリー
リシケシ
07:00発
17:00着
専用バスにてリシケシへ。着後、ラクシュマン・ジューラー(橋)沐浴場、ガートで行われるヒンドゥー教の礼拝儀式プジャを見学します。
リシケシ泊
3 リシケシ
バルコット
08:00発
17:00着
専用バスにて山道を走りバルコットへ。
バルコット:常設テント泊
4 バルコット
(ジャンキチャッティ)
(ヤムノートリー)
  専用バスにてジャンキチャッティへ。
●ホーストレッキング(往復約5時間)
馬に乗って、ヤムナー川源流の聖地ヤムノートリー(3,185m)へ。着後、ヤムノートリー寺院バザール等を見学します。その後、再び馬に乗ってジャンキチャッティへ戻ります。ご希望の方は徒歩で戻ることも可能です。ジャンキチャッティ着後、専用バスにてバルコットへ戻ります。
バルコット:常設テント泊
5 バルコット
ウッタルカシ
07:00発
12:00着
専用バスにて、ガルワール地方西部の中心地ウッタルカシへ。着後、市内観光(シヴァ神を祀るヴィシュワナート寺院ハヌマン寺院等)。
ウッタルカシ泊
6 ウッタルカシ
(ガンゴトリ)
  終日、バギラティ川沿いの道を走り、ガンジス川の源流で、ガンガー女神が降下した聖地ガンゴトリ(3,048m)へ往復観光。女神を祀るガンゴトリ寺院バザール等の見学をお楽しみください。
ウッタルカシ泊
7 ウッタルカシ
ドゥンダ村
ルドラプラヤグ

08:00発


18:00着

専用バスにて、アラクナンダ川沿いの町ルドラプラヤグへ。途中、チベット人の暮らすドゥンダ村を訪問します。
ルドラプラヤグ泊
8 ルドラプラヤグ
グプタカシ
11:00発
15:00着
午前中、ルドラプラヤグ観光(シヴァ神の伝説が伝わるコテシュワラナート寺院マナデオ寺院、アラクナンダ川とマンダキニ川の合流点サンガム等)。その後、専用バスにてグプタカシへ。着後、周辺の素朴な村々を散策します。
グプタカシ:常設テント泊
9 グプタカシ
ゴウリクンド
ゴウリクンド
ケダルナート
07:00発
09:00着
約6時間
専用バスにて、ケダルナート巡礼の拠点ゴウリクンドへ。
●ホーストレッキング(約6時間)
馬に乗って、シヴァ神の聖地ケダルナート(3,581m)へ。着後、バザール等を見学。
ケダルナート泊
10 ケダルナート
ゴウリクンド
ゴウリクンド
グプタカシ

約4時間


15:00発
17:00着

朝、徒歩にて重厚なたたずまいのケダルナート寺院へ(片道約1時間)。寺院と寺院の周りで行われるプジャの儀式をご覧いただきます。
●ホーストレッキング(約4時間)
馬に乗って、途中で茶屋に立ち寄りながらゴウリクンドへ戻ります。着後、パールバティ寺院、ガネーシャ誕生のクンド(池)を見学。その後、専用バスにてグプタカシへ。
グプタカシ:常設テント泊
11 グプタカシ
ジョシマート
08:00発
16:00着
専用バスにてジョシマートへ。着後、ヴィシュヌ神を祀ったナラシンハ寺院を見学します。
ジョシマート泊
12 ジョシマート
バドリナート
09:00発
12:00着
専用バスにて、ヴィシュヌ神の聖地バドリナート(3,133m)へ。着後、市内及び郊外の観光バドリナート寺院バザール、ガルワール地方最奥部にあるマナ村等)。また、寺院前で行われるプジャの儀式をご覧いただきます。
バドリナート泊
13 バドリナート
ルドラプラヤグ
08:00発
19:00着
朝、天気が良ければ「ガルワールの女王」と呼ばれる美しい山容を誇るニルカンタ峰(6,596m)をご覧いただけます。その後、専用バスにてルドラプラヤグへ。途中、シーク教徒の聖地ヘムクンドへの入口となるゴビンダガートを見学します。
ルドラプラヤグ泊
14 ルドラプラヤグ
ハリドワール
08:00発
17:00着
専用バスにてハリドワールへ。着後、ヒンドゥー教徒が集う、沐浴場ハリ・キ・パイリーを見学します。
ハリドワール泊
15 ハリドワール
デリー
デリー
08:00発
16:00着
21:15発
専用バスにてデリーへ戻ります。着後、空港へ。空路、帰国の途につきます。
機中泊
16 東京 08:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝14/昼14/夜13:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エア・インディア
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発/東京着 催行状況
09月08日(土) ~ 09月23日(日) 16日間 438,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は8,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(10名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 74,000円
国際線のビジネスクラス:日本/デリー間のビジネスクラスは往復150,000円の追加で別途手配いたします。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(1,550円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 9月は基本的に合服で過ごせます。標高3,000mを超える山岳地帯では冷え込みますので、ダウンやフリースなどの十分な防寒具をご用意ください。この時期は雨季の終わり頃にあたりますので、雨具もご用意ください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について このコースの最高宿泊高度はケダルナートの3,581mですが、徐々に高度を上げますので高山病の心配はそれほどありません。ただし、高血圧や心臓疾患、その他の既往症のある方や高度に弱い方のご参加はあまりおすすめできません。ご参加者の方には、健康アンケートのご記入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
宿泊について バルコット、グプタカシでは常設テント泊となります。テント内にトイレはありますが、シャワーはありません。寝具も備え付けられていますが、十分ではない場合がありますので、寝袋(三季用)もあると便利です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。その他、デリー以外の場所は、宿泊施設に限りがあるため御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルに分宿になることがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
観光について ホーストレッキングの際は馬子が同行しますが、落馬などされないよう十分ご注意ください。足場の悪い未舗装の道を馬に乗って移動します。急勾配の箇所などは、馬を下りて歩いていただきます。
日程について 雨が降った後のガケ崩れなどにより一部通行不能となることがあります。その場合、宿泊地が変更になったり、一部の観光ができなくなることがあります。現地事情をご理解の上、ご参加ください。
偶然の事故に対応する保険について 偶然の事故に対応する項目(東京海上の偶然事故対応費用など)を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行