「西部ヒマーチャル冒険行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 南アジア(インド・ブータン等)方面 > 西部ヒマーチャル冒険行

西部ヒマーチャル冒険行

花と雪の峠を越えて、ヒマーチャル最奥の谷へ

  • 大自然
  • 花の季節
  • フォトジェニック
  • サチ・パスにて
  • デヴィコティ村にて
  • チャンバのラクシュミーナラヤン寺院
  • ブルーポピー(ロータンパス)
  • チャンバ渓谷
  • このツアーの地図を見る
  • インドの旅
ココに注目!

6名様から催行、10名様限定

専用車は1台につきお客様3人乗りまで

山岳道路を行くドライブも出来る限り快適さを確保しております。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ヒマーチャル・プラデーシュ州西部"最も閉ざされた谷・パンギ溪谷"へ

インド北西部ヒマラヤ山脈の西側に位置するヒマーチャルプラデーシュ州。その中でもヒマラヤの山地にある西部は、冬の時期は豪雪に閉ざされ、インドで最も訪れる事の難しい地域です。7月下旬から9月下旬までのわずか2ヶ月の間だけ通る事ができるサチ・パスを越え、チャンバ渓谷からパンギ渓谷へ。

●手つかずの高山植物の名所"サチ・パス"

山岳地帯のためアクセスが難しく、1年のうちわずか2ヶ月間だけしか開通していないサチ・パス(4,420m)。外国人はもとより、インド人旅行者もほとんど訪れないサチ・パスは、まさに手つかずの花の名所です。

●花咲くベストシーズン限定企画

ブルーポピーやエーデルワイスなど、多種多様な高山植物が咲く夏限定企画。インドヒマラヤを背景に、色とりどりの花々の観察を存分にお楽しみください。

●小型車に分乗し、窓側席を確約

ヒマラヤの山道を長時間走るため、できる限り快適さを確保しております。

サチ・パスを越えて最も閉ざされた谷へ
チベット、ヒンドゥー文化の分岐点 パンギ溪谷

パンギ渓谷はピール・パンジャール山脈とザンスカール山脈に挟まれた谷で、ヒマーチャル・プラデーシュ州の中で最も"閉ざされた谷"です。積雪のため、1年の半分は他の地域から隔絶されます。シク教の聖地アムリトサルから、デヴィ(女神)信仰の篤いチャンバ地区、そして雪山に閉ざされたパンギ渓谷。ヒンドゥー教を信仰する地域からチベット仏教圏へと、多彩なヒマーチャルの魅力にふれる旅です。
  • 緑豊かな段々畑が広がるパンギ溪谷

  • 荷運びをするラバ

  • 伝統衣装を纏ったスーラル谷の女性

  • そばの花が美しい、スーラル・セリの村

  • 山の斜面にあるキラールの街

高山植物の名所を通るアドベンチャールート 花と雪 2つの峠越え

チャンバ渓谷からパンギ渓谷へ抜けるサチ・パス(4,420m)。3,000m以上の山の斜面では放牧キャンプで暮すグジャールの人々のと出会い、3,500m付近からはブルーポピーをはじめとする高山植物の花が現れ始めます。常に雪の残るサチ・パス越えはインド・ヒマラヤの中でも最もアドベンチャーなルート。また、マナリとラダック、レーを繋ぐロータン・パス(3,980m)は2015年南西の道路工事が終了し快適な舗装道路となりました。南面ではブルーポピー、北面では多様な高山植物の花が見られます。
  • 隠れた高山植物の名所サチ・パス

  • 植物の撮影を楽しむ

  • サチ・パス越え

  • サクラソウ

  • ブルーポピー

千年王国チャンバ

920年に藩王ラジャ・サヒル・ヴァルマンにより始まり、1848年にイギリスの支配下に入るまで約1000年続いたというチャンバ王国。ヒマラヤスギの木造建築文化と石造建築文化が融合した特徴的な建築物が数多く残ります。また、935年、カングラの支配から勝利した事を記念し、毎年ミンジャール祭が行われています。

  • ラテルネンデッキの木彫天井(チャムンダ・デヴィ寺院)

  • チャンバ・バティ寺院

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
17:15発
24:05着
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後ホテルへ。
デリー(グルガオン)泊
2 デリー
アムリトサル
パタンコット
チャンバ
早朝発 早朝発の国内線でシク教の聖地アムリトサルへ。シク教徒の総本山・黄金寺院、門前町として賑わう旧市街を訪問します。その後、専用車にてパタンコットを経由してチャンバへ。
チャンバ泊
3 チャンバ
バイラガル
(デヴィコティ村)
09:00発
13:00着
午前、チャンバ市内観光ラクシュミーナラヤン寺院、チャンバ渓谷を望むチャムンダ・デヴィ寺院等)その後、専用車にて、ラビ川沿いのバイラガル村(2,300m)へ。着後、伝統的な家屋の立ち並ぶデヴィコティ村を訪問、ヒンドゥーの神々の壁画が残るチャムンダ寺院を見学します。
バイラガル泊
4 バイラガル
サチ・パス
キラール

08:00発

17:00着

専用車にて夏の間だけ開通するサチ・パス(4,420m)を越えて、パンギ渓谷の中心地キラールへ。チャンバ側のパンギ渓谷では道中、ブルーポピーなどの高山植物の観察もお楽しみいただきます。
キラール泊
5 キラール
(スーラル谷)
  終日、スーラル谷を訪れます。スーラル川沿いにヒンドゥー教からチベット仏教へと変化していく信仰、冬の間、雪によって閉ざされる谷で暮らす人々の素朴な生活にふれながら、ゆっくりとお過ごしください。
キラール泊
6 キラール
ウダイプール
キーロン

08:00発

17:00着

専用車にてラホール谷の中心地キーロンへ。途中、ウダイプールに立ち寄り、彫刻の美しいアシュトグジャ寺院を見学します。
キーロン泊
7 キーロン
ロータン・パス
マナリ

08:00発

16:00着

専用車にてロータン・パス(3,980m)を越えてヒマラヤの山里マナリへ。途中、コクサール村周辺ではサクラソウやウルップソウなどの高山植物の観察をお楽しみいただけます。
マナリ泊
8 マナリ
クル
チャンディーガル

07:00発

18:00着

専用車にて、風光明媚な林檎の里として知られるクルを経由しチャンディーガルへ。
チャンディーガル泊
9 チャンディーガル
デリー
デリー
08:00発
15:00着
25:25発
専用車にてデリーへと戻ります。着後、空港へ。空路、帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 13:20着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:全日空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
07月18日(火) ~ 07月27日(木) 10日間 368,000円
07月20日(木) ~ 07月29日(土) 10日間 368,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(10名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 35,000円
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の国内線割引:大阪・名古屋/東京間の国内線は無料、その他の地方からの国内線割引は片道5,000円(宮古島、石垣島は片道10,000円)です(大阪・名古屋からの国内線を含め、全日空の指定便に限ります)。ご希望の方はお早めにお申し込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) インド(2,620円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は申請時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 晴れると夏服で過ごせますが、チャンバ以北は標高が高く朝晩は冷え込みますので、セーターや厚手のジャンパーなどが必要です。モンスーンの影響で雨が降ることがありますので、雨具も必ずお持ちください。靴はハイキングシューズなどの運動靴が最適です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 花の観察は標高3,500~4,000m付近となりますが、宿泊は伴いませんので高山病の心配はそれほどありません。ただし、ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
観光について 寺院・僧院等は観光地ではありません。現地事情や宗教行事により稀に入場できないことがあります。
日程について このコースの大部分は山岳道路のため、天候や道路状況などによっては一時的に通行不能になったり通行に予想以上の時間がかかる事があります。特に日程3日目チャンバ~バイラガル間は、がけ崩れなどにより日程変更が生じる恐れがあります。予め現地事情をご理解の上お申し込みください。日程変更による追加費用が生じる場合もありますので、このような状況に対応する項目が含まれる海外旅行保険へのご加入をお願いしています。
宿泊について 都市部を除き、基本的に中級ホテルや簡易宿泊施設のゲストハウスに泊まります。設備が十分とはいえず、お湯の出が悪かったり、電気の使用に制限時間が設けられていることがあります。また、各地の宿泊施設には限りがあるため、御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルやゲストハウスに分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 高山植物の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行