「台湾東海岸 花蓮の清流と緑島の海」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・チベット・日本方面 > 台湾東海岸 花蓮の清流と緑島の海

台湾東海岸 花蓮の清流と緑島の海

太平洋に浮かぶ緑島でシュノーケリング、海と山に育まれた花蓮の大自然を満喫

  • 大自然
  • 岩が織りなす緑島の風景
  • 三仙台
  • 珊瑚の海でシュノーケリング
  • 台湾屈指の景勝地・太魯閣(タロコ)国立公園
  • イルカウォッチングを楽しむ
  • 清流でキャニオニング
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
ココに注目!

8名様から催行・12名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●台湾・東海岸を遊び尽くす

かつてこの地を訪れたポルトガル人は、緑に覆われた台湾を見て「イラ・フォルモサ(麗しの島)」と称賛したと言います。海と山に囲まれた自然溢れるもう一つの台湾・東海岸を縦断します。

●珊瑚に囲まれた美しい海でシュノーケリング

台東から船でたったの1時間で行ける緑島。南国の雰囲気漂う島の透明度の高い海で、近年台湾でも注目を集める人気のシュノーケリングをお楽しみください。

●エメラルドグリーンの清流でキャニオニング

狭い島の中央に3,000mを超える山々が連なる台湾。周囲の海には幾筋もの渓流が流れ込み、なかでも花蓮周辺は下流域でも綺麗なエメラルドグリーンの清流です。知られざる台湾の魅力をキャニオニングで存分に満喫していただけます。

珊瑚に囲まれた緑島

台湾の南東沖に浮かぶ周囲約20kmの緑島。日本統治時代に火燒島とよばれた火山島で、海岸線は断崖絶壁を成しており、周辺はサンゴ礁に囲まれ、透明度の高い美しい海では、色とりどりの熱帯魚が観察できるシュノーケリングが人気です。海底から湧き出る「朝日温泉」では、目の前の太平洋から昇る朝陽を眺めながら入浴をお楽しみいただけます。1949年から1987年までの38年もの間、国民党による恐怖政治で戒厳令が敷かれ、政治犯・思想犯を収容する「監獄の島」という暗い歴史を残す緑島ですが、現在は本島から気軽に行ける南国リゾートとして変貌を遂げています。
  • シュノーケリングで熱帯魚を観察

  • 朝日温泉

太平洋でイルカウォッチング

台湾の東海岸は、太平洋の黒潮と沿岸海流の潮の流れが交わるため、豊富な回遊魚が集まります。付近の海域にはそれを求めて20種類以上のイルカやクジラが生息しています。ハシナガイルカやサラワクイルカの他、運が良ければシャチやマッコウクジラに出会えることも。4月~10月は70~90%以上という高い遭遇率を誇る台湾有数のスポットです。洋上からは台湾中央山脈と、太平洋に垂直に聳え立つ清水断崖の絶景の海岸線を望むことができます。
  • ボートに乗ってイルカウォッチング

  • イルカの群れ

台湾屈指の景勝地
太魯閣(タロコ)国立公園を歩く

太魯閣渓谷は立霧渓が長い年月をかけて大理石の険峻な山を刻んでできた大渓谷。この絶壁の谷をくりぬくように削って造られた中横公路は、3,000m級の山を越え西海岸の台中まで繋がっています。大自然と人の手が造りだした絶景に息をのむばかりです。太魯閣渓谷の最深部「白楊歩道」では、かつてダム建設のために造られたトンネルの先の狭い渓谷に流れ込む膨大な水量の滝に圧倒されます。その他、湾曲する道にいくつものトンネルが彫られている「九曲洞」、浸食によってできた岩壁の穴にツバメが巣を作る「燕子口」、原住民のタロコ族が狩猟や部落同士の通路としていた狭い小道「サカダン歩道」など、太魯閣渓谷の魅力を存分にお楽しみいただきます。
※その日の状況により最適な場所へご案内いたします。
  • 渓谷を縫うように進む道

  • 青々と美しい清流

  • 岩壁の穴にツバメが巣を作る「燕子口」

食は台湾にあり

「食飽未?(ご飯食べた?)」が挨拶として交わされるほど生活の中でも重要な位置を占める食。山と海に囲まれて、豊富な旬の野菜と、鮮度の良い海産物をふんだんに使った料理が特徴です。基本は福建省からの移民の福建料理となりますが、客家料理、広東料理、日本料理、原住民料理など様々な地域、文化が入り混じって洗練された台湾料理はどれも日本人の口に合うものばかりです。東海岸にはアミ族やパイワン族などの原住民が多く、中華料理とは違った素朴な郷土料理もお楽しみいただけます。
  • 料理の一例

  • 料理の一例

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
台北
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれ直行便にて台北へ。台北着後、国内線に乗り換えて、東海岸南部の台東へ。
※添乗員は東京・大阪どちらか一方より同行し(往復)、台北にて合流します。
台東泊
大阪
台北
午前発
台北
台東
 
2 台東
緑島
07:30発
08:00着
朝、フェリーにて緑島へ。サンゴ礁に囲まれた美しい海でシュノーケリング、イソギンチャクに生息するクマノミなどの観賞をお楽しみください。午後、火山が造りだした奇岩が織りなす景色が広がる島内を一周観光します。夕食は、海風に吹かれながらのバーベキューをお楽しみください。
緑島泊
3 緑島
台東
花蓮
11:30発
12:30着
19:00着
朝、朝日温泉にて、朝陽を浴びながらの温泉浴をお楽しみください。朝食後、フェリーにて台東へ戻ります。着後、専用バスにて、美しい海岸線が続く東部海岸国家風景区を走り花蓮へ向かいます。途中、三仙台のアーチ橋、台湾で最初の先史文化の遺跡・八仙洞北回帰線標識塔などを見学します。
花蓮泊
4 花蓮   午前中、花蓮近郊に流れるエメラルドグリーンの清流でキャニオニングをお楽しみください。その後、高さ1,000mの岩壁がそそり立つ清水断崖、コバルトブルーの海が広がる七星譚など、花蓮周辺の大自然を満喫します。昼食は台湾原住民の郷土料理をご賞味ください。
※ご希望の方は東大門夜市にご案内します。
花蓮泊
5 花蓮
(イルカウォッチング)
(太魯閣国立公園)
  早朝、高い遭遇率を誇る太平洋のイルカウォッチングへ。
終了後、台湾屈指の景勝地・太魯閣国立公園の散策。長い年月をかけて大理石を削ってできた渓谷の造形美をお楽しみください(九曲洞、燕子口、砂卡礑步道、最奧部の白楊歩道など、その日に観光できる最善の箇所をご案内します)。
花蓮泊
6 花蓮
台北
  朝、急行列車にて台北へ戻ります(所要約2時間)。台北着後、専用バスに乗り換えて空港へ。空路、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
台北
東京
午後発
台北
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝5/昼4/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中華航空、エバー航空、キャセイパシフィック航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
04月12日(木) ~ 04月17日(火) 6日間 228,000円
04月30日(月) ~ 05月05日(土)
ゴールデンウィークコース
6日間 268,000円
05月24日(木) ~ 05月29日(火) 6日間 228,000円
06月21日(木) ~ 06月26日(火) 6日間 228,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は2,000円~3,000円です(12月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(12名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 29,000円
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 高温多湿の熱帯性気候ですので、全行程を通して夏服で過ごせます。日中は日差しが強く、帽子やサングラス、日焼け止めもお持ちください。雨の多い地域となりますので、雨具をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 太魯閣国立公園の各観光地は、崩落の危険性がある場合や修復作業などで急遽閉鎖されることがあります。その日に観光できる最善の箇所へご案内いたします。往復2~3時間ほどのウォーキングとなりますので、歩きやすい靴でご参加ください。一部の歩道ではヘルメットを着用します。その他、現地事情により一部観光の順番を入れ替えることがあります。シュノーケリング及びイルカウィッチングは弊社のツアー以外のお客様とご一緒になります。予めご了承ください。朝日温泉は露天の温泉プールで、入浴には水着が必要です。
シュノーケリングについて 現地にてシュノーケル、マスク、フィン、およびライフジャケットを無料でお貸出しいたします。ビーチサンダル、タオル、ラッシュガードなどもお持ちください。
キャニオニングについて ウェットスーツ、ライフジャケット・シューズ・ヘルメットのレンタルが含まれます。下は水着などを着用します。当日の水量や水流により場所を決定します。
荷物について スーツケースでご参加いただけますが、緑島観光時は台東のホテルに大きな荷物を預けます。1泊2日とシュノーケリング用の荷物が入るデイパックをお持ちください。
台湾国内線について 台北/台東間は、悪天候によりフライトキャンセルになることがあります。また、台湾の国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
その他のご注意 自然観察のためパンフレット掲載の動植物が必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行