秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

ブータン国境の知られざるチベットへ

「天上の湖」プマユム・ツォとチベット仏教探求の旅

巡礼シーズンに行く、中国最高所「天上の湖」で名峰クーラカンリ(7,538m)を展望、標高の低いツェタンで1泊、ラサで2連泊する高度順応に配慮した日程。
セルカル・グトク・ゴンパ
セルカル・グトク・ゴンパ
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
個人旅行・フリープラン
チベット旅行特集
ここに注目
ロダクへは特別許可取得

7名様から催行
13名様限定コース

少人数限定のコースですので、お早めにお申し込みください。
チベット発祥の地・ツェタンからブータン国境の名刹まで訪問
ヨンブ・ラカン
チベットで最初に建設されたといわれる小高い丘の上に建つ宮殿。紀元前1世紀にチベット初代王ニャンティ・ツァンポが建てたとされています。
ラジャリ王宮
13世紀末、山南地区を支配した吐蕃系の末裔ラジャリの建てた王宮跡。建物内に壁画が残ります。
ツルプ・ゴンパ
カルマ・カギュ派の総本山。12世紀にカルマパ1世によって建立されました。2,000年に現在のカルマパ17世は14歳でインドに亡命しています。
ラルン・ゴンパ
9世紀に創建され現在はニンマ派の寺院。1,000年前のものと言われる古い壁画やマルパやミラレパの足型が残されています。
ヨンブ・ラカン
チベット最初の王宮跡
ヨンブ・ラカン
ラジャリ王宮
ラジャリ王宮
ツルプ・ゴンパ
カギュ派の総本山
ツルプ・ゴンパ
ラルン・ゴンパ
ラルン・ゴンパの本堂

みどころ/ Point

知られざる名刹の数々を訪問
チベット発祥の地・ソンツェンガンポ王ゆかりのツェタンから、ブータンとの国境に位置するロダクよりさらに奥のミラレパゆかりのセルカル・グトク・ゴンパへ。数々の名刹を訪問する、一歩踏み込んだ充実の内容です。
ツルプ・ゴンパでは読教と僧侶との談話会を特別手配
カルマパ創建のツルプ・ゴンパでは、「チェンジュ」と呼ばれる読教や僧侶との談話会を特別手配しました。より深くチベット仏教にふれていただきます。
チベットの大自然を満喫
「天空の湖」プマユム・ツォ、「紺碧の湖」ヤムドゥク湖も訪問。標高5,013mの中国で最も高地に位置する湖プマユム・ツォ湖畔での散策などチベットの自然をお楽しみください。
高度順応を兼ねてツェタンに1泊、ラサに2連泊
ツェタンに1泊、ラサに2連泊し、その後、徐々に標高を上げていく高度順応に配慮した日程です。
ゲルク派の総本山・ガンデン寺
ゲルク派の総本山・ガンデン寺
「天上の湖」プマユム・ツォとクーラカンリ(7,538m)
「天上の湖」プマユム・ツォと
クーラカンリ(7,538m)
巡礼者たち
巡礼者たち
コース地図
▲クリックすると拡大します
ミラレパゆかりのセルカル・グトク・ゴンパ

ひとつ山を越えるとブータン。国境まで数十kmに位置するセルカル・グトク・ゴンパへは特別許可を取得して訪問。カギュ派の苦行者、吟遊詩人としても知られる詩聖・ミラレパによって建てられたといわれ、今も巡礼者で賑わいます。

9層の塔の頂上は一周コルラができるようにつくられており、熱心な信者が慎重に回り徳をつんでいます。また、古い壁画がも残されており見学することができます。まだ訪れる観光客が少なくじっくりと見学できる名刹です。

塔の頂上でコルラする巡礼者
塔の頂上でコルラする巡礼者
塔内に残された壁画
塔内に残された壁画

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京/大阪
成都
空路、東京より北京経由又は北京乗り換えで、大阪より大連経由又は北京乗り換えで、それぞれ四川省の省都・成都へ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらかより同行し(往復)、成都にて合流します。
成都泊
2 成都
ラサ
(ミンドゥリン寺)
ツェタン
空路、チベットの中心地・ラサ(拉薩:3,600m)へ。着後、専用バスにてソンツェンガンポ王の故郷ツェタン(沢当:3,400m)へ。途中、ニンマ派の総本山ミンドゥリン寺に立ち寄ります。夕食はチベット宮廷料理をお楽しみください。
ツェタン泊
3 (ヨンブ・ラカン)
(ラジャリ王宮)
ツェタン
ラサ
午前中、ツェタン観光(チベット初代王宮跡といわれるヨンブ・ラカン、山南地区を支配したラジャリの建築した王宮跡・ラジャリ王宮等)。午後、専用バスにてラサへ。途中、15世紀に創建されたゴンカル・チューデに立ち寄ります。
ラサ泊
4 ラサ
(ツルプ・ゴンパ)
四輪駆動車に分乗して12世紀にカルマパ1世が創建した、カギュ派の総本山ツルプ・ゴンパを訪問します。ツルプ・ゴンパでは読教や僧侶との談話などゆっくりと交流などお楽しみいただきます。
ラサ泊
5 ラサ
(ガンデン寺)
ナンカルツェ
四輪駆動車に分乗して、ゲルク派六大寺院の総本山ガンデン寺へ。険しい斜面に集会堂や学堂が立ち並ぶ、荘厳な寺院の見学をお楽しみください。その後、カンパ・ラ(峠:4,749m)を越えて、紺碧のヤムドゥク湖湖畔の町ナンカルツェ(4,450m)へ。お天気が良ければニェンチンカンサの山並みと美しいヤムドゥク湖の景観をお楽しみいただけます。
ナンカルツェ泊
6 ナンカルツェ
ロダク
四輪駆動車に分乗して、ブータンとの国境近くに位置するロダク(洛扎:3,820m)へ。途中、「天上の湖」と呼ばれるプマユム・ツォ(湖:5,013m)やヒマラヤの高峰・クーラカンリ(7,538m)の美しい景観をお楽しみいただきます。着後、ミラレパが11世紀に建立したセルカル・グトク・ゴンパを見学します。
ロダク泊
7 ロダク
ラサ
成都
四輪駆動車に分乗して、ラサへ。途中、9世紀に仏教を弾圧したランダルマ王を暗殺したラルン・ペンドンが創建し、美しい壁画が残るラルン・ゴンパに立ち寄ります。ラサ着後、航空機にて成都へ。
成都泊
8 成都
東京/大阪
空路、東京方面の方は北京乗り換え又は北京経由で、大阪方面の方は大連経由又は北京乗り換えで、それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝7/昼6/夜5:機内食は除く
利用予定航空会社:中国国際航空、中国東方航空
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら
   

出発日と料金/ Price

2011年~2012年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発着
12月10日(土)~12月17日(土) 8日間 328,000円 328,000円
12月31日(土)~01月07日(土) 8日間 358,000円 358,000円
02月18日(土)~02月25日(土) 8日間 328,000円 328,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,200円です(7月11日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: お問い合わせください
最少催行人員: 7名(13名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料: 29,000円
   

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装は: 全行程冬服が基本となります。雲天の日や朝晩の冷え込みに備えて、ダウンジャケット等の十分な防寒具をお持ちください。標高が高く日差しが強いので、サングラスや帽子も必携です。
利用予定ホテルは: パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
     

ご注意/ Note

高山病のご注意: 高山病の影響が十分予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参するほか、現地で酸素ボンベを用意します。
>>高山病についてのご注意と取り組み
観光のご注意: 寺院・僧院等は観光地ではないため、現地事情により入場観光できないことがあります。
ホテルのご注意: ナンカルツォ、ロダクでは簡易宿泊施設を利用します。トイレは共同で、洗面所はなく、お湯が配給制になります。また、宿泊施設に限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、3人以上の大部屋泊になったり、分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。