秘境・シルクロード・ブータン・アフリカ・登山 秘境ツアーのパイオニア「西遊旅行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 添乗員同行ツアー

てん蔵公路 2,000km ラサから麗江へ

茶と塩のキャラバンをたどる

ベストシーズン限定!
ラサから東チベットを縦断し麗江へ
塩の産地として知られるツァカロの塩田
塩の産地として知られるツァカロの塩田
パンフレット請求
ツアーのお問い合わせ
個人旅行・フリープラン
チベット特集へ
8名様から催行
15名様限定

四輪駆動車は1台につきお客様3人乗りまでとして、できるだけ快適さを確保しております。
東チベット訪問の
特別許可取得

四輪駆動車で知られざる東チベットを巡るこだわりの内容です。
「茶馬古道」茶と馬が繋いだ雲南・チベットルート

ラオス、ミャンマーとの国境地帯に位置する雲南省最南のシーサンパンナやプーアルで栽培された茶葉が、北部の大理や麗江を経てチベットへと運ばれていく「茶馬古道」。この交易は7世紀の唐代に始まり、千年以上の長きに渡って続けられました。

雲南省からは茶や塩や絹、チベットからは馬や毛皮や薬草が交易品として扱われ、それらは馬幇と呼ばれる隊商によって運ばれました。隊商の大きさは様々で、護衛と数百頭もの馬やラクダで構成される大隊商もあれば、護衛のほとんどいない小さな隊商もありました。彼らは猛獣や山賊から身を守るために、片道約100日間という長い道程を自ら武装して旅を続けたそうです。

1960年代に入り自動車道の建設が盛んになると、この交易は少なくなっていきますが、当時の姿を残す宿場町や現在も生産されている主要交易品の塩などから、今でも茶馬古道の痕跡を見ることができます。

雲南で生産されるプアール茶
雲南で生産されるプアール茶
茶馬古道の交易で栄えた沙渓古鎮
茶馬古道の交易で栄えた沙渓古鎮

みどころ/ Point

てん蔵公路をラサから麗江まで四輪駆動車で走破する冒険行。雲南省・チベット自治区にまたがる横断山脈の真っ只中を走り、峡谷や高原、5,000mの峠を越えて知られざる東チベットを探訪。雨期の夏は崖崩れ等により、冬場は道の凍結等により、通行不能になることがありますので、ベストシーズンに限定してツアーを設定しております。
中国で最も美しいといわれる米堆氷河を展望する湖へのハイキング、チベット最大のラグ(拉古)氷河の展望、未踏峰が連なるカンリガルポ山群、草原が広がるバンダ(邦達)高原、大森林地帯…チベットの中でも緑豊かな東部の大自然も満喫します。
茶馬古道の主要交易品のひとつで、今も盛んに生産される塩の名産地・塩井(ツァカロ)を訪問。棚田上に塩田が積み上げられた見事な景観をお楽しみ下さい。
チベットの聖山に数えられ、天を貫く峻険な山容の梅里雪山。朝も夕も展望を楽しむことができる厳選のホテルに宿泊します。
雲南省ではリス族の同楽村、昔ながらの街並みを残す沙渓古鎮、納西族の暮らす石鼓鎮などを訪れます。
梅里雪山連峰の主峰カワグボ(6,740m)
梅里雪山連峰の主峰カワグボ(6,740m)
標高4,000m、彼方まで続く邦達(バンダ)高原
標高4,000m、彼方まで続く邦達(バンダ)高原
雲南保護地域の三江併流群
(長江、メコン川上流)
麗江の旧市街「四方街」
コース地図
▲クリックすると拡大します

日程/ Schedule >>出発日と料金

都市名 摘要
1 東京/大阪
広州
空路、東京・大阪よりそれぞれ広東省の省都・広州へ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、広州にて合流します。
広州泊
2 広州
ラサ
航空機にて、チベットの中心地ラサ(拉薩:3,600m)へ。着後、高度順応のため休養及び自由行動。
ラサ泊
3 ラサ
コンボ・ギャムダ
四輪駆動車に分乗し、コンボ・ギャムダ(工布江達:3,400m)へ。途中、チベット仏教ゲルク派の総本山ガンデン寺を見学します。
コンボ・ギャムダ泊
4 コンボ・ギャムダ
パソン・ツォ
バーイー
四輪駆動車にて、ニャンチュ川沿いのなだらかな道を走り、新興の町・バーイー(八一:3,000m)へ。途中、ニンマ派の聖湖パソン・ツォ八松錯)を訪れます。
バーイー泊
5 バーイー
セチラ峠
(米堆氷河)
ラウォ
四輪駆動車にて、セチラ峠(4,515m)を越えて、雪山や針葉樹林に囲まれた湖畔の町ラウォ(然烏:3,850m)へ。天気が良ければ、ヒマラヤの東端のナムチャバルワ峰(7,782m)を望むことができます。途中、米堆氷河を臨む湖に立ち寄ります。
ラウォ泊
6 (ラウォ湖)
ラウォ
パシュ
午前中、美しいラウォ然烏を見学。道路状況が良ければ、さらに奥のラグ拉古氷河が一望できる所まで行きます。その後、パシュ(八宿:3,200m)へ。
パシュ泊
7 パシュ
マルカム
四輪駆動車にて、標高4,000m前後の草原が広がるバンダ(邦達)を越え、マルカム(芒康:3,800m)へ。
マルカム泊
8 マルカム
ツァカロ
徳欽
四輪駆動車にて、梅里雪山の麓の町・徳欽(ドォチン:3,280m)へ。途中、塩の産地として知られるツァカロ塩井:3,109m)にて、棚田上の塩田が見事な村に立ち寄ります。
徳欽:梅里雪山展望ホテル泊
9 徳欽
(明永氷河)
早朝、天気が良ければ、朝日に輝く梅里雪山連峰を展望。その後、四輪駆動車にて谷を下り、メコン川上流の瀾滄江を渡って山麓の明永村(2,300m)へ。乗馬にて太子廟(2,950m)まで上り(片道1.5時間)、ここから明永氷河を間近に望む氷河沿いの展望橋まで歩きます(片道約30分)。大氷河と主峰カワグボの展望を楽しんだ後、徳欽へ戻ります。
徳欽:梅里雪山展望ホテル泊
10 徳欽
同楽村
維西
四輪駆動車にて、維西リス族自治県の(維西:2,320m)へ。途中、リス族の素朴な村・同楽村や、キリスト教の茨沖教会に立ち寄ります。
維西泊
11 維西
剣川
四輪駆動車にて剣川へ。途中、長江が湾曲して流れを変える場所・長江第一湾とその川辺にある納西族の村・石鼓鎮を訪れます。
剣川泊
12 剣川
(沙渓古鎮)
麗江
広州
四輪駆動車にて、いにしえの交易路・茶馬古道の宿場町として栄えた沙渓古鎮を訪問。昔ながらのたたずまいを残す村の散策白族や納西族やイ族で賑わう金曜市の見学をお楽しみ下さい。その後、麗江へ。着後、航空機にて広州へ戻ります。
広州泊
13 広州
東京/大阪
空路、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
食事回数:朝12/昼11/夜12:機内食は除く
利用予定航空会社:中国南方航空
詳細日程については必ずパンフレットをご請求になり、記載の日程表をご覧ください。パンフレットのご請求はこちら
   

出発日と料金/ Price

2009年~2010年 出発日~帰国日 日数 東京発着 大阪発着
10月12日(月)~10月24日(土) 13日間 458,000円 458,000円
03月15日(月)~03月27日(土) 13日間 428,000円 428,000円
海外での空港税は全て旅費に含まれます。
別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は1,000円です(5月1日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。
  >>燃油サーチャージのご案内はこちら
日本の国内線割引は: お問い合せ下さい。
最少催行人員: 8名 <添乗員同行>
お一人部屋使用料: 58,000円
8名様から催行、15名様限定。四輪駆動車は1台につきお客様3人乗りまでとして、できるだけ快適さを確保しております。
東チベット訪問の特別許可取得。四輪駆動車で知られざる東チベットを巡るこだわりの内容です。

ご参加の方へ/ Information

査証(ビザ)は: 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に15日以上必要です。
気候・服装は: 標高3,000m以上の山岳地帯がほとんどです。寒暖の差が大きく、曇天の日や朝晩はかなり冷え込みます。いずれの季節もセーターやジャンパー等の十分な防寒具をお持ち下さい。日差しが強いので、サングラスや帽子も必携です。
利用予定ホテルは: 広州:機場諾富特酒店、南航明珠大酒店、華厦大酒店、広東国際大酒店、健力百合酒店、新世紀大酒店、諾富特白雲機場大酒店、機場賓館、広州大厦、東方賓館、白雲賓館、招商賓館、遠洋賓館、珀麗大酒店、文化假日酒店、麗都大酒店、江湾大酒店、中央酒店、中国大酒店、嘉鴻華美達広場酒店
ラサ:雅魯蔵布大酒店、雅汀舎麗花園酒店、拉薩飯店、神湖大酒店、西蔵賓館、新鼎大酒店、天海賓館、雄巴拉賓館、香巴拉酒店、江蘇生態園大酒店、国際大酒店、西蔵飯店、力泰飯店、聖天鵝賓館、西蔵大廈、湖北大廈、喜瑪拉雅飯店、拉薩国際大酒店、西蔵国際大酒店、耳曝傾斜、世紀酒店、国際飯店
コンボ・ギャムダ:巴松錯賓館、招待所
バーイー:福建大厦、林芝賓館、香巴拉賓館
ラウォ:藍湖客桟、平安旅館、招待所
パシュ:迎賓賓館、招待所
マルカム:康盛賓館、茶馬風賓館、招待所
徳欽:明珠酒店、聖山酒店、飛来寺大酒店
維西:世紀大酒店、嘉華大酒店、三江併流大酒店
剣川:剣川賓館、招待所
     

ご注意/ Note

日程について: このコースのほとんどは山岳地帯の道路です。崖崩れ等により突然道路が通行不能になったり、道路工事による交通規制を受け、日程を変更せざるを得ないことがあります。また、中国の国内線はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。予めご了承下さい。
高山病のご注意 高山病の影響が十分予想されるコースです。ご参加の方全員に弊社の健康アンケートのご記入、疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
>>高山病についてのご注意と取り組み
宿泊について: 地方のホテルは、バスタブがなくシャワーのみでお湯の出が悪かったり、電気の時間制限があるなど、十分な設備が整っていません。また、部屋数に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。