「東チベット・アムドの正月祭り」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・チベット・モンゴル方面 > 東チベット・アムドの正月祭り

東チベット・アムドの正月祭り

冬・巡礼シーズンに訪れる

  • 文化体験
  • 伝統料理
  • 民族
  • 祭り見学
  • フォトジェニック
  • ミラレパの物語を演じる仮面劇「シャタ」(文都寺)
  • かつての軍人に扮し祭りに参加する村人たち(ラブラン寺)
  • 混み合う会場の見学客の整理をするトラ(ラブラン寺)
  • タンカの御開帳(ラブラン寺)
  • 循化ではパンチェン・ラマ10世の生家も見学
  • チベット餃子モモ
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • チベットの旅
ココに注目!

年に一度の特別企画

旅のハイライト夏河で3連泊。アムド地方の正月祭り「モンラム」を満喫。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●夏河ではゆとりの3連泊

ラブラン寺を有する夏河の町ではゆとりの3連泊。時間を気にせず、じっくり祭見学をお楽しみいただける、滞在型の旅です。

●正月の祭りで賑わうチベット圏の雰囲気を楽しむ

タンカの御開帳や仮面舞踏チャムなど地元の人々とともに祭りを見学。
ゆっくりと時間をとってご案内しますので、写真撮影やスケッチなど思い思いの時間をお過ごしください。

●アムドの食を楽しむ

回族の手打ち牛肉麺、チベット餃子モモや羊料理などアムドの民族色豊かな食事をお楽しみいただきます。

甘粛省、青海省に広がる東チベット・アムドへ

ダライ・ラマ14世やパンチェン・ラマ10世の生地としても知られる「アムド地方」。
チベット文化圏の東部にあたり、いにしえよりチベット系、モンゴル系民族が群雄割拠を繰り返してきました。
ラサに代表されるチベット自治区とは異なる、異文化と最前線で対峙し続けた「もうひとつのチベット世界」です。

アムド地方の正月祭り「モンラム」

「モンラム(祈願法会)」とは釈迦牟尼がインドで異教徒を制したことに由来した祭り。アムド出身でゲルク派の創始者であるツォンカパが始め、旧暦の正月に祝われます。この時期は農閑期にあたるため、華やかな民族衣装を着た巡礼者が各地から集い、寺院ではタンカの御開帳や仮面舞踏チャム、読経など様々な催しが数日間に渡り行われます。

ラブラン寺の大経堂前で行われる仮面舞踊「チャム」

ゲルク派最大の寺院・ラブラン寺で
モンラムを見学

ラブラン寺は1709年創建のゲルク派最大のチベット仏教寺院です。金色に輝く鳳凰のような屋根が重畳した大伽藍が、標高3,000mの山麓にそびえる様は圧巻です。現在500人以上の僧侶が寺院を守り、甘粛省だけでなく青海省、四川省のチベット族の信仰を受けています。ツアーではこのラブラン寺の門前町・夏河に3連泊し、正月祭りモンラムをじっくりと見学します。

ゲルク派最大のチベット仏教寺院・ラブラン寺

祭り会場を訪れる人々とのふれあいを楽しむ

祭り会場では集合場所を決めてフリータイム。地元の人々と同じ目線で祭りを楽しみ、その篤い信仰心を体感することができます。もちろんガイドや添乗員とともに祭りを見学していただくこともできます。写真撮影目的の方にもおすすめのコースです。
  • 祭りを訪れたチベット族の子どもたち

  • チベット族の家族

  • 祭りを見学する人々

文都寺のシャタ(仮面劇)

元代に建立され、パンチェン・ラマ10世が幼いころに学んだ文都寺。循化郊外の山の中に位置するこの寺院は、訪れる観光客がまだ少ない静かな環境にあります。正月にはこの寺院でシャタと呼ばれる仮面劇が行われます。仮面劇の演目は「ミラレパの物語」。動物の殺生を繰り返す猟師兄弟の現世、死後、裁きを受け地獄に落ちるという物語です。途中、寸劇のような笑いを誘う場面もあり、地元の子供から大人までが集まり、和気藹々と見学をする様子が見られます。
  • ミラレパの猟犬の仮面

  • 文都寺外観

  • 殺生を繰り返す猟師

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
北京又は上海
午前又は午後発 空路、東京・大阪よりそれぞれ北京又は上海へ。着後、航空機を乗り換えて、甘粛省の省都・蘭州へ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、北京又は上海にて合流します。
蘭州:飛天大酒店泊
大阪
北京又は上海
午前又は午後発
北京又は上海
蘭州
午後又は夜発
2 蘭州
合作
夏河

08:00発


17:00着

朝、黄河にかかる黄河第一橋(中山橋)と白塔山麓に広がる白塔山公園へ。その後、専用バスにて甘粛省の夏河(2,900m)へ。途中、合作にてミラレパゴンパを見学します。昼食は手打ち牛肉麺をご賞味ください。
夏河:民航大酒店泊
3 夏河
(タンカ御開帳)
  ラブラン寺の正月祭り見学
午前中、ゲルク派六大寺院のひとつラブラン寺にて行われるタンカの御開帳を見学。午後、多くの名僧を輩出した、絶大な権威と規模を誇る大寺院をご覧いただきます。昼食はチベット料理モモや羊肉などをご賞味いただきます。
夏河:民航大酒店泊
4 夏河
(仮面舞踏・チャム)
  ラブラン寺の正月祭り見学
終日、ラブラン寺にて行われるチベットの仮面舞踏チャムを見学。チャムには各地から見学するため巡礼者が集まり賑わいます。祭りの合間に仏具や民族衣装などを販売する店が連なる門前町の散策をお楽しみください。
夏河:民航大酒店泊
5 夏河
循化
08:00発
13:00着
専用バスにて、イスラム教徒のサラール族が暮らす循化へ。着後、パンチェン・ラマ10世の生家を訪問します。夕食は温かな火鍋をご賞味ください。
循化:循化賓館泊
6 (文都寺)
循化
西寧

15:00発
17:30着
文都寺の正月祭り見学
午前中、文都寺で行われる正月祭りを見学。ミラレパの物語を演じるシャタ(チベット劇)が行われます。まだ訪れる観光客が少ない素朴なお祭りです。夕方、専用バスにて、青海省の省都・西寧(2,275m)へと戻ります。
西寧:中発源賓館泊
7 西寧
北京又は上海
午前発 空路、東京・大阪それぞれ北京または上海乗り換えで帰国の途につきます。着後、解散。
北京又は上海
東京
午前発
北京又は上海
大阪
午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝6/昼5/夜5:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中国国際航空、中国東方航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
02月18日(木) ~ 02月24日(水) 7日間 278,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は5,000円です(9月2日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 39,000円
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 全行程冬服が基本となります。曇天の日や朝晩は冷え込みますので、ダウンジャケットなどの十分な防寒着をお持ちください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の心配はほとんどありませんが、軽度の症状が出ることがあります。ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
観光について 寺院・僧院は観光地ではないため、現地事情により入場観光ができないことがあります。また、正月の祭り・モンラムで催されるタンカ御開帳、チャムなどは、雨天の場合、内容が変更になったり延期・中止になることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行