シルクロード:長安=天山回廊の交易路網(高昌故城、交河故城、キジル千仏洞、スバシ故城)等を訪れる旅 「新疆シルクロードの旅 12日間」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 中国・日本・極東ロシア方面 > 新疆シルクロードの旅 12日間

新疆シルクロードの旅 12日間

オアシスを巡り、数々の遺跡を訪ねる西域旅行の決定版

  • 遺跡・史跡
  • 伝統料理
  • 鉄道の旅
  • 民族
  • 大自然
  • 花の季節
  • 世界的にも珍しい、大地を掘り下げて造られた城址遺跡・交河故城(トルファン)
  • 果てしなく広がる砂丘(タクラマカン砂漠)
  • エイティガールモスク(カシュガル)
  • エイティガールモスクにて(カシュガル)
  • 秋は胡楊の黄葉の季節(10月)
  • 香妃墓(カシュガル)
  • 今も生活の足として活躍するロバ車
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • シルクロードの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

シルクロード:長安=天山回廊の交易路網(高昌故城、交河故城、キジル千仏洞、スバシ故城)

18名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●天山北路のトルファンからカシュガル、西域南道のホータンへ

天山北路のトルファンから南疆鉄道に乗車し中国最西端のカシュガルへ。更に南下し西域南道のホータンからクチャへの移動は第二砂漠公路を利用し、タクラマカン砂漠を縦断。新疆の主な見どころからウイグル色が色濃く残る西域南道まで足を伸ばすシルクロードの決定版コースです。

●カシュガル、ホータン、クチャの3都市で連泊

見どころの多い3都市で連泊を設けました。各所でしっかりと見学時間を設けているのはもちろん、シルクロードのオアシス都市の風情あるバザール散策などお楽しみいただきます。

●芸術の里・メルケトにてドランムカムを鑑賞

ユネスコ世界無形文化遺産に登録されているウイグル族の歌舞演奏「ムカム」の中でも、メルケトのムカムは「ドランムカム」と呼ばれ、他の地域とは異なる迫力のある歌い出しが特徴です。シルクロードの哀愁漂う演奏とダイナミックな歌声をお楽しみください。

●シルクロードの食を楽しむ

日本のうどんにも似たラグメン、ピラフの語源にもなったと言われるポロ、焼き立てのナンなどのウイグル料理や、シルクロード名物・季節のフルーツなど新疆ならではの食事をお楽しみいただきます。

パミール高原 キルギス族の暮らし

カシュガル市内を抜け、パキスタンまで繋がる中巴公路(カラコルム・ハイウェイ)を南西に向かって走ると、眼前に万年雪を頂いた山脈が姿を現します。「世界の屋根」パミール高原を構成する、崑崙山脈の支脈の一部です。パミール高原の東端は、新疆とパキスタン、タジキスタンの国境付近にあたるため、カシュガルから郊外に足を延ばすとタクラマカン砂漠周辺とは全く異なる7,000 m級の雪山と、湖の雄大な景観を楽しむことができます。標高3,600mに位置するカラクリ湖周辺には、遊牧民族であるキルギス族が暮らします。オアシス周辺で農業・商業に従事して暮らすウイグル族とは異なり、夏は水辺、冬は陽当たりの良い谷と、季節ごとに住居を移しながら山岳地帯で遊牧を営でいます。近年は定住化が進み、牧畜や商業を営む人々も増えてきました。時代と共に、昔ながらの生活スタイルも大きく変わろうとしています。しかし、今もなお厳しい自然の中で山と共に生きる、キルギス族の暮らしをカラクリ湖周辺では垣間見ることができます。
  • 家畜を放牧して暮らすキルギス族の家族

  • パミール高原のブルン湖

  • 遊牧民族・キルギス族

シルクロードに残された遺跡の数々を訪問

新疆ウイグル自治区にはイスラム教を信仰するウイグル族が多く暮らしますが、かつては仏教を信仰する国々が多く存在していました。今は存在しない砂漠周辺のオアシス都市の数々の遺構を訪ねます。これらの遺構は2014年に世界遺産に登録されました。
  • キジル千仏洞(クチャ)

    中国で最も早く開かれた敦煌・莫高窟に匹敵する石窟寺院。3世紀頃から作られ始め、8世紀末頃に放棄されたと言われています。塑像は破棄され、ほとんど残っていませんが、現存する壁画の素晴らしさは新疆一。中でも38窟(音楽洞)で見られる西域の楽器群は、日本の正倉院にも伝来したものであることが判ります。

    キジル千仏洞(クチャ)

  • スバシ故城(クチャ)

    クチャから北へ23km。天山山脈のチ ュルタク山麓のクチャ川を挟んで東寺と西寺が残っています。魏晋時期に創建され、唐代には亀茲国最大の寺院、玄奘が記した「大唐西域記」に登場する「昭怙麓大寺」と言われています。仏塔跡や講堂跡などが現存していますが、木簡、銀貨、仏像などの出土品より亀茲国の繁栄振りが偲ばれます。

    新疆最大の仏教寺院跡・スバシ故城(クチャ)

  • 交河故城(トルファン)

    前漢時代の車師前国の都で屯田地として辺境防衛の重要地であった都市遺跡。唐代になると都は高昌国に移りますが、引き続き安西都護府とよばれる軍事基地が設置されました。現存する遺跡は高さ30mの断崖上の台地に位置しており、南北1km、東西300mの規模があります。

    世界的にも珍しい、大地を掘り下げて造られた城址遺跡

  • 高昌故城(トルファン)

    紀元前1世紀の漢代から13世紀にモンゴル軍により滅ぼされるまでの間、新疆における政治・経済・文化の中心地の一つでした。現存する遺跡には日乾しレンガが使われています。かつて玄奘三蔵がインドへ仏典を求める旅の途中に、国王・麹文泰の勧めで説法をしたという伝説が偲ばれます。

    玄奘三蔵も立ち寄ったとされる高昌故城

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
北京又は上海
午前又は午後発 空路、東京・大阪より北京又は上海へ。着後、航空機を乗り換えて、新疆ウイグル自治区の区都・ウルムチへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、北京又は上海にて合流します。
ウルムチ泊
大阪
北京又は上海
午前又は午後発

北京又は上海

ウルムチ

午後又は夜発
2 ウルムチ
トルファン
09:00発
13:00着
専用バスにてオアシスの町トルファンへ。着後、トルファン観光(ウイグル文化を今に伝えるベゼクリク千仏洞、千年もの間都として栄えた城址遺跡・高昌故城、伝統的なウイグル族の家屋が立ち並ぶ吐峪溝等)。
トルファン泊
3 トルファン 午後又は夕方発
(18時間)
引き続きトルファン観光(高台に築かれた交河故城)。夕方、南疆鉄道に乗って、中国最西端の街・カシュガルへ。
※南疆鉄道では一番快適な「軟臥」の席を確保しています。ゆったりとした列車の旅をお楽しみください。
車中泊
4 カシュガル
(日曜大バザール)
朝又は昼着 列車はカシュガルに到着。着後、カシュガルの日曜大バザールを見学。市内の中央バザールだけでなく、ウイグル農民の集う動物市も訪問します。その後、カシュガル市内観光(エイティガールモスク職人街等)。
カシュガル泊
5 カシュガル
(カラクリ湖)
  終日、パキスタンやキルギスとの国境に近いパミール高原へ日帰り観光。ムスターグ峰やコングール峰の美しい展望が広がるカラクリ湖(3,600m)を訪れます。途中、ブルン湖キャラバンサライ跡もご覧いただきます。
カシュガル泊
6 カシュガル
メルケト
14:00発
17:00着
朝、引き続きカシュガル観光香妃墓、ウイグル族の暮らす旧市街等)。午後、専用バスにて、芸術の里・メルケトへ。着後、世界無形文化遺産・ウイグル族の歌舞演奏「ドランムカム」を鑑賞します。昼食はラグメンやシシカバブなどウイグル料理をご賞味ください。
メルケト泊
7 メルケト
ホータン
09:00発
20:00着
西域南道を東へと向かい、隊商の町ホータンへ。昼食は、ウイグル風ピラフのポロをご賞味ください。途中、桑の木の紙づくりで有名なブダ村を訪問します。
ホータン泊
8 ホータン   終日、ホータン市内及び郊外の観光(ガンダーラ様式の仏像が発見された熱瓦克(ラワク)遺跡マリクワット古城ユルンカシュ(白玉河)の河原ホータン博物館等)。
ホータン泊
9 ホータン
タクラマカン砂漠
クチャ
07:00発

21:00着
専用バスにて第2砂漠公路を北上し、タクラマカン砂漠を縦断します。どこまでも続く砂丘、美しく波打つ風紋、林立する胡楊などを眺め、タリム川を渡り、天山南路のクチャへ。
クチャ泊
10 クチャ   終日、クチャ観光(玄奘三蔵がインドへ向かう途中に立ち寄ったといわれる塩水渓谷キジル千仏洞スバシ故城等)。キジル千仏洞では、一般開放窟(無料窟)の他、特別拝観窟(有料窟)の「音楽洞」として知られる38窟もご覧いただきます。
クチャ泊
11 クチャ
ウルムチ
午前発 天山山脈越えフライトにて、空路、ウルムチへ戻ります。着後、ウルムチ観光「楼蘭の美女」など西域遺跡からの出土品が素晴らしい新疆ウイグル自治区博物館国際大バザール等)。
ウルムチ泊
12 ウルムチ
北京又は上海
午前発 航空機にて、ウルムチより北京又は上海へ。着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

北京又は上海

東京

午後発

北京又は上海

大阪

午後発
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝11/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:中国国際航空、中国東方航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
05月16日(木) ~ 05月27日(月)
トルファンの桑の実の季節
12日間 358,000円
06月13日(木) ~ 06月24日(月)
杏の季節
12日間 358,000円
07月04日(木) ~ 07月15日(月)
ハミウリ・スイカの季節
12日間 378,000円
08月15日(木) ~ 08月26日(月)
ハミウリ・スイカの季節
12日間 398,000円
09月05日(木) ~ 09月16日(月)
ハミウリ・スイカ・葡萄・ナシの季節
12日間 378,000円
10月17日(木) ~ 10月28日(月)
胡陽・ポプラ並木の黄葉の季節
12日間 368,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は7,000円です(12月7日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(18名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 44,000円(車中泊除く)
 
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は、入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 5、9月は合服、6~8月は夏服、10月は冬服が基本となります。いずれの季節も朝晩は冷え込みますので上着をご用意ください。カラクリ湖は標高が高く曇天の日はかなり冷え込みますので防寒具が必要です。タクラマカン砂漠周辺では砂除けのスカーフやマスクをお持ちいただくと便利です。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について ウルムチの新疆自治区博物館の「楼蘭の美女」などの展示物は、他の美術館に貸出される場合見学できないことがあります。このコースで観光する石窟では、内部の写真撮影が禁止されています。また、各地のバザールは現地事情により開催されなかったり、まれに外国人の立ち入りが制限されることがあります。予めご了承ください。
移動について 近年各地の検問が増え、通過に時間がかかり目的地到着の時間が予定よりも大幅に遅くなる場合があります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行