ニジェール大紀行|西遊旅行の添乗員同行ツアー(131号)

アイールとテネレの自然保護区等を訪れる旅 「ニジェール大紀行」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > ニジェール大紀行

ニジェール大紀行

遊牧民の祭典ゲレウォールと最も美しいサハラ、アイール山地とテネレ砂漠

ボロロ(ウォダベ)遊牧民の祭り「ゲレウォール」に加えてテネレ砂漠、アイール山地まで訪れるニジェール大紀行

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 民族
  • 祭り見学
  • フォトジェニック
  • ”サハラの宝石”テネレ砂漠
  • ゲレウォール。ボロロ男性の美を強調する踊り
  • 最も美しいサハラ、テネレ砂漠へ
  • シリエットのキャンプ
  • ティミアのトゥアレグ族
  • アイール山地に残る岩刻画
  • ツアーレポート
  • 西遊フォトギャラリー
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

アイールとテネレの自然保護区(ニジェール)

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ボロロ遊牧民の祭典ゲレウォール見学とテネレ砂漠

ボロロ遊牧民の祭り「ゲレウォール」や家畜や遊牧民が集まる“塩の平原”など、いまだ昔ながらの風習を残す本物の遊牧民の文化にふれる旅。

●サハラの宝石・アイール山地とテネレ砂漠を走る 

「ゲレウォール」見学の後は灼熱の太陽に焼かれたアイールの岩山群、風紋美しいテネレの大砂丘。
息を呑むほどに美しいサハラ最奥の砂漠へご案内します。

●北部ニジェールに暮らすトゥアレグ遊牧民の世界へ

トゥアレグ族の都・アガデスを訪問し、本拠地アイール山地とテネレ砂漠へと入ります。
アイール山地のオアシス・ティミアではトゥアレグ族による歌と踊りの見学など伝統と暮らしにふれます。

GUEREWOL ゲレウォール

9月半ばのニジェール。遊牧民が“塩の平原”に集まり、ボロロによる「最も美しい男」を選ぶ祭り、“ゲレウォール”が繰り広げられます。
この季節は離れ離れになっていた遊牧民の家族、そしてその氏族が一斉に集まる季節でもあります。ボロロの祭りはさまざまな行事で構成されています。“ゲレウォール”とは祭りのハイライト、女性がもっとも美しい男性を選ぶもので、そのほかにも男の美を見せる踊り“ヤーケ”、女性達の歌と踊りや、夜に行なわれる集い・歌・踊りなどいくつもの行事から構成されています。
ツアーでは“ゲレウォール”の祭りだけでなく、今でも“塩”が採取されるティギダンテスムを訪問し、“塩の平原”で南からやってくる遊牧民との出会いのチャンスを設けています。まだまだ伝統が色濃く残されているニジェール。本物の遊牧民の伝統と暮らしに出会う旅です。

選ばれた女性が最も美しい男性を選ぶ儀式

ボロロ(ウォダベ)遊牧民

ボロロ(ウォダベ)族は西アフリカに広く分布して暮らすフラニ族の一派。彼らは家畜とともに移動して暮らし、その生活を捨てるとボロロではない、というくらい伝統的な遊牧の暮らしを守っています。
そして「美」に対するこだわりがとても強いのも特徴です。

ボロロ遊牧民の移動

TENERE テネレ砂漠

アメリカ合衆国とほぼ同じ面積をもつサハラ砂漠。サハラ広しと言えども、アイール山地とテネレ砂漠が織りなす風景は「サハラの宝石」と称されるほどに素晴らしいものです。テネレ砂漠の中でもアラカウからシリエットにかけてのアイール山地とテネレ砂漠の境界部は、岩山と砂丘のコントラストが美しい景色を創り出し、ニジェールの中でも最も雄大な景色を見られる場所です。アラカウは、周囲を馬蹄形の岩山に囲まれており、その中に砂が吹き溜まり、巨大な砂丘地帯を形成しています。

サハラ砂漠でも随一の美しさを誇るアラカウの大砂丘

「青の民」トゥアレグ族

ニジェール北部、マリ北部、アルジェリア南部を中心としたサハラ砂漠に暮らす遊牧民。女性ではなく男性が全身・顔をターバンで覆うなど、独自の文化を発達させています。藍染めのターバンや衣装の青が顔や体に付着していることから「青の民」とも呼ばれます。アイール山地の中心地ティミアでは、この地方のトゥアレグ族による表情豊かな歌と踊りを見学し、暮らしにふれます。

トゥアレグ族の村にて

サハラの岩刻画

アイール山地には、サハラが湿潤で緑だった時代の野生動物の岩刻画が残されています。その中でもダボスの岩刻画は、実物大5.5mのキリンが彫刻されたサハラでも最大のものです。ツアーでは、テネレ砂漠とアイール山地境界部に残された岩刻画もご覧いただきます。

等身大のキリンの岩刻画(ダボス)

塩の平原をめざす─ティギダンテスム

ボロロ遊牧民は家畜のえさとなる草地を探して移動しますが、1年の移動にサイクルがあり、雨季の6〜9月にカメルーン・ナイジェリアから北上し、9月半ばにはニジェール北部のインガル、ティギダンテスム付近の“塩の平原”に集まります。そして家畜に塩を摂らせ、9月〜10月の祭りの季節が終わると再び南へと移動を開始します。この季節は、遊牧民の往来が激しく、アバラク〜アガデスの幹線道路、インガルロード、マランデット周辺の草地で移動する遊牧民とすれ違うこともあります。
  • ティギダンテスムの塩田

  • ボロロ(ウォダベ)遊牧民の牛の放牧

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京
(大阪)
空路、東京より大阪経由でカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドーハにて合流します。
機中泊
2 ドーハ
カサブランカ
ドーハ着後、航空機を乗り換えチュニス経由でモロッコのカサブランカへ。着後、航空機を乗り換えてワガドゥグ経由ニジェールの首都ニアメへ。 機中泊/ニアメ仮泊
3 ニアメ ニアメ着後、ホテルへ。午前中はホテルにて休養。午後、ニアメ市内観光博物館マーケット等)。 ニアメ泊
4 ニアメ
タウア
専用車にてタウアへ向かいます。途中、クレ周辺にて野生のキリンを見ることができるかもしれません。タウア手前からハウサ族の伝統的な住居の残る村が現れます。 タウア泊
5 タウア
アバラク周辺の砂漠
(ゲレウォール)
専用車にて遊牧民ボロロの祭りが行なわれるアバラク周辺の砂漠へ。午後、ボロロ遊牧民の男性の美を競う祭り「ゲレウォール」見学をお楽しみください。 アバラク周辺の砂漠:キャンプ泊
6 アバラク周辺の砂漠
(ゲレウォール)
終日、ボロロ遊牧民の男性の美を競う儀式と祭りをお楽しみいただきます。ボロロ遊牧民の暮らしにふれる一日です。 アバラク周辺の砂漠:キャンプ泊
7 アバラク周辺の砂漠
インガル
ティギダンテスム
専用車にてインガルへ。9月末は「キュレ・サレ(塩の癒し)」と呼ばれ、インガルの“塩の平原”にトゥアレグ族とボロロ遊牧民が家畜を連れて集まる季節です。道中、ボロロ遊牧民に出会えるかもしれません。その後、ティギダンテスムへ。 ティギダンテスム周辺の砂漠:キャンプ泊
8 ティギダンテスム
ダボス
アガデス
朝、ティギダンテスムの塩田を見学。その後、ニジェール北部のトゥアレグ族の中心地アガデスへ。道中、移動する遊牧民に出会えるかもしれません。また、ダボスに残る等身大のキリンの岩刻画を見学します。 アガデス泊
9 アガデス
午前中、ホテルにて休養。午後、アガデス市内観光グランド・モスク旧市街等)。 アガデス泊
10 アガデス
トラヤ
テネレの木
アガデスよりテネレ砂漠の入り口でありランドマークとなっている“テネレの木”へ。途中、トラヤの岩刻画と古墳に立ち寄ります。 テネレの木:キャンプ泊
11 テネレの木
アラカウ
アイール山地とテネレ砂漠の境界線を北上し、馬蹄形の岩山に囲まれたアラカウの大砂丘地帯へ。途中、アイール山地の岩刻画を見学します。 アラカウ:キャンプ泊
12 アラカウ
アドラール・シリエット
引き続きアイール山地とテネレ砂漠の境界線を北上します。途中、ファリスの井戸を訪問。その後、砂丘と岩山のコントラストの美しいアドラール・シリエットへ。 アドラール・シリエット:キャンプ泊
13 アドラール・シリエット
ティミア
アドラール・シリエットよりアイール山地へ入り、果樹の実るオアシス、ティミアへ。着後、トゥアレグ族による歌と踊りを見学します。 ティミア泊
14 ティミア
アガデス
ティミアより一路アガデスへ向かいます。 アガデス泊
15 アガデス
タウア
専用車にてタウアへと戻ります。 タウア泊
16 タウア
ニアメ
専用車にて一路、ニアメへと戻ります。着後、ホテルにて休養と夕食。深夜、空港へ。 ニアメ仮泊/機中泊
17 ニアメ
カサブランカ
ドーハ
早朝の航空機にてカサブランカへ。着後、航空機を乗り換えてチュニス経由でドーハへ。 機中泊
18 ドーハ
(大阪)
東京
ドーハ着後、航空機を乗り換えて大阪経由で帰国の途につきます。着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝14/昼14/夜14:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空、ロイヤルエアモロッコ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

  2012年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
A 09月21日(金) ~ 10月08日(月) 18日間 798,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は49,300円です(5月9日現在、利用航空会社により異なります)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 65,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道11,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
テントは御一人様に一張づつご用意いたします。
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。
  • ツアーが終了、またはキャンセルとなり、募集が終了した状態です。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) ニジェール(6,500円)、代行手数料(4,200円)、写真2枚、旅券の残存有効期間は6ヶ月以上必要です。
気候・服装 この時期は雨季明けにあたります。日中は35〜40℃まで気温が上がりますので、夏服を基本にスカーフや帽子、サングラスなどしっかりとした日除け対策をお願いします。テネレ砂漠では朝夕のために軽い上着も必要です。
利用予定ホテル ニアメ:グランド、ガワウェイ、テネレ
タウア:タルカ、オーベルジュ
アガデス:タゲルモスト、ホテルドラペ、オーベルジュ
ティミア:タゲルモスト
パンフレットのご請求はこちら
観光について ゲレウォールは計画された行事ではなく、自然発生的な遊牧民の祭りです。プログラムなども流動的ですので、現地にてご案内いたします。また、祭りの状況によって日程順序が入れ替わることがあります。
宿泊について 当コースで訪れる都市では宿泊施設に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。各地でシャワーのみのホテルに宿泊します。ティミアではロッジ泊となり、電気は発電機を利用します。またシャワーは水シャワーのみとなります。キャンプ泊では寝袋(夏用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
荷物について スーツケースでご参加いただけますが、キャンプ泊用に必要なものを入れる布製のかばんもご用意ください。キャンプ地ではスーツケースは車に積んだまま保管します。またアガデスから始まる砂漠の旅に必要な荷物のみを持ち、スーツケースはアガデスのホテルに預けていきます。布製のカバンやザックなどをご用意いただくか、日本からスポーツバッグなどでご参加ください。
予防接種について 黄熱病の予防接種証明書が査証申請時に必要です。また、マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
ニジェールの危険情報 2012年5月現在、ニジェール北部には「渡航の延期をお勧めします」という日本の外務省より注意情報が発出されています。安全第一で進めて参りますが、突然の情勢悪化などにより出発前、出発後も日程変更が生じることもあります。また、アバラク以北の行程にはニジェール軍が同行する予定です。予めこの地域の特殊性をご理解の上、ご参加ください。
仮予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行