ベマラハ国立公園・アンブヒマンガの丘の王領地等を訪れる旅 「ベレンティ保護区も訪れる マダガスカル大周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > ベレンティ保護区も訪れる マダガスカル大周遊

ベレンティ保護区も訪れる マダガスカル大周遊

世界遺産のツィンギー、固有のバオバブやキツネザル、見所を凝縮した16日間

  • 世界遺産
  • 動物
  • 大自然
  • フォトジェニック
  • アンドンビリー村の妊婦のバオバブ
  • 無数の切り立った尖塔が並ぶツィンギー
  • フレンドリーなマダガスカルの子供たち
  • パーソンカメレオン
  • ホウシャガメ
  • 大ツインギーハイキングの様子
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

ベマラハ国立公園/アンブヒマンガの丘の王領地

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●インド洋に浮かぶ固有種の島マダガスカル島を周遊

陸路と空路を利用し、マダガスカル随一の絶景広がるベマラハ国立公園のツィンギー、ムルンダヴァやアンダヴァドアカに群生する多種多様なバオバブの木、キツネザルの楽園ベレテンィ保護区、世界遺産のアンブヒマンガなど、マダガスカル島の魅力を凝縮した16日間の旅。

●世界遺産ベマラハ国立公園のツィンギーを歩く

石灰岩の峡谷が作り出す絶景ツィンギーをハイキング。体力に自信のある方は大ツィンギー、ちょっと不安な方は小ツィンギーと、お客様のニーズに合わせて2つのプランからお選びいただけます。

キツネザルの楽園 ベレンティ保護区

サイザル麻畑のフランス人オーナーにより設立された面積約250ヘクタールの私営保護区には、6種類のキツネザルが棲息しています。日中のサファリではワオキツネザルや横跳びで有名なベローシファカを観察することができ、ナイトサファリでは掌サイズのネズミキツネザルにも出会えます。他にも83種の鳥類、2種のカメレオンを含む26種の爬虫類、ウツボカズラや三角ヤシなどのユニークな植物など、マダガスカルを代表する動植物の楽園がベレンティ保護区です。
  • ワオキツネザル

  • ベローシファカの横跳び

  • イタチキツネザル

  • ネズミキツネザル(ナイトサファリ)

  • アカビタイキツネザル

  • 9、10月はワオキツネザルの親子の姿が見られる季節

  • カンムリシファカ

ムルンダヴァの並木道と巨大バオバブ

マダガスカルを代表する木といえばバオバブの木。中でもムルンダヴァのバオバブの並木道は国のシンボルと言えるほど有名です。今回のツアーでは、ムルンダヴァでも「愛し合うバオバブ」「双子のバオバブ」などユニークなバオバブの木をご覧いただく他、南西部のアンドンビリーやアンダヴァドアカに群生する巨大なバオバブも見学します。

アンドンビリー村の太っちょバオバブ

この地方では聖なる木と崇められるバオバブの木やずんぐりむっくりな「妊婦のバオバブ」などを見学します。

アンダヴァドアカの巨大バオバブ

ムルンダヴァのバオバブとは全く異なる樽型の巨大バオバブの群生を見学。まるで異なる惑星に来たかのような錯覚にとらわれる絶景が広がっています。
  • バオバブ並木に沈む夕日

  • アンドンビリー村のバオバブ

  • アンダヴァドアカの巨大バオバブ

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 21:25発 空路、東京よりソウル経由でアディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
アンタナナリボ
アンタナナリボ
アンツィラベ
07:10着
08:50発
13:40着
14:30発
18:30着
着後、航空機を乗り換えてアンタナナリボへ。着後、専用バスにてサザンクロス街道の起点の町アンツィラベへと向かいます。
アンツィラベ泊
3 アンツィラベ
ムルンダヴァ
早朝発
夕方着
専用バスにてマダガスカル中央高原から変化する車窓の風景を楽しみながら、モザンビーク海峡側のムルンダヴァへ。
ムルンダヴァ泊
4 ムルンダヴァ
ベコパカ
08:00発
18:00着
四輪駆動車にて世界遺産のツィンギーで有名なベマラハ国立公園観光の拠点となるベコパカへ。途中、双子のバオバブ、愛し合うバオバブ等、様々なバオバブの木を見学。また、2つの川をフェリーで渡ります。
ベコパカ泊
5 ベコパカ
(ベマラハ国立公園)
  四輪駆動車と徒歩にて針山のようなカルスト台地が広がるベマラハ国立公園のツィンギーを見学。この日は2つのグループに分かれて観光します。体力に自信のある方は大ツィンギーの観光。少し自信のない方は小ツィンギーの見学とモナンボロ川のカヌー下りへご案内します。
ベコパカ泊
6 ベコパカ
ムルンダヴァ
07:00発
16:30着
四輪駆動車にてムルンダヴァへと戻ります。夕方、夕日に照らされた美しいバオバブの並木道の景観もご覧いただきます。
ムルンダヴァ泊
7 ムルンダヴァ
マンジャ
朝発
夕方着
専用車にてマンジャへと向かいます。
マンジャ泊
8 マンジャ
アンドンビリー
アンダヴァドアカ
朝発

夕方着
専用車にてアンダヴァドアカへ。途中、アンドンビリーにてマダガスカルで最も樹齢が長いとされる太っちょのバオバブを見学します。
アンダヴァドアカ泊
9 アンダヴァドアカ   終日、アンダヴァドアカ近郊の巨大なバオバブを見学。ムルンダヴァとは異なる種類の巨大なバオバブの群生地を訪れます。
アンダヴァドアカ泊
10 アンダヴァドアカ
チュレアール
朝発
夕方着
専用車にてマダガスカル南西部のチュレアールへ向かいます。
チュレアール泊
11 チュレアール
アンタナナリボ
午前又は昼発 国内線にてアンタナナリボへ戻ります。午後、アンタナナリボの観光(たくさんのキツネザルを観察できるレミュールパークアナラケリーマーケット(車窓)等)。
アンタナナリボ泊
12 アンタナナリボ
フォールドーファン
フォールドーファン
ベレンティ保護区
午前発
昼着
約5時間
航空機にてフォールドーファンへ。着後、専用バスにてキツネザルの楽園ベレンティ保護区へ。夜、ナイトサファリへ出かけます。カメレオンやイタチキツネザル、ネズミキツネザルなど夜行性動物の観察をお楽しみください。
ベレンティ保護区:ベレンティ・ロッジ泊
13 ベレンティ保護区
フォールドーファン
約5時間 午前、ベレンティ保護区を散策し、ワオキツネザルやベローシファカ、アカビタイキツネザルなど様々なキツネザルを観察。有名なベローシファカの横跳びの観察のチャンスです。その後、専用バスにてフォールドーファンへ戻ります。
フォールドーファン泊
14 フォールドーファン
アンタナナリボ
午前発
昼着
国内線にてアンタナナリボへ戻ります。午後、メリナ王朝の女王ラナヴァルナ一世によって建てられた女王宮を見学します。
アンタナナリボ泊
15 (アンブヒマンガ)
アンタナナリボ
アディスアベバ
アディスアベバ

14:30発
19:20着
23:15発
午前中、世界遺産に登録されているアンブヒマンガの丘の王領地を訪れます。午後の航空機にてアディスアベバへ。着後、航空機を乗り換えてソウル経由で帰国の途につきます。
機中泊
16 東京 20:25着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝13/昼12/夜13:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エチオピア航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
06月02日(日) ~ 06月17日(月)
乾季のベストシーズン
16日間 688,000円
09月01日(日) ~ 09月16日(月)
キツネザルの親子の姿が見られる季節
16日間 688,000円
10月06日(日) ~ 10月21日(月)
キツネザルの親子の姿が見られる季節
16日間 688,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は24,000円です(12月7日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋追加代金 68,000円
国際線のビジネスクラス:東京/アンタナナリボ間のビジネスクラスは別途手配が可能です。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) マダガスカル(2,990円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は査証申請時6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。マダガスカルは熱帯性気候ですが、アンタナナリボなど中央高原地帯は涼しく、基本的に長袖シャツ程度で過ごせます。朝晩は冷え込みますのでセーターや軽い上着もお持ちください。西部地方は暑く夏服で過ごせます。ベマラハ国立公園でのツィンギー見学時はハイキングシューズなど底のしっかりとした靴が必要です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について マダガスカルの国内線はスケジュ−ルが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について 日程12日目ベレンティ保護区と13日目フォールドファンの宿泊順序が入れ替わる場合があります。また、ベレンティ保護区では宿泊施設がひとつしかないため、御一人部屋をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
ツィンギー・ハイキングについて 日程5日目、ベマラハ国立公園にて大ツィンギーを訪れる際、切り立った岩場を歩くため、安全のために一部ハーネスを使用します。
〔大ツィンギーを訪れる方〕運動割増保険について 通常の海外旅行傷害保険のほか、運動割増保険に必ずご加入いただく必要があります。予めご了承ください。
その他のご注意 写真や日程表中の動物は野生動物ですので、必ずしも見られるとは限りません。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行