マラケシュ旧市街等を訪れる旅 「アトラスを越えて モロッコ最奥のサハラ エルグ・シェガガへの旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > アトラスを越えて モロッコ最奥のサハラ エルグ・シェガガへの旅

アトラスを越えて
モロッコ最奥のサハラ エルグ・シェガガへの旅

アトラス山脈とサハラ砂漠、もうひとつのモロッコの旅

  • 世界遺産
  • 文化体験
  • 伝統料理
  • 厳選ホテル
  • 大自然
  • 果てしない砂丘地帯が広がるエルグ・シェガガ
  • 山肌に張り付くようなベルベル人の村
  • ムワッヒド朝期のアーチが美しいティンメルモスク
  • ラクダに乗って朝日見学へ(エルグ・シェガガ)
  • 大自然の中での食事を満喫
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • 個人旅行・フリープラン
  • このツアーの地図を見る
  • サハラの旅
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

マラケシュ旧市街

15名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●モロッコ・サハラの旅 砂漠で満天の星空を楽しむ!

マラケシュからオート・アトラス、アンチ・アトラスを越えてモロッコ最奥のサハラを目指す旅。モロッコが2度目の方でも十分にお楽しみいただけるツアー内容です。タメグルートでは天体望遠鏡が設置されたホテルに宿泊し、天体観測もお楽しみいただけます。

●エルグ・シェガガを望むテント式ロッジに滞在、快適に大砂丘を堪能

モロッコ南部、アルジェリアとの国境近くに位置するエルグ・シェガガ。サハラへの入り口フォームザグイードからオフロードの道なき道を進み、大砂丘地帯を目指します。エルグ・シェガガでは砂丘を目の前に望むテント式ロッジに宿泊。充実した設備で、快適にサハラ砂漠を体感していただくことができる旅です。

ラバに乗って村を訪れ独特の文化や風習にふれる
アンチ・アトラス山脈に暮らすベルベル人を訪ねる

アトラス山中やサハラ、モロッコなど北アフリカ一帯に暮らすベルベル人。その生活の仕方は、住む場所によって大きく異なります。アンチ・アトラス山脈の麓に位置するタリウィンではベルベル人の村々をラバに乗って訪れます。タリウィン一帯はモロッコ随一のサフランの産地として知られ、収穫期を迎える11月には、村人とともにサフランの収穫を体験できます。また、タズナクト近郊の村ではベルベル絨毯の手織り工房、タメグルートではベルベル陶器の工房を訪れるなど独特の文化や風習にふれることができます。
  • 2月、アーモンド咲く村をラバで訪問

  • ベルベル人女性の手仕事

  • ミントティーを入れるベルベル人の男性

サハラを望むテント式ロッジに泊まる

キャラバン・ドゥ・スッド[エルグ・シェガガ]

モロッコ最奥のサハラ“エルグ・シェガガ”では、砂丘の目の前に設置された贅沢なテント式ロッジに宿泊。ベッド、寝具はもちろんのこと、砂漠のど真ん中にも関わらず、ソーラーパワーを利用した電気システム、シャワー、トイレまで完備。雄大なサハラの絶景を快適な滞在でお楽しみいただきます。夜はキャンプファイヤーを囲みながら、ベルベル音楽の演奏も満喫します。
※ご利用いただく部屋タイプはカイデルというお部屋タイプになります。
  • キャンプファイヤーとベルベル音楽を楽しむ

  • 部屋の一例

  • 大砂丘が目の前に広がるテント式ロッジ“キャラバン・ドゥ・スッド”

10月はサフラン収穫、2月はアーモンドの花咲く季節
モロッコの豊かな自然を体感する南西部の旅

10/27発コースはアンチ・アトラスの山麓に位置するタリウィン周辺にてベルベル人の村人とともにサフランの収穫を体験。2/16発コースはタズナクト高原に点在するアーモンドの木々が花を咲かせる季節です。またモロッコ特産のアルガンから抽出されるオイルは、古くからベルベル人が食用や薬用に使用していました。近年美容効果が高いことが世界中で注目されており、お土産にも最適です。エルグ・シェガガへの道中では、紀元前から栽培されていたとされるナツメヤシの木が茂る風景とも出会えます。
  • 収穫したサフランの花

  • サフランを収穫するベルベル人の女性たち

  • タズナクト高原を彩るアーモンドの花

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 深夜発 空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
大阪 23:55発
2 ドバイ 早朝着

ドバイ着後、航空機を乗り換えて、モロッコ最大の都市カサブランカへ。着後、専用バスにて世界遺産のメディナが残るマラケシュへ。

マラケシュ:ティシカホテル泊
ドバイ 05:45着
ドバイ
カサブランカ
カサブランカ
マラケシュ
07:45発
12:30着
14:00発
17:30着
3 マラケシュ
ティジンテスト峠
タリウィン

08:00発

 

17:00着

四輪駆動車にてオート・アトラス山脈を越える1日です。アトラス山脈の雄大な景観、山の斜面に点在するベルベル人の村々の景色をお楽しみください。途中、12世紀のムワッヒド朝時代に造られたティンメルモスク跡、ベルベル人の暮らすムーレイ・イブラヒム村を見学。また、ティジンテスト峠(2,100m)からの絶景もお楽しみください。その後、サフランの産地として有名なアンチ・アトラス山麓の町タリウィンへ。
※10/27発コースはタリウィン周辺にてサフランの収穫期にあたります。
タリウィン泊
4 (ベルベル人の村訪問)
タリウィン
タズナクト
フォームザグイード


12:00発

 

17:00着

午前中、ラバに乗ってアンチ・アトラス山脈の山中に暮らすベルベル人の村々を訪れます。午後、四輪駆動車にてサハラの玄関口となるフォームザグイードへ。アーモンド畑が点在するタズナクト高原からパルメリーが広がる景色へと変化していきます。途中、ベルベル絨毯で有名なタズナクトでは、近郊の村を訪れ、手織りの工房を訪問します。
※2/16発コースはタズナクト高原にアーモンドの花が咲く季節です。
フォームザグイード泊
5 フォームザグイード
レイクイリキ
エルグ・シェガガ

08:30発

 

15:00着

四輪駆動車にて、約30年前に干上がった湖・レイクイリキを越えて、モロッコ最奥の砂丘地帯エルグ・シェガガへ。途中、ヤシの木の生い茂るオアシスにて昼食。午後、テント式ロッジに到着。夕方、砂丘へと登り、沈みゆく夕日とともに、刻々と色を変える美しいサハラの風景をお楽しみください。夜はキャンプファイヤーを囲んでのベルベル音楽の演奏をお楽しみください。
※砂丘の麓に位置するテント式ロッジ「キャラバン・ドゥ・スッド」に宿泊。
エルグ・シェガガ:キャラバン・ドゥ・スッド泊
6 エルグ・シェガガ
オラッド・ドリス
タメグルート

09:00発

 

17:00着

早朝、ラクダに乗ってサハラに昇る朝日を見学。その後、砂丘地帯を後にし、四輪駆動車にてベルベル陶器で有名なタメグルートへ。途中、オラッド・ドリスでは民族博物館日干し煉瓦造りの村(クサール)の散策をお楽しみください。タメグルート着後、11世紀~17世紀頃に書かれたコーラン等の古書を保管する図書館を見学します。
※天体観測施設を兼ね備えたカスバ建築のホテル「サハラスカイ」に宿泊。
タメグルート近郊:サハラスカイ泊
7 タメグルート
アイト・ベン・ハドゥ
ティシカ峠
マラケシュ

08:00発

 

 

18:00着

四輪駆動車にて北上し、一路マラケシュへ。ダラー渓谷沿いを走り、点在するクサール、キッサン山塊の風景をお楽しみください。途中、世界遺産のアイト・ベン・ハドゥの展望ポイントに立ち寄ります。再びオート・アトラスへと入り、ティシカ峠(2,260m)を越えて、マラケシュへ。
マラケシュ:ティシカホテル泊
8 マラケシュ   午前中、フェズに次いで2番目に古いマラケシュのメディナ観光ベン・ユーセフ・マドラサ、“輝く宮殿”バヒア宮殿、サード朝の代々のスルタンの墓が集まる王墓群スーク等)。昼食後、自由行動。ご希望の方は、メディナの散策にご案内します。夜、大道芸人や地元の人々で賑わうジャマ・エル・フナ広場を見学します。
マラケシュ:ティシカホテル泊
9 マラケシュ
カサブランカ
カサブランカ
08:00発
12:00着
13:55発
専用バスにてカサブランカへ。着後、航空機にてドバイへ。
機中泊
10 ドバイ 01:30着

ドバイ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

ドバイ
東京
02:55発
17:20着
ドバイ
大阪
03:00発
16:50着
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼6/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エミレーツ航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
10月27日(木) ~ 11月05日(土)
ベルベル人とサフラン収穫体験・サハラ満天の星空
10日間 378,000円
02月16日(木) ~ 02月25日(土)
アーモンドの花咲く季節・サハラ満天の星空
10日間 378,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 40,000円
再利用割引は5,000円、特別割引は10,000円とさせていただきます。
日本の国内線割引:福岡/大阪間は片道10,000円の追加で別途手配いたします(エミレーツ航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

 

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時に3ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 マラケシュやアトラス山中では合服から冬服の準備が必要です。砂漠地域では日中は25℃位まで暑くなりますが、朝晩は5℃位まで冷え込むため、しっかりとした防寒着もご準備ください。靴は履きなれた運動靴とサンダルが最適です。砂漠地域以外では雨が降ることもありますので、雨具はご持参ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について 日程3日目のオート・アトラス山脈のティジンテスト峠を越えるルートは、積雪などの状況により道路が閉鎖される場合があります。ツアーは積雪の可能性の少ない季節を選んで設定しておりますが、閉鎖された場合はアトラス越えルートではなく、異なるルートを通ってタリウィンへ向かいます。
観光について モロッコの宗教関連施設(モスク、塔、霊廟等)は基本的に異教徒の立ち入りが禁止されています。他の観光地でも王族の訪問、政府の決定、テレビ取材などで突然見学できなくなることがあります。タリウィンではラバに乗ってベルベル人の村々を訪れます。下りが基本となりますが、危ない場所があれば降りて歩いていただく所もあります。
宿泊について マラケシュ以外のホテルは地方の小さなホテルばかりです。部屋により大きさや設備が一様でない場合がありますので、予めご了承ください。また、エルグ・シェガガのテント式ロッジは部屋数が少ないため、お一人部をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額はご返金いたします。
その他のご注意 サフランの収穫期、アーモンドの花咲く季節は気象条件などにより、若干時期がずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行