グラン・バッサムの歴史都市(コートジボワール)等を訪れる旅 「西アフリカ4ヶ国 象牙海岸とブードゥー教の世界 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > 西アフリカ4ヶ国 象牙海岸とブードゥー教の世界

西アフリカ4ヶ国 象牙海岸とブードゥー教の世界

コートジボワール、ガーナ、トーゴ、ベナン

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 国境越え
  • 民族
  • タタソンバ郷に暮らすソンバ族(ナティティンゴ)
  • ケープコースト要塞(エルミナ)
  • 世界遺産タンバルマ郷の特長的な民家(トーゴ)
  • ベナンの人々
  • エルミナの漁村(ガーナ)
  • 賑わう市場を散策(クマシ)
  • 世界遺産アシャンティの伝統建造物(クマシ)
  • 旧郵便局(グラン・バッサム)
  • 水上集落ガンヴィエ
  • 野口英世記念展示室(アクラ)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

グラン・バッサムの歴史都市(コートジボワール)/アシャンティの伝統的建築物群(ガーナ)/ギニア湾沿いの城塞群(ガーナ)/ベタマリベ人の土地、クタマク(トーゴ)/アボメーの王宮群(ベナン)

8名様から催行・13名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●西アフリカの特徴ある4ヶ国をバスで横断

コートジボワールからケープコーストやクマシなど見どころ豊富なガーナ、ベタマリベ族の暮らすトーゴ、そしてかつてダホメー王国が奴隷貿易で栄えたベナンまで4ヶ国をバスで繋ぐ西アフリカ横断の旅です。

●西アフリカ独自の文化や風習にふれる

トーゴではベタマリベ族の暮らす世界遺産のタンバルマ郷、ベナンではソンバ族の暮らすタタソンバ郷を訪れ、独特の建築様式・文化を見学します。また、西アフリカに広まるブードゥー教の儀式を見学し、民間に息づく信仰を垣間見ます。

●世界遺産からマーケット散策まで、充実の観光内容

フランス領コートジボワールの首都が置かれたグラン・バッサム、ベナンのダホメー王国の遺産、ガーナのアシャンティ族の王都クマシやギニア湾沿いに点在する要塞群など、西アフリカの歴史を物語る世界遺産を見学。また、クマシやロメなど各地でマーケットを散策し、活気溢れる人々の暮らしや色彩豊かな民芸品等をご覧いただきます。

西アフリカに息づく民間信仰 ブードゥー教の聖地を訪ねて

ブードゥーという言葉はフォン族の言葉で「精霊」という意味を表します。ブードゥー教は西アフリカで広く信仰されており、ベナンでは国教とされています。もともとは植民地時代の奴隷貿易でカリブ海地域へ強制的に連行された人々の伝承、信仰がキリスト教と融合してできた宗教で、ハイチでその基礎が発展しました。ブードゥー教の儀式は太鼓などを使った歌や踊り、動物の生贄、神が乗り移る「神懸かり」などから成っています。ブードゥーを取り仕切る神官はオウンガンと呼ばれ、現在でも病気の治療や除霊、お守りの祈願、占いなど様々な役割を果たしているのです。トーゴのソコデでは、神官になるための炎の儀式「テュボール」を、ベナンのウィダでは「聖なる森」を見学します。
  • ブードゥーの拠点「聖なる森」(ウィダ)

  • 炎の儀式「テュボール」(ソコデ)

  • ブードゥー教の呪物を売るマーケット(ロメ)

アシャンティ王国とケンテ織り

アシャンティ王国は、1670年から1902年までの間ガーナ内陸部に興った王国で、ケンテはアシャンティ王国の王族のために織られていたとされる特権階級にのみ着用が許された布です。西アフリカ、特にガーナの伝統的な織物とされ、縦長に細く織った布を横に繋いで一枚の布とするのが特徴的です。また、西アフリカではアジアとは違い男性が織物をするのも特徴。ツアーでは欧米で人気のこのケンテ織りで有名なボンウィレ村を訪れます。

ケンテ織りで有名なボンウィレ村にて

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:25発 空路、東京よりトルコのイスタンブールへ。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール
アビジャン
05:00着
15:50発
22:10着
イスタンブール着後、空港近くのホテルにて休養。午後、航空機を乗り換えて、コートジボワール最大の都市アビジャンへ。着後、ホテルへ。
イスタンブール仮泊/アビジャン泊
3 アビジャン
グラン・バッサム
09:00発
11:00着
専用バスにて、植民地時代の町並みが残る世界遺産の都市グラン・バッサムへ。かつてフランス領時代に首都がおかれた旧市街を見学します。
グラン・バッサム泊
4 グラン・バッサム
(国境)
エルミナ
07:00発

15:00着
専用バスにて国境を越えてエルミナへ。着後、世界遺産のセント・ジョージ要塞などを見学します。
エルミナ泊
5 エルミナ
(ケープコースト)
クマシ
11:00発

15:00着
午前中、かつて黒人奴隷の積み出し港だったケープコースト要塞エルミナの漁村などを見学します。その後、専用バスにてアシャンティ王国の都だったクマシへ向かいます。着後、たくさんの人々で賑わう西アフリカ最大規模の市場を見学します。
クマシ泊
6 クマシ   終日、クマシ観光(ケンテ織りで有名なボンウィレ村マンヒヤ王宮、アシャンティ族の歴史や文化を紹介する国立文化センター、世界遺産にも登録されているアシャンティの伝統建築物等)。
クマシ泊
7 クマシ
アクラ
07:00発
13:00着
専用バスにて首都アクラへ。着後、市内観光野口英世記念展示室、アフリカ独立運動の父と言われる初代大統領エンクルマ記念館等)。
アクラ泊
8 アクラ
(国境)
ロメ
08:00発

14:00着
専用バスにて国境を越えトーゴの首都ロメへ。途中、ブルキナファソに源流を持つボルタ川を越えます。
ロメ泊
9 ロメ
ソコデ
12:00発
16:00着
午前中、ロメ市内観光国立博物館ブードゥーマーケット等)。その後、専用バスにてトーゴ中部の町ソコデへ。夜、ブードゥー教の炎の儀式を見学します。
ソコデ泊
10 ソコデ
タンバルマ郷
(国境)
ナティティンゴ
(タタソンバ郷)
08:00発


16:00着
専用バスにて急峻な山並みを眺めながらベナンとの国境へ向かいます。途中、17世紀に造られた要塞のような村々が点在するタンバルマ郷を訪れます。その後、国境を越えてベナンへと入り、タタソンバ郷の中心地ナティティンゴへ。着後、ソンバ族の文化を紹介するナティティンゴ博物館を見学します。
ナティティンゴ泊
11 ナティティンゴ
アボメー
08:00発
14:00着
専用バスにてベナンのブードゥー教発祥の地アボメーへ。着後、世界遺産でもあるダホメー王国の旧王宮博物館を見学します。
アボメー泊
12 アボメー
ウィダ
ガンヴィエ
コトヌー
08:00発


21:55発
専用バスにてベナンの経済上の中心地コトヌーへ。途中、ブードゥーの拠点ウィダの聖なる森、アフリカ最大の水上集落ガンヴィエの見学。コトヌー着後、航空機にて、イスタンブールへ。
機中泊
13 イスタンブール
イスタンブール
09:05着
26:25発
イスタンブール着後、空港近くのホテルで休養。深夜、空港へ。帰国の途につきます。
イスタンブール仮泊/機中泊
14 東京 19:55着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月09日(木) ~ 11月22日(水) 14日間 498,000円
11月23日(木) ~ 12月06日(水)
ご好評につき追加設定
14日間 498,000円
12月23日(土) ~ 01月05日(金)
年末年始コース
14日間 548,000円
01月25日(木) ~ 02月07日(水)
ご好評につき追加設定
14日間 498,000円
02月08日(木) ~ 02月21日(水) 14日間 498,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は27,000円です(7月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(13名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 68,000円(イスタンブール仮泊除く)
日本の国内線割引:地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) コートジボワール(70ユーロ)、ガーナ(9,440円)、ベナン(8,000円)、代行手数料(4,320円×3ヶ国=12,960円)。トーゴ(20ユーロ)は現地にて取得します。写真は7枚(カラー)必要です。旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 日中は半袖又は薄手の長袖シャツ程度で過ごせます。朝晩は涼しくなりますので上着もお持ちください。砂埃が多いので、スカーフやマスクなどの埃除けもお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について このコースで訪れる地域は観光客の受け入れ体制が整っているとはいえません。稀に日程表中の博物館や見学地が予告なしに休館となり、見学できないことがあります。また、予測し得ない事情(国境の閉鎖、治安の悪化、道路工事、自然現象等)により、旅行日程の変更が生じることがあります。そのような場合は、変更補償金の対象外とさせていただきますが、当初の日程に従ったサービスを提供できるように手配・努力いたします。また、国境を越える際は出入国手続きに時間がかかることがあります。予めご了承ください。
宿泊について 地方のホテルではバスタブがなく、シャワーのみだったり、お湯の出が悪かったりと設備が十分ではありません。また、ナティティンゴ、ソコデの宿泊施設に限りがあるため、御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
予防接種について 査証の申請に黄熱病の予防接種の証明書が必要です。また、マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行