カイロ歴史地区・アブシンベルからフィラエ島までのヌビア遺跡等を訪れる旅 「帆船ダハビーヤで優雅に巡るナイルの旅」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > 帆船ダハビーヤで優雅に巡るナイルの旅

帆船ダハビーヤで優雅に巡るナイルの旅

チャーター船でゆったりと巡るナイル川の旅。アレキサンドリア、世界遺産アブ・ミナまで訪問

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 厳選ホテル
  • 134本の巨大な柱が林立するカルナック神殿の大列柱室(ルクソール)
  • 帆船ダハビーヤ
  • プトレマイオス朝時代に建てられたエドフのホルス神殿
  • ハトホル神殿の天井画室(デンデラ遺跡)
  • アブ・ミナの聖メナス遺跡
  • トラヤヌス帝の船着き場(イシス神殿)
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

カイロ歴史地区/アブシンベルからフィラエ島までのヌビア遺跡/古代都市テーベ(現ルクソール)/メンフィス(ギザからダハシュールのピラミッド地帯)/アブ・ミナ

17名様限定

ツアーのポイント/ Tour Point 

●エンジンのない帆船ダハビーヤをチャーター   ルクソールからアスワンへ4泊5日の船旅

ルクソールからアスワンへ4泊5日のナイル川の旅は、わずか10室とプライベート感たっぷりの帆船ダハビーヤをチャーター。エジプトの歴史と自然を楽しみながら静かなナイルの船旅をお楽しみください。

●各地で厳選のエジプト美術を見学 ネフェルタリの墓も訪問

ルクソール、アブシンベル、カイロなど各地で厳選のエジプト美術を見学。数千年の歳月を経て歴史を伝える古代遺跡、墓内部に残る色彩豊かなレリーフ、エジプト考古学博物館に展示される壮大なコレクションなど、エジプト美術の数々を見学。ルクソールではネフェルタリの墓内部も見学します。

●地中海に面したアレキサンドリア 世界遺産アブ・ミナも訪問

紀元前332年アレキサンダー大王によって建設され、プトレマイオス朝の首都として栄えたアレキサンドリアも訪問。史上最大のコプト都市アブ・ミナの聖メナス遺跡も訪れます。

帆船ダハビーヤをチャーター  プライベート感溢れるナイルの船旅

ナイル川クルーズの多くはたくさんの観光客で賑わう大型船ですが、今回は客室わずか10室の帆船ダハビーヤをチャーター。数千年に及ぶ長き歴史の舞台となったナイル川での、プライベート感溢れるゆったりとした船旅をお楽しみください。ダハビーヤとは平底船で、古くからナイルを行き交った帆船。ルクソールからアスワンまで4泊5日の行程でエドフのホルス神殿、コムオムボ神殿などの見所を巡ります。航行中は開放的なデッキよりゆっくりと流れるナイル川沿いの風景をお楽しみいただけます。
  • ダハビーヤ船アクアマリン号

  • 開放的なルーフデッキ

  • 船上からナイルの眺めをゆっくりと楽しむ

  • 客室の一例

  • ホルス神が描かれた塔門(コムオムボ神殿)

アフリカ最大のデルタ地帯 アレキサンドリア

アレクサンダー大王が自らの名を冠して建設した都市の第1号であるアレキサンドリア。「地中海の真珠」とも呼ばれ、ナイル川が地中海に注ぐ広大なデルタ地帯の中心都市です。ヘレニズム時代に世界最大を誇った図書館を復活させたアレキサンドリア図書館、グレコローマン時代や近代コプト教などの展示品が並ぶ国立博物館、3世紀に造られたポンペイの柱、世界の七不思議の一つに数えられる巨大なファロス島の灯台跡に造られたカーイトゥベーイ要塞など多くのみどころを訪れます。地中海沿いの町ならではの新鮮なシーフード料理も楽しみのひとつです。
  • アレキサンドリアの街を一望するカーイトゥベーイ要塞

  • ポンペイの柱

  • 新鮮な海の幸を味わう

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 17:30発 空路、アラブ首長国連邦のアブダビへ。
機中泊
2 アブダビ
アブダビ
カイロ
カイロ
ルクソール
00:35着
03:10発
05:20着
午前発
昼着
アブダビ着後、航空機を乗り換えてエジプトのカイロへ。着後、国内線にてルクソールへ。午後、カルナック神殿を見学。夜はライトアップされたルクソール神殿を見学します。昼食はモロヘイヤスープをご賞味ください。
ルクソール:シュタイケンベルガー泊
3 ルクソール
(デンデラ・アビドス)
  終日、ルクソール郊外の遺跡デンデラアビドスを訪問します。その後、ダハビーヤ船・アクアマリン号に乗船。夜は船上にてベリーダンス鑑賞をお楽しみください。船はルクソールに停泊します。
■ここがポイント!
○デンデラのハトホル神殿(クレオパトラのレリーフ、電球のようなものが描かれていると話題になったレリーフ)
○アビドスのセティ1世葬祭殿(歴代王のカルトゥーシュ、ヘリコプターの様なものが描かれていると話題になったヒエログリフ)
ダハビーヤ船・アクアマリン号泊
4 (ルクソール西岸)
ルクソール
エスナ
  午前中、ナイル川西岸地域を見学ハトシェプスト女王の葬祭殿メムノンの巨像「王家の谷」「王妃の谷」ではネフェルタリの墓内部も見学します。午後、船はルクソールを出発し、エスナへ。のんびりとしたナイル川流域の風景をお楽しみください。船はエスナ近郊に停泊。
■ここがポイント!“砂漠の地下画廊”
○ハトシェプスト女王の葬祭殿
○王家の谷(ツタンカーメンの墓「開口の儀式」の壁画、ラムセス6世の墓「昼の書・夜の書」「アケルの書」の壁画)
○王妃の谷(ネフェルタリの墓)
ダハビーヤ船・アクアマリン号泊
5 エスナ
エドフ
アルラマディ島
  朝、船はエスナ門を通過。緩やかに流れるナイルの風景を楽しみながらエドフへ。午後、エドフのホルス神殿を見学します。船はアルラマディ島近郊で停泊。
ダハビーヤ船・アクアマリン号泊
6 アルラマディ島
コムオムボ
シェイク・ファディ島
  船はコムオムボへ向けて出発。着後、コムホムボ神殿を見学。船はシェイク・ファディ島を経てアスワンへ。
ダハビーヤ船・アクアマリン号泊
7 アスワン
アスワン
アブシンベル
早朝着
09:00発
12:00着
早朝、船はアスワンに到着。朝食後、アクアマリン号を下船します。専用バスにてアブシンベルへ。午後、アブシンベル大神殿小神殿を見学。夜は、アブシンベル大神殿で行われる「音と光のショー」をお楽しみください。
■ここがポイント!
○アブシンベル大神殿(ラムセス2世「カデシュの戦い」の壁画)
アブシンベル:セティファースト泊
8 アブシンベル
アスワン
アスワン
08:00発
11:00着
深夜発
専用バスにてアスワンへ。着後、アスワン観光未完のオベリスクアスワンハイダムイシス神殿ヌビア博物館)。夕食後、夜の寝台列車でカイロへと向かいます。
車中泊
9 カイロ
カイロ
アレキサンドリア
朝着
09:00発
13:00着
朝、列車はカイロに到着。専用バスにてナイル川のデルタ地帯随一の都市アレキサンドリアへ。着後、アレキサンドリア観光ポンペイの柱コム・エル・シュワハのカタコンベ国立博物館)。
アレキサンドリア:シュタイケンベルガーセシル泊
10 アレキサンドリア
アブ・ミナ
カイロ
08:00発

18:00着
朝、アレキサンドリア図書館カーイトゥベーイ要塞を見学。その後、カイロへ。途中、世界遺産アブ・ミナの聖ミナス遺跡を見学します。
※カイロではピラミッドビューのお部屋を確約。
カイロ(ギザ地区):ル・メリディアンピラミッド(ピラミッドビュー)泊
11 カイロ
(ピラミッド群)
  午前、ギザのピラミッド群を観光クフ王(内部入場)カフラー王メンカウラー王の三大ピラミッドスフィンクス太陽の船博物館三大ピラミッドを展望するビューポイント等)。午後はエジプト考古学博物館やカイロ歴史地区に残るハンハリーリバザールを見学します。
カイロ(ギザ地区):ル・メリディアンピラミッド(ピラミッドビュー)泊
12 カイロ
アブダビ
アブダビ
13:35発
18:50着
22:10発
航空機にてアブダビへ。着後、航空機を乗り換えて帰国の途に就きます。
機中泊
13 東京 12:45着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝10/昼10/夜10:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エティハド航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2018年~2019年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月06日(木) ~ 12月18日(火) 13日間 498,000円
01月17日(木) ~ 01月29日(火) 13日間 498,000円
02月14日(木) ~ 02月26日(火) 13日間 498,000円
03月07日(木) ~ 03月19日(火) 13日間 498,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は21,000円です(6月28日現在の見込み)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(17名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 75,000円(車中泊、船中泊含む)
クルーズ船の客室は10室しかないため、お取りいただけるお一人部屋に限りがあります。ご希望の方はお早めにお申込みください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) エジプト入国時に空港にて取得します。査証代実費(約25米ドル)は現地にて添乗員が集めさせていただきます。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 この時期はエジプトのベストシーズンにあたります。日中は夏服又は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますので、ジャンパーやフリースなどの防寒具もお持ちください。動きやすい服装に歩きやすい靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について

場所により現地の観光警察が同行することがあり、観光が制限されるなど日程に若干の変更が生じる場合があります。王家の谷のツタンカーメンの墓は、2018年6月現在見学が可能ですが、オリジナルの墓の見学ができなくなった場合、レプリカの墓の見学へご案内いたします。また、2018年3月頃、考古学博物館内の移転作業があり、それに伴い一部の展示物が見られない可能性があります。

旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行