古代都市テーベ(現ルクソール)・アブシンベルからフィラエ島までのヌビア遺跡・カイロ歴史地区等を訪れる旅 「エジプト古代文明への旅 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > エジプト古代文明への旅

エジプト古代文明への旅

エジプトが誇る至宝 厳選の文化遺産とアラブのエネルギーを感じる旅

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 厳選ホテル
  • 76人の歴代ファラオの名が刻まれた「歴代王のカルトゥーシュ」(セティ一世葬祭殿/アビドス)
  • ギザのピラミッド
  • 夜のアブシンベル大神殿
  • 墓室の内壁に描かれた肖像
  • 黄金のマスク:ツタンカーメンの王墓から出土した、ファラオの頭部を覆うマスク。
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

古代都市テーベ(現ルクソール)/アブシンベルからフィラエ島までのヌビア遺跡/カイロ歴史地区/メンフィスとその墓地遺跡(ギザからダハシュールのピラミッド地帯)

18名様限定・45席の大型バス利用

ツアーのポイント/ Tour Point 

●エジプト美術をじっくりと見学する特別企画

「エジプト美術は1万年を経ても変わっていないだろう。」と言ったのはギリシアの哲学者プラトン。その言葉通り、今でも各地の遺跡には色彩豊かなレリーフが数多く残っています。ルクソールの“王家の墓”をはじめ、各地に残るエジプト美術の傑作の数々をご覧いただきます。

●ネフェルタリの墓内部も見学

エジプト随一の美しさと言われるネフェルタリの墓内部の色鮮やかな壁画。ツアーでは、追加費用なしでその内部へご案内します。

●少し違った角度から見るアラブの街並み

カイロのイスラム地区では有名なハンハリーリバザールの裏路地歩きへご案内します。通常のツアーでは訪れない庶民の暮らしを垣間見ることができます。

●ウナス王のピラミッド内部もご案内

サッカラに残るウナス王のピラミッドの内部公開が2016年に再開。第5王朝最後の王ウナスは、ピラミッド内の石室の壁にピラミッドテキストと呼ばれる碑文を刻んだ最初のファラオです。ヒエログリフや天井の星模様が、保存状態良く残っている内部にご案内します。

エジプトを訪れるなら必ず押さえておきたい!
厳選のエジプト美術を各地で鑑賞

  • 王家の谷【ルクソール】

    ラムセス6世の墓
    「昼の書、夜の書、アケルの書」
    玄室には「冥界の書」のひとつとされる「アケルの書」が描かれています。太陽が大地を通り、次の朝に再生するまでの出来事を描いたもので、天井には同じく「冥界の書」の「昼の書、夜の書」が描かれています。
  • 職人の町【ルクソール】

    センネジェムの墓
    「理想郷の図」
    周囲を運河に囲まれ、ナツメヤシやシュロ、イチジクが育つ土地で暮らす様子が描かれた壁画。農業国であるエジプトでは死後の理想郷はこの様な作物が豊かに実る地であったとされています。
  • ハトホル神殿【デンデラ】

    デンデラの電球
    神殿の地下室には電球とフィラメントを思わせるレリーフがあり、一時は“デンデラの電球”と世の中を騒がせた事もありました。実際には電球ではなく、朝の空を表す楕円形の中に朝日を表す蛇が描かれているという説が有力です。
  • 貴族の谷【ルクソール】

    ラモーセの墓「哭き女」
    ラモーセの墓前室に残る葬列図。ソリで引かれるミイラを収めた厨子に向かって悲嘆の叫びをあげる女性の姿が描かれています。これは大声で泣いて悲しみを演出する職業の女性達を描いているとされています。
  • ハトホル神殿【デンデラ】

    クレオパトラのレリーフ
    神殿の南壁面にはクレオパトラとその息子カエサリオンのレリーフが残っています。カエサリオンは神々に香炉を捧げる姿で描かれており、ここに刻まれたカルトゥーシュがヒエログリフ解読に貢献した話は良く知られています。

色鮮やかな美しい壁画を間近で見学
ネフェルタリの墓

王家の谷の南西にあるラムセス2世の王妃・ネフェルタリの岩窟墓。内部の壁画の美しさはエジプト随一と言われています。1904年にイタリアのスキアパレッリが発見し、その後修復作業が行われましたが壁画保護の為閉鎖されていました。現在は見学者を限定して公開されています。ツアーにはネフェルタリの墓の入場料金も含まれています。
※壁画保護の観点から内部観光は10分に制限されており、内部での写真撮影は禁止されております。また、エジプト考古局により突然観光ができなくなる可能性もありますので、予めご了承ください。

墓室の内壁に描かれた肖像

憧れのホテル滞在でゆったりエジプトを巡る

シュタイゲンベルガー・ナイルパレス[ルクソール/3連泊]★★★★★
セティ・ファースト[アブシンベル]★★★★
モーヴェンピックリゾート[アスワン]★★★★★
シュタイゲンベルガー・カイロ・ピラミッド[ギザ/2連泊/ピラミッドビュー]★★★★★

ルクソールに3連泊、ギザにも2連泊するゆったり日程。エジプトの旅を快適にお過ごしいただくために、各地のホテルも5ッ星クラスやロケーションを重視して選定しています。ギザのホテルはピラミッドビューのお部屋を確約。お得に憧れのホテルへの滞在をお楽しみください。
  • ピラミッドを望むシュタイゲンベルガー・カイロ・ピラミッド(ギザ)

  • 客室の一例(アブシンベル)

  • ホテルよりナイル川を望む(アスワン)

ミイラ特別展示室も訪問!国外流出を免れたエジプトの至宝が並ぶ
エジプト考古学博物館

18世紀後半~19世紀にかけて、エジプトの発掘品の多くはヨーロッパへ流出していました。その状況を憂えたフランス人考古学者マリエットは、エジプトに博物館を作るべく発掘品を収集しました。彼のコレクションを元に作られたエジプト考古学博物館は20万点にものぼる収蔵品を誇ります。2011年のエジプト騒乱ではミイラの一部が破壊されるなど被害もありましたが、現在は営業を再開しました。ラムセス2世をはじめとする歴代ファラオのミイラが安置された、ミイラ特別展示室の入場料金もツアー代金に含まれています。
※2018年3月頃、考古学博物館内の移転作業があり、それに伴い一部の展示物が見られない可能性があります。
  • 黄金のマスク:ツタンカーメンの王墓から出土した、ファラオの頭部を覆うマスク。

  • ツタンカーメンの玉座:儀式の際にファラオが使用したとされる椅子。あずまやで憩うファラオ夫妻や太陽、羽根などの模様が細かく描かれています。

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 17:05発 空路、東京よりアラブ首長国連邦のアブダビへ。
機中泊
2 アブダビ
アブダビ
カイロ
カイロ
ルクソール
00:25着
03:10発
05:15着
午前発
アブダビ着後、航空機を乗り換えて、エジプトのカイロへ。着後、午前の国内線にてルクソールへ。午後、カルナック神殿を見学。昼食はモロヘイヤスープをご賞味ください。
ルクソール:シュタイゲンベルガー・ナイルパレス泊
3 ルクソール
(ナイル川西岸)
  終日、ナイル川西岸地域を見学「王家の谷」「王妃の谷」をはじめ、エジプトが誇る壁画が残された墳墓群、葬祭殿を巡ります。王妃の谷ではネフェルタリの墓内部も見学します。
■ここがポイント!“砂漠の地下画廊”
○ハトシェプスト女王の葬祭殿
○メディネット・ハブ(ラムセス3世葬祭殿)
○王家の谷(ツタンカーメンの墓「開口の儀式」の壁画、ラムセス6世の墓「昼の書・夜の書」「アケルの書」の壁画)
○王妃の谷(ネフェルタリの墓)
○貴族の谷(宰相ラモーセの墓「哭き女」の壁画)
○職人の町(センネジェムの墓「当時の暮らしと理想郷の図」、インヘルカウの墓「邪神を切る太陽神の化身の猫の壁画」)
夜はライトアップされたルクソール神殿を見学します。
ルクソール:シュタイゲンベルガー・ナイルパレス泊
4 ルクソール
(デンデラ)
(アビドス)
  終日、ルクソール郊外の遺跡デンデラアビドスを訪問します。
■ここがポイント!
○デンデラのハトホル神殿(クレオパトラのレリーフ、電球のようなものが描かれていると話題になったレリーフ)
○アビドスのセティ1世葬祭殿(歴代王のカルトゥーシュ、ヘリコプターの様なものが描かれていると話題になったヒエログリフ)
ルクソール:シュタイゲンベルガー・ナイルパレス泊
5 ルクソール
アスワン
アブシンベル
06:00発

17:30着
専用バスにてアスワンへ。着後、アスワン観光未完のオベリスクアスワンハイダム等)。その後、アブシンベルへ。
夜は、アブシンベル大神殿で行われる「音と光のショー」をお楽しみください。
アブシンベル:セティ・ファースト泊
6 アブシンベル
アスワン
10:00発
13:30着
朝、アブシンベル大神殿小神殿を見学します。その後、専用バスにてアスワンへ戻ります。着後、フィラエ島のイシス神殿を見学。夕方、ファルーカ舟でのナイル川の遊覧をお楽しみください。
■ここがポイント!
○アブシンベル大神殿(ラムセス2世「カデシュの戦い」の壁画)
アスワン:モーヴェンピックリゾート泊
7 アスワン
カイロ(ギザ)
(カイロ旧市街)
(サッカラ)
(ダハシュール)

朝発

航空機にて、カイロへ。午前中、サッカラの階段ピラミッド、ダハシュールの屈折ピラミッド赤のピラミッドを見学。サッカラではメレルカのマスタバとウナス王のピラミッド内部を見学します。午後は、活気あふれるハンハリーリバザールへ。路地裏を歩き、アラブの町の裏側を覗きます。世界遺産のカイロ・イスラム地区の散策をお楽しみください。
ギザ:シュタイゲンベルガー・カイロ・ピラミッド(ピラミッドビュー)泊
8 カイロ(ギザ)
(ピラミッド群)
  午前、ギザのピラミッド群を観光(クフ王(内部入場)カフラー王メンカウラー王の三大ピラミッドスフィンクス太陽の船博物館三大ピラミッドを展望するビューポイント等)。午後、エジプト考古学博物館を見学。エジプトの誇る壮大なコレクションをご覧ください。
■ここがポイント!
○ツタンカーメンの黄金マスク、黄金逗子、玉座
○ミイラ特別展示室
ギザ:シュタイゲンベルガー・カイロ・ピラミッド(ピラミッドビュー)泊
9 カイロ
アブダビ
アブダビ
13:30発
19:00着
22:10発
航空機にてアブダビへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 13:05着 着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:エティハド航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

出発日と料金/ Price  

2017年~2018年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
11月15日(水) ~ 11月24日(金) 10日間 338,000円
12月06日(水) ~ 12月15日(金) 10日間 338,000円
02月07日(水) ~ 02月16日(金) 10日間 338,000円
02月21日(水) ~ 03月02日(金) 10日間 338,000円
03月07日(水) ~ 03月16日(金) 10日間 348,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は12,000円です(7月7日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 10名(18名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 49,000円
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:日本各地からの国内線割引がございます。詳細はお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) エジプト入国時に空港にて取得します。査証代実費(約25米ドル)は現地にて添乗員が集めさせていただきます。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 この時期はエジプトのベストシーズンにあたります。日中は夏服又は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますので、ジャンパーやフリースなどの防寒具もお持ちください。動きやすい服装に歩きやすい靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 場所により現地の観光警察が同行することがあり、観光が制限されるなど日程に若干の変更が生じる場合があります。王家の谷のツタンカーメンの墓は、2017年7月現在見学が可能ですが、オリジナルの墓の見学ができなくなった場合、レプリカの墓の見学へご案内いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行