アルジェのカスバ等を訪れる旅 「グランド・エルグ・オキシデンタル周遊」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > アフリカ方面 > グランド・エルグ・オキシデンタル周遊

グランド・エルグ・オキシデンタル周遊

アトラスを越えて美しきオアシスへ

地中海岸のオランから、アトラス山脈の古都トレムセンを抜け、大砂丘広がるグランド・エルグ・オキシデンタルへ

  • 世界遺産
  • 遺跡・史跡
  • 大自然
  • ナツメヤシが茂るオアシスの伝統的集落・クサール
  • グランド・エルグ・オキシデンタルの大砂丘
  • マンスーラのミナレット(トレムセン)
  • 地中海を望むオランの街並み
  • ティミムーンの伝統的な建築
  • かつてユダヤ人が住んだ集落
  • ベニ・アッドの洞窟(トレムセン)
  • ザイヤーン朝時代の宮殿(トレムセン)
  • 砂漠でのテント泊
  • このツアーの地図を見る
  • アフリカの旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

アルジェのカスバ

6名様から催行、15名様限定

四輪駆動車は1台につきお客様3名様まで

長距離のドライブもできるだけ快適さを確保しております。

テントはお一人に一張りずつご提供

全員の方に快適な1人用テントをご用意しております。

ツアーのポイント/ Tour Point 

●地中海岸からグランド・エルグ・オキシデンタルまでアルジェリアを縦断

アルジェリア第二の都市オランからアトラスを越え、オアシスの点在するグランド・エルグ・オキシデンタルへと至る12日間。
紺碧の地中海から、緑多きアトラスを越え、大砂丘へと移りゆくアルジェリアの大地を行きます。
アルジェリアへ一度行かれた方でも、さらにアルジェリアの魅力をお楽しみいただけるツアーです。

●古都トレムセンに連泊

ザイヤーン朝の首都であった古都トレムセンに連泊。ザイヤーン朝ゆかりの史跡をはじめ、鍾乳石の広がるベニ・アッドの洞窟など、
時間をかけて見学します。また、アルジェリア第二の都市オランも訪問。地中海に面した町に残る史跡を訪ねます。

●広大なグランド・エルグ・オキシデンタルにてテント泊

大砂丘広がるグランド・エルグ・オキシデンタルでは、2泊のテント泊。巨大な砂丘が連なる風景や夜の星空など、砂漠テント泊ならではの魅力をお楽しみください。また、点在するオアシスを訪ね、穀物倉庫やモスクなどの残る伝統的な街並みの中を散策します。

サハラに点在するオアシスでの営み

アトラス山脈の南から、タダラート台地にかけて広がるグランド・エルグ・オキシデンタル。東部に広がるグランド・エルグ・オリエンタルと並び、アルジェリアの二大砂漠と言われています。広大な面積の中に砂丘地帯が広がり、砂漠の縁を囲むようにオアシスの集落が点在しています。ツアーでは、タギット、ベニ・アッバス、ティミムーン、エル・ゴレアと、グランド・エルグ・オキシデンタルの縁を反時計回りに回ります。
オアシスの集落はクサールと呼ばれ、モスクのミナレットが聳え、集落のほか日干し煉瓦や石で作られた穀物倉庫などが残ります。また、クサールの郊外には、豊富な地下水を利用したナツメヤシの農園が広がり、広大な面積の農園に水を巡らせる独自の灌漑施設も発達しています。茶色の建物や砂の風景のなかに、青々と茂ったナツメヤシの林が広がる風景は圧巻です。
ツアーでは、グランド・エルグ・オリエンタルの大砂丘をお楽しみいただくほか、オアシスにて、砂漠に生きる人々の生活・風習を垣間見ます。
  • 日干し煉瓦の塀が並ぶ

  • 農園に水を巡らせる水路

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京/大阪 空路、東京・大阪よりそれぞれカタールの首都ドーハへ。
※添乗員は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドーハにて合流します。
機中泊
2 ドーハ
アルジェ
オラン
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、アルジェリアの首都アルジェへ。着後、市内観光(世界遺産に登録されている旧市街のカスバ独立の殉教者記念塔等)。その後、航空機にて、アルジェリア西部の都市オランへ。 オラン泊
3 オラン
トレムセン
朝、オラン市内観光(地中海を望むサンタクルーズ要塞の残る丘オスマン時代のベイ(総督)の宮殿旧市街等)。午後、専用車にて、14世紀に栄えたザイヤーン朝の首都トレムセンへ。 トレムセン泊
4 トレムセン 終日、トレムセン観光旧市街シディ・ブーメディアモスクマンスーラのミナレットベニ・アッドの洞窟等)。モロッコ国境に近く、中世の建物の残る古都の散策をお楽しみください。 トレムセン泊
5 トレムセン
ティオウト
アイン・セフラ
専用車にて、アトラス山脈に近いアイン・セフラへ。途中、ティオウトのオアシスを訪ね、伝統的なクサールや近郊に残る古代の岩絵を見学。 アイン・セフラ泊
6 アイン・セフラ
タギット
四輪駆動車にて南下し、グランド・エルグ・オキシデンタルに入りタギットへ。着後、グランド・エルグ・オキシデンタルの大砂丘をお楽しみください。
夕食は、伝統的な遊牧民のテントでお召し上がりください。
テント泊
7 グランド・エルグ・オキシデンタル 午前中、タギットの伝統的集落クサールの散策。その後、専用車にてグランド・エルグ・オキシデンタルに入り、大砂丘をお楽しみください。夜は、満天の星空のもと、大砂丘にてテント泊 テント泊
8 グランド・エルグ・オキシデンタル
ベニ・アッバス
ティミムーン
専用車にて、さらに南下し、グランド・エルグ・オキシデンタル南端のオアシスの町・ティミムーンへ。途中、ベニ・アッバスのオアシスを訪ねます。 ティミムーン泊
9 ティミムーン 終日、ティミムーンのオアシスを散策。広大なナツメヤシ農園に張り巡らされた独自の灌漑施設を見学。また夕方、郊外の砂丘を訪れます。 ティミムーン泊
10 ティミムーン
エル・ゴレア
ガルダイア
専用車にて、エル・ゴレアへ。着後、エル・ゴレアの要塞跡を見学。要塞からは、眼下に広がる広大なナツメヤシ農園の絶景が広がります。その後、ムザブ族が築いたオアシス都市ガルダイアへ。 ガルダイア泊
11 ガルダイア
アルジェ
ドーハ
朝の航空機にて、アルジェへ戻ります。着後、航空機を乗り換えてドーハへ。 機中泊
12 ドーハ
東京/大阪
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼8/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※12/23発コースは、日本/ドーハ間の往復にアジア内都市での乗り換え便を利用することがあります。その場合、観光内容は変わりませんが、東京・大阪の発着時刻が変わります。

出発日と料金/ Price  

2013年~2014年 出発日~帰国日 日数 東京・大阪発着 催行状況
11月11日(月) ~ 11月22日(金) 12日間 398,000円
12月23日(月) ~ 01月03日(金) 12日間 458,000円
03月03日(月) ~ 03月14日(金) 12日間 398,000円
  • ※ 海外での空港税は全て旅費に含まれます。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は32,000円です(7月9日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 6名(15名様限定)<添乗員同行>
お一人部屋使用料 42,000円
日本の国内線割引は:福岡/大阪間は片道11,000円の追加で別途手配いたします(カタール航空の指定便に限る)。その他の地方からの国内線割引についてはお問い合わせください。
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) アルジェリア(3,600円)、代行手数料(4,200円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月半、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 オラン、トレムセン等の北部は冬服が基本となります。砂漠では寒暖の差が非常に大きく、日中は25~30℃まで気温が上がりますが、日没後は5~10℃まで下がります。長袖を基本に、朝晩の冷え込みに備えてダウンジャケットなどの十分な防寒具もお持ちください。オアシスの散策のために、動きやすい服装に、履き慣れた靴でご参加ください。スカーフやサングラス、帽子等も必携です
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
アルジェリアの観光について アルジェアは観光客への設備・サービスが整った国ではありません。また、2013年7月現在、アルジェリアの全ての遺跡でのビデオ撮影が禁止されています。写真撮影も制限される場合がありますが、流動的ですので、現地にて添乗員よりご案内いたします。
宿泊について ティミムーンのオーベルジュは部屋数に限りがあるため、お一人部屋をお取りできなかったり、三人以上のお部屋になることがあります。そのような場合は、変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。また、キャンプ泊では寝袋(三季用又は冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
荷物について 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下のもの、または布製のカバンやザック、小型のソフトキャリーケースでご参加ください。

【アルジェリアの危険情報について】

2013年7月現在、今回訪れるアルジェリアの一部地域には「渡航の延期をお勧めします。」という外務省の危険情報が発出されています。弊社では2012年11月より問題なくツアーを催行し、常に現地と連絡を取り合い安全確認に務めております。但し、場所により警官の検問やパトカーの同行で観光が制限されたり、情勢によっては日程に変更が生じることがあります。
仮予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行