キリマンジャロ国立公園等を訪れる旅 「ゆったりキリマンジャロ(5,895m)登頂」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > ツアーを探す > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > ゆったりキリマンジャロ(5,895m)登頂

ゆったりキリマンジャロ(5,895m)登頂

登頂したい海外の山として人気の高い、アフリカ大陸最高峰へ

  • 世界遺産
  • 大自然
  • 登頂
  • トレッキング
  • 動物
  • 群生するジャイアントセネシオとキボ峰(5,895m)
  • キリンに遭遇
  • プロテア
  • ジャイアント・ロベリア
  • 山頂付近から望むディケン氷河とメルー山
  • 予約希望・お問い合わせ
  • パンフレット請求
  • ツアーレポート
  • このツアーの地図を見る
  • キリマンジャロ登頂
  • 世界の山旅
ココに注目!

訪問する世界遺産

キリマンジャロ国立公園

ツアーのポイント/ Tour Point 

●高度順応に配慮したゆとりあるコース内容

通常5日間の登山日程に往路で1日加え、ホロンボハットにて2連泊。ゆっくりと体を慣らし、高度順応に配慮。確実に登頂を目指す日程です。

●"ポレポレ"(スワヒリ語でゆっくり)のペースで歩く

「ゆっくり歩くこと」。これが西遊旅行の添乗員同行ツアー登頂率の高さの秘訣です。また、頂上アタック日は深夜1~2時頃に出発するグループが多い中、日付も変わらぬ23時頃に出発することで、ゆっくりと確実に登頂できます。

●アルーシャ国立公園でウォーキングサファリ

登山の後は、アルーシャ国立公園内のサバンナをウォーキングサファリで満喫。レンジャー同行で動物に間近まで迫ります。キリンやバッファローなど大型の野生動物の観察でアフリカの大自然にふれることができます。

憧れのキリマンジャロ登頂

アフリカ最高峰キリマンジャロ(5,895m)

キリマンジャロは、アフリカ最高峰であり7大陸最高峰のひとつで、東西約50km 南北30kmに広がった成層火山です。西からシラ峰(3,962m)キボ峰(5,895m)マウェンジ峰(5,149m)の3つから成り、南東部には巨大なカルデラがあります。中央にあるキボ峰が最高峰で頂上はスワヒリ語で『独立、自由』を意味するウフルと呼ばれており、1961年の独立を記念して命名されました。また赤道付近にもかかわらず、山頂付近では一年中太陽に輝く氷河をご覧いただけます。
  • 山頂ウフル・ピークにて

  • ステラ・ポイントから望むご来光


万全のサポート体制

万全の体制で登頂を目指すため高度順応に配慮し、標高3,720mのホロンボハットに2連泊します。また専属のコックが皆様の食事面をサポートします。朝はおかゆをご準備し、夜も日本人のお客様のお口に合う料理をご用意いたしますので、体調を整えながらの登山が可能です。登頂日はご希望の方にはプライベートポーターが登頂をサポート(50USドル程度)。荷物を運ぶだけでなく登頂のアシストもしてくれるため、体への負担を極力抑え、登山に集中することができます。
  • キボ峰を望むホロンボハットに2連泊

  • フレンドリーなスタッフ

  • 食事の一例

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 時刻 スケジュール
1 東京 22:20発 空路、カタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
キリマンジャロ空港
キリマンジャロ空港
モシ
04:15着
07:30発
15:25着
約1時間
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、タンザニアのキリマンジャロ空港へ。着後、専用車にてモシのホテルへ。
モシ泊
3 モシ
マラングゲート
マラングゲート
マンダラハット
07:30発
09:00着
約4時間
専用車にて、登山口のマラングゲート(1,820m)へ。
●キリマンジャロ登山(約4時間)
ガイド、ポーターと合流して登山開始。ゆるやかな樹林帯の道をマンダラハット(2,730m)へ。
マンダラハット:山小屋泊
4 マンダラハット
ホロンボハット
約6時間 ●キリマンジャロ登山(約6時間)
キボ峰、マウェンジ峰を眺めながら、草原帯の中をホロンボハット(3,720m)へ。
ホロンボハット:山小屋泊
5 ホロンボハット
(高度順応日)
  終日、高度順応のため滞在。ご希望の方は、マウェンジ峰方面のゼブラロック(4,150m)へのハイキングへご案内いたします。
ホロンボハット:山小屋泊
6 ホロンボハット
キボハット
約6時間 ●キリマンジャロ登山(約6時間)
草原帯から砂礫の道をゆっくり歩き、キボハット(4,703m)へ。
キボハット:山小屋泊
7 キボハット
キリマンジャロ登頂
ホロンボハット
12~14時間 ●キリマンジャロ登頂(12~14時間)
前日の深夜にキボハットを出発し、登山開始。ヘッドランプの明かりを頼りにつづら折りの道を登り、岩場を抜けてギルマンズ・ポイント(5,681m)に登頂。その後、さらに奥の山頂ウフル・ピーク(5,895m)に登頂します。その後、キボハットでの昼食・休憩後、ホロンボハットまで下山。
ホロンボハット:山小屋泊
8 ホロンボハット
マラングゲート
モシ

約7時間


16:00着

●下山(約7時間)
ホロンボハットよりマラングゲートへ下山。登頂者には登頂証明書が発行されます。その後、専用車にてモシへ。
モシ泊
9 モシ
アルーシャ国立公園
キリマンジャロ空港
キリマンジャロ空港
ドーハ

07:00発


12:30着
15:20発
22:35着

専用車にてアルーシャ国立公園へ。午前中、美しい山容のメルー山の麓、アルーシャ国立公園でのウォーキングサファリをお楽しみいただきます。その後、キリマンジャロ空港へ。着後、航空機にてドーハへ。
機中泊
10 ドーハ
東京
01:50発
17:55着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:カタール航空、エチオピア航空
  • ※詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • ※上記はカタール航空利用の日程です。エチオピア航空利用の場合は乗換地がアディスアベバとなり、国際線の発着時間が異なります。

出発日と料金/ Price  

2016年~2017年 出発日~帰国日 日数 東京発着 催行状況
12月24日(土) ~ 01月02日(月)
年末年始コース
10日間 578,000円
12月25日(日) ~ 01月03日(火)
年末年始コース
10日間 578,000円
01月27日(金) ~ 02月05日(日) 10日間 478,000円
02月24日(金) ~ 03月05日(日) 10日間 478,000円
03月17日(金) ~ 03月26日(日)
1万円値下げ
10日間 488,000円
498,000円
03月24日(金) ~ 04月02日(日)
1万円値下げ
10日間 488,000円
498,000円
  • ※ 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • ※ 別途、航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)が必要となります。目安料金は0円~16,300円です(7月8日現在)。原油価格の変動により変更することがあります。燃油サーチャージのご案内はこちら
最少催行人員 8名(15名様限定) <添乗員同行>
お一人部屋使用料 15,000円(山小屋泊除く)
特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
日本の国内線割引:日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
プライベートポーター:50USドル程度(山頂アタック時のみ、15kg以内、現地払い)
催行状況アイコンについて

催行状況アイコンのご説明

  • 募集中のツアーです。
  • 募集中のツアーで、催行可能な最少人数まで、間もない状態です。
  • ツアー催行が決定し、確実にご参加いただける状態です。
  • ツアー催行が決定し、残席が少なくなっている状態です。
  • ツアー催行が決定し、満席間近のため、空席状況を確認してからご案内できる状態です。
  • ツアーが満席となり、キャンセル待ちでの受付のみ可能な状態です。
  • 締切になったツアーです。次回のツアーにご参加ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 登頂日は、6,000mへと迫る高所を長時間かけて歩くため、十分な体力と高所経験が必要です。
高度 最高宿泊高度は4,703m、最高到達地点は5,895mです。ホロンボハットにて、高度順応日を設けていますが、高山病の影響が十分に予想されています。
宿泊 山小屋5泊 登山中は、山小屋泊になります。お部屋は4~12名様の男女相部屋が基本となります。寝袋(冬用)が必要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、マラングにてバッグに詰め替えます。5泊6日分の荷物が入るバッグをご用意ください。ポーターは7Kgまでお運びします。

ご案内とご注意/ Information

査証(ビザ) タンザニア(6,000円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 赤道直下に位置しているため、年間を通じて気候の変化はあまりありません。登山中の5,000m以上の高所では、朝晩はマイナス5℃からマイナス15℃近くまで冷え込みます。日本の冬山を想定してご準備ください。ルートはよく整備されていますので、アイゼンやピッケルは必要ありません。平地では夏服で過ごせます。靴は防水の利いたトレッキングシューズか軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が十分予想されるコースです。ご参加の方全員に健康診断書のご提出、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯加圧装置を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
登山について 登頂には特別な技術は必要なく、ポーターが同行するので身軽な格好で歩くことができます。ただし、登頂日は6,000mへと迫る高所を長時間かけて歩くため、十分な体力と高所経験が必要です。
観光について アルーシャ国立公園でのウォーキングサファリは、悪天候の場合は中止させていただく場合がございます。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
宿泊について 登山中の山小屋泊では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社にて有料(5,000円)で貸し出しいたします。また、お部屋は4~12名様の男女相部屋になりますのでご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
予約希望・お問い合わせ
お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行