ゴロカ等を訪れる旅 「パプア・ニューギニア・ゴロカ滞在5日間 ~不思議なハイランド地帯の旅~」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 個人旅行・海外航空券 > 東南アジア・オセアニア方面 > パプア・ニューギニア・ゴロカ滞在5日間 ~不思議なハイランド地帯の旅~

パプア・ニューギニア・ゴロカ滞在5日間 
~不思議なハイランド地帯の旅~

2016年7月から水曜日の便が運航再開!これで念願の5日間コースが復活しました。

ニューギニア航空の直行便を利用し独特の文化が息づく民族の宝庫"南太平洋最後の楽園"へ!
ゴーストダンスやマッドマンダンス、一風変わった舞踊「シンシン」をたっぷり鑑賞!名物料理ムームーランチもお試しください。

  • 大自然
  • ハイキング
  • 民族
  • 文化体験
  • 伝統料理
  • アサロ渓谷のマッドマン・ダンス
  • 緑豊かなハイランド地方
  • ネイチャー・ウォークでは様々な動植物の観察をお楽しみいただけます
  • パプアニューギニアの子供たち
  • グルポカ村のゴーストダンス(モコモコダンス)
  • バナナの葉を使った蒸し料理「ムームーランチ」
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
ココに注目!

わずか6時間50分で"南太平洋最後の楽園"パプアニューギニアへ!

直行便のニューギニア航空を利用。わずか6時間50分でパプアニューギニアへ!

ツアーのポイント/ Tour Point 

●ゴロカでの民族舞踊シンシンを見学

パプアニューギニアのハイランド地方の中心地ゴロカ。周辺には様々な民族が暮らす「民族の宝庫」です。
ゴーストダンス(モコモコダンス)やマッドマンダンスなど、他では見ることができない一風変わった民族舞踊シンシンをお楽しみください。

●ゴロカコーヒーの工場を見学

ゴロカ周辺のハイランド地方は標高1,600メートル、夏でも涼しく、世界的にも有名な良質なコーヒーの産地です。
世界的にも有名な「ゴロカコーヒー」の工場も訪れます。

●ゴロカの、高原野菜やフルーツ、ゴロカ名物のバッグ「ビルム」などで知られる市場を見学

首都ポートモレスビーとは気候が全く違うハイランド地方のゴロカ。夏でも涼しく過ごしやすい気候。
この高原地帯で育った高原野菜やフルーツが並ぶ市場も見所の一つ。
パプア名物の色鮮やかな織物のバッグ「ビルム」はゴロカ名物。お土産に最適です。

独特のダンス「シンシン」を楽しむ

パプアニューギニアは、多民族国家。800以上もの部族が暮らすといわれており、地域や村によって風習や風土が全く異なります。
訪れる各地の独特のダンス「シンシン」をたっぷりご覧ください。

西遊旅行キャラバンデスク 担当者の声

パプアニューギニアのイメージといえば、熱帯雨林の未開の地、戦争の爪痕が残っているという域を超えないのではないでしょうか。
しかし、実際に訪れた感想をひとことで表現すると、石器時代の人類が原色の服に身を包み、携帯電話を手に山、海、街に現れるという時代のギャップを感じながらの旅を楽しめる場所です。服装に限らず、マーケットではカラフルな野菜や果物が並びます。ビルムと呼ばれる手編みのかばんも鮮やかな色合いが魅力です。ハイランド(高原地帯)では、いまもなお昔からの伝統を守る人々が暮らしており、800以上の部族がそれぞれの歴史や信仰を表現するシンシンと呼ばれるダンスを持っています。我々旅行者もその一部を見学することができます。あわせて南太平洋の青く輝く海には、サンゴ礁が広がり、空中でスピンするハシナガイルカも見られます。食事は、調味料を一切使わない郷土料理から、肉、魚、野菜、果物なども十分に楽しめます。ゴロカで栽培されるコーヒーは、1930年代にジャマイカから苗木を持ってきたというブルーマウンテン。香り高く繊細かつ深みのある味わいは本場のブルーマウンテンに引けを取らないもの。お土産には最適です。面白おかしく毎日を過ごすことができる国です。
(キャラバンデスク担当:若井)

  • 2016年11月、視察に訪れたアサロ渓谷の村にて(中央が私です)

    2016年11月、視察に訪れたアサロ渓谷の村にて(中央が私です)

  • 香り高いゴロカコーヒーは本当におすすめです

    香り高いゴロカコーヒーは本当におすすめです

日程表/ Schedule

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京 空路、ニューギニア航空直行便にて、ポートモレスビーへ
食事 朝:- 昼:- 夜:-
機中泊
2 ポートモレスビー
ゴロカ
早朝ポートモレスビー着。着後、混乗車にてゲートウェイズホテルに向かい、朝食をとります。 その後、国内線にてハイランド地方の中心地ゴロカへ。 着後、ホテルにて休憩し、風光明媚なダウロ峠を目指します。標高2,476mの頂上からは360度のパノラマが広がります。その後、アサロ渓谷の村へ。泥で作られたお面を被った戦闘のダンス・ゴロカ名物のマッドマン・ダンス、火おこしの儀式の観賞をお楽しみください。また、バナナの葉を使ってイモ類やとうもろこしなどを蒸したムームーランチもご賞味ください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-
ゴロカ泊
3 ゴロカ 午前中、グルポカ山の麓の村へ。ジャガイモ、サツマイモ、タロイモなどが植えられた村の畑を抜けグルポカ山へハイキング(往復約1時間半)。山頂にはかつて儀式が行われた洞窟があります。ここは第二次世界大戦時、日本軍の戦闘機を迎え撃った連合軍のマシンガンポイントでもありました。山頂からは絶好の眺めが望めます。その後、村の麓にてゴーストダンス(モコモコダンス)鑑賞。非常にユニークなダンスで、笑いをこらえられません。ぜひ現地で生でご鑑賞ください。最高のダンスです。その後、ゴロカ市内に戻り市内観光(野菜やフルーツが並ぶ市場、パプアニューギニア各地の名物を展示したマッカーシー博物館ゴロカコーヒー焙煎工場国立ゴロカ大学ラウンラウンシアター等)。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-
ゴロカ泊
4 ゴロカ 午前中、美しい滝のある大自然の村・カベベ村へ。 美しい滝を目指しネイチャーウオークをお楽しみください(往復約3時間)。熱帯特有の独特の動植物を見ることができます。昼食は、ローカルランチをお楽しみいただきます。デザートは果物でいっぱいです。午後、ホテルに戻り自由行動
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-
ゴロカ泊
5 ゴロカ
ポートモレスビー
東京
朝、ゴロカのマーケットや有名なビルムマーケットに立ち寄り、空港へ。空路、ポートモレスビーにて航空機を乗り継ぎ、帰国の途へ。
食事 朝:○ 昼:- 夜:-
 
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝4/昼3/夜0:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:ニューギニア航空
  • ※最少催行人員:1名
  • ※添乗員は同行しませんが、日程表記載の現地係員がご案内いたします。
  • ※特に日程表に記載がない限り、各地のホテルチェックインは午後から、チェックアウトは午前中となります。

利用予定ホテル/ Hotel


※バード・オブ・パラダイス 客室の一例

ゴロカ バード・オブ・パラダイス、パシフィック・ガーデン
  • ※上記以外の宿泊施設や、ホテル指定、延泊等をご希望の方はご相談ください。

出発日と料金/ Price

2017年10月~2018年4月 出発日
【毎週土曜出発】
東京発着
10月01日(日)~10月09日(月)  ー 
10月10日(火)~10月31日(火) 299,000円
11月01日(水)~12月26日(火) 289,000円
12月27日(水)~12月28日(木)
12月29日(金)~12月31日(土) 354,000円
01月01日(日)~01月31日(火) 294,000円
02月01日(水)~02月28日(火) 304,000円
03月01日(水)~03月31日(金) 294,000円
04月01日(土)~04月26日(水) 284,000円
04月27日(木)~ お問合せください
お1人部屋使用料(2名様以上でご参加の場合) 39,000円
お1人参加の場合の追加料金(お1人部屋使用料含む) 120,000円

日本の国内線割引のご案内

東京(羽田、成田)~大阪(関空、伊)間の日本航空国内線が、片道16,000円にて手配可能です。
※適用除外となる場合もございますので、その他区間とあわせてお問い合わせください。
  • ※表内の料金は、2名様で参加され、ツインルームを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • ※3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • ※国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。

料金に含まれるもの/ Include

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃:ニューギニア航空
(東京/ポートモレスビー 往復) 

国内線エコノミークラス航空運賃:ニューギニア航空
(ポートモレスビー/ゴロカ 往復)
ガイド料金 パプアニューギニア内のガイド料金。
ポートモレスビー:日本語ガイド
ゴロカ:英語ガイド
送迎費 パプアニューギニア内の混乗車料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地におけるホテルの宿泊、及び税金、サービス料。
食事料金 日程表記載の食事代(朝4/昼3/夜0 機内食除く)

料金に含まれないもの/ Not Include

査証(ビザ) 査証代実費:無料

査証取得代行手数料:8,640円
※旅券の残存有効期間は査証申請時に6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む4ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は1枚(縦5cm×横5cm)カラー写真です。

空港施設利用料 成田空港:2,610円
海外空港税諸税 ポートモレスビー空港、ゴロカ空港:約16,750円
燃油特別付加運賃

航空運賃に含まれるため不要です。

航空保険料 航空運賃に含まれるため不要です。
個人的費用 洗濯代、電話・電報代、医療費、酒、果物、その他個人的性質の費用。
ガイド・ドライバーへの
チップ
ガイド・ドライバーへのチップについては含まれておりませんので、適宜、現地にてお支払いください。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。
  • ※上記の査証取得実費、海外空港税諸税、燃油特別付加運賃、および航空保険料は、2017年10月1日現在のもので、変更となることがあります。

ご案内とご注意/ Information

観光のご注意 日程中の観光の順番や見学日は変更となることがあります。
渡航情報

2017年10月1日現在、パプアニューギニアには日本外務省から「レベル1:十分注意してください。」という危険情報が発出されております。また、上記以外にも更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。
>>外務省海外安全ホームページ

メールでのご予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行