「カラコルム パトゥンダストレッキングと桃源郷フンザを歩く」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求

ホーム > 個人旅行・海外航空券 > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > 「カラコルム パトゥンダストレッキングと桃源郷フンザを歩く」

カラコルム パトゥンダストレッキングと
桃源郷フンザを歩く

1名様から出発!パキスタン航空利用 東京発着11日間 ※大阪発着はお問い合わせください

360度フンザの名峰群に囲まれる・パトゥンダスとウルタル・メドゥを訪問

  • 大自然
  • トレッキング
  • 登頂
  • フォトジェニック
  • 展望地パトゥンダスより東側のシムシャール山脈とヒスパー・ムスターグの山々を望む
  • パスー氷河を横断してパトゥンダスへ
  • カリマバード裏手に聳えるウルタル峰
  • ウルタルを望みながらウルタル・メドゥを目指す
  • フンザの谷を見下ろす展望地ドゥイカル
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 添乗員同行ツアー
  • このツアーの地図を見る
  • パキスタンの山旅
  • パキスタンの旅
ココに注目!

パキスタンへの旅は西遊旅行にお任せください!
イスラマバード、カリマバードに連絡事務所があるのでいざという時も安心。

モデルコース以外にも、パキスタン全域に渡り手配が可能。長期旅行や取材、知人訪問、近隣諸国との組み合わせなど、ご希望に応じてアレンジいたします。どうぞお気軽にご相談下さい。 >> SAIYAH紹介ページ

参加者全員にプレゼント!

切手付き特製パキスタンポストカード3枚 + 地図
※現地にてお受け取りください

ツアーのポイント/ Tour Point 

●知られざる大展望地パトゥンダスに登頂

360度の大パノラマが展開する標高4,100mのパトゥンダスに登頂。
フンザ地方の知られざる展望地を巡り、圧巻の山岳風景を存分にご覧いただく山旅です。

●桃源郷フンザ・もうひとつの展望地ウルタル・メドゥへ

フンザの中心地・カリマバードの滞在中は、登山家・長谷川恒夫氏のお墓がある美しい牧草地のウルタル・メドゥまで往復トレッキング。
目の前にそびえるウルタル峰、ディラン等、フンザの山々を一望することができます。

●コンパクトな日程で北部パキスタンを満喫

11日間で4,000m峰を登頂とパスー氷河横断。
さらにフンザのウルタル・メドゥまでトレッキングする、北部パキスタンをコンパクトな日程で満喫できるコース内容です。
展望地パトゥンダスに立つ

展望地パトゥンダスに立つ

360度フンザの名峰群に囲まれる
展望地パトゥンダス

フンザ北部・ゴジャール地区に流れるパスー氷河とバツーラ氷河に囲まれた展望地。カラコルム・ハイウェイを少し外れたボリット湖から3泊4日の往復トレッキングで訪れます。途中、約2時間かけてパスー氷河を歩いて横断。真っ白な氷上を実際に歩くことができるのは、このコースの醍醐味です。





<展望地パトゥンダスをとりまく名峰群>

  • 南:シスパーレとパスー・ピーク

    南:シスパーレとパスー・ピーク

  • 西:バトゥーラ山群とバトゥーラ氷河

    西:バトゥーラ山群とバトゥーラ氷河

  • 南:グルミットタワーの雄姿

    南:グルミットタワーの雄姿

  • 北:トポップダンの鋭鋒群

    北:トポップダンの鋭鋒群

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京
イスラマバード
成田空港より、空路、北京経由でパキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ガイドの出迎えを受け、ホテルへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-
イスラマバードまたはラワルピンディー泊
2 イスラマバード
ギルギット/チラス
山岳フライトにて、北部山岳地帯の中心地ギルギットへ。
※天候等によりフライトキャンセルの場合は、専用車にてチラスへ向かいます。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
ギルギットまたはチラス泊
3 ギルギット/チラス
カリマバード
専用車にて、カラコルム・ハイウェイを北上し、桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
カリマバード泊
4 カリマバード
ボリット湖 
パスー・ガー
専用車にて上部フンザ・ゴジャール地区のボリット湖(2,610m)へ。
●トレッキング(約5時間)
トレッキング開始。なだらかなルートをしばらく歩くとパスー氷河が現れ、背後にはバツーラ針峰群、パスー・ピークの眺望が開けます。足元に氷河を眺めながらガレ場を登ると、キャンプ地パスー・ガー(3,210m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
5 パスー・ガー
パスー氷河
ルズドゥ
●パスー氷河横断(約4時間)
アブレーションバレー(氷河側谷)へと一旦登り、パスー氷河に降り立ち氷河横断を開始。白い氷河をゆっくりと注意深く進みます。氷河を渡り終えると、緑のキャンプ地ルズドゥ(3,660m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
6 ルズドゥ
(パトゥンダス)
●パトゥンダス登頂(往復約5時間)
ルズドゥ横の尾根をひた登り、好展望地パトゥンダス(4,100m)を登頂。天気が良ければ、バトゥーラ氷河、7,000mに迫る高峰クックサールⅠとⅡ、カンジュート・サールやトリボールなどのヒスパー山群、そしてパスー氷河とシスパーレの大展望が開けます。その後、ルズドゥへ下山。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
7 ルズドゥ
ボリット湖
カリマバード
●トレッキング(約5時間)
往路をボリット湖へ戻ります。
その後、専用車にてカリマバードへ戻ります。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
カリマバード
8 カリマバード
(ウルタル・メドゥ)
●トレッキング(約5時間)
カリマバードの集落を抜け、登山家・長谷川恒夫氏の墓標があるウルタル・メドゥ(3,270m)へ(往路約3時間)。ウルタル峰、フンザピーク、レディーフィンガーなどフンザの山々や、目の前に広がるウルタル氷河の展望をお楽しみください。その後、往路をカリマバードへと戻ります。(復路2時間)
夕方、天気が良ければドゥイカル村にて夕焼けの高峰群の展望をお楽しみください。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
カリマバード泊
9 カリマバード
ギルギット
イスラマバード
----------------
ギルギット
ベシャム
専用車にてギルッギットへ。その後、山岳フライトにて、イスラマバードへ。
着後、自由行動。
※天候等によりフライトキャンセルの場合は、専用車にてベシャムへ向かいます。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
イスラマバード又はベシャム泊
10 ベシャム
イスラマバード
専用車にてイスラマバードへ。着後、市内観光。その後、航空機にて北京経由で帰国の途につきます。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
機中泊
11 東京 着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:パキスタン航空
  • ※最少催行人員:1名
  • ※添乗員は同行しませんが、日程表記載のガイドがご案内いたします。

利用予定ホテル/ Hotel

お部屋の一例
※フンザエンバシー 客室

イスラマバード/ラワルピンディー ヒル・ビュー、ベスト・ウェスタン、ホリデー・イン
ギルギット リビエラ、PTDC、ルーパル・イン
カリマバード フンザ・エンバシー、フンザ・ビュー
チラス シャングリラ
ベシャム PTDC、コンチネンタル
  • ※上記以外の宿泊施設や、ホテル指定、延泊等をご希望の方はご相談ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 A B C D 勾配のきつい登りや、氷河上や足場の悪いルートを歩くため十分な体力が必要です。
高度 A B C D

最高宿泊高度は3,660m、最高到達地点は4,100mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。

宿泊 テント3泊 冬用の寝袋が必要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、カリマバードにて荷物を詰め替えます。
3泊4日分のハイキング中の荷物が入るバッグをご用意ください。

出発日と料金/ Price

2017年6月~9月 出発日 東京発着
06月02日(金) ~ 09月30日(土) お問い合わせください
10月01日(日) ~
お1人部屋使用料(2名様以上でご参加の場合) お問い合わせください
お1人参加の場合の追加料金(お1人部屋使用料含む) お問い合わせください
  • ※大阪発着のタイ国際航空利用プランも手配可能です。お問合せください。
  • ※上記の料金は2名様で参加され、ツインルーム、テントを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • ※3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • ※国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。

料金に含まれるもの/ Include

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
(パキスタン航空:東京(成田)/イスラマバード往復)
国内線エコノミークラス
(パキスタン航空:イスラマバード/ギルギット往復)
※日程2日目および9日目のイスラマバード/ギルギット間の国内線がフライトキャンセルとなった場合、代替交通手段としてチラスまでの専用車を手配いたします。航空券代の払い戻しはありませんので予めご了承ください。
ガイド料金 パキスタン内のガイド料金。
送迎費 日程表記載の専用車、およびドライバー料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地におけるホテル、テントの宿泊、及び税金、サービス料。
(ただし、上記料金はお二人部屋を2名様で利用した場合の料金です。ホテルについては、下記の利用予定ホテルリストをご確認下さい。)
登山・トレッキング費用 山岳ガイド、ポーター、コック
※ポーターはおひとり様につき最大15キロまでの荷物をお持ちします
食事料金 日程表記載の食事代(朝9/昼9/夜9 機内食除く)

料金に含まれないもの/ Not Include

査証(ビザ) 査証代実費:100円
査証取得代行手数料:7,560円
※旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む2ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は2枚(縦4.5cm×横3.5cm)です。
空港施設利用料 成田空港:2,610円
海外空港税諸税 パキスタン国際線および国内線:9,500円
燃油特別付加運賃

(パキスタン航空は2017年3月現在、徴収しておりません)

航空保険料 (パキスタン航空は2017年3月現在、徴収しておりません)
個人的費用 洗濯代、電話・電報代、医療費、酒、果物、その他個人的性質の費用
ガイド・ドライバーへの
チップ
日程表記載のガイド、ドライバーへのチップは含まれておりません。
※トレッキング中のスタッフ(コック、ポーター)へのチップは全て含まれています。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。
寝袋の貸し出し 有料レンタルも承っております(5,000円)
  • ※上記の査証取得実費、海外空港税諸税、燃油特別付加運賃、および航空保険料は、2017年3月現在のもので、変更となることがあります。

ご案内とご注意/ Information

気候と服装について トレッキング中は長袖シャツ程度で過ごせますが、キャンプ地での朝晩は冷え込み0℃近くまで下がるので、フリースやジャンパー等の十分な防寒具をお持ちください。日中は日差しが強く照り返しがきついので、帽子やサングラス、日焼け止めもお持ちください。靴はトレッキングシューズをご用意ください。平地では夏服で過ごせます。アイゼンやピッケルは必要ありません。
トレッキングについて 氷河やモレーン上の足場の悪いルートを歩き、勾配のややきつい箇所を登る健脚の方向けのコースです。特別な登山技術は必要ありませんが、普段から山歩きされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。また、トレイルやキャンプ地の状況、天候などにより、ルートや日程を変更させていただくことがあります。
高山病のご注意 徐々に高度を上げますが、最高宿泊高度は3,660m、最高到達地点は4,100mですので、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。ご参加の方全員に健康診断書のご提出、および疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。ご希望の方にはパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、ガモフバッグの貸し出し(有料)も可能です。
高山病についてのご注意と取り組み
荷物について ハイキング中は、ポーターがお1人様につき15キロまでの荷物を運びます。カメラ・ポーターなど、ご自身専用にポーターが必要な場合には別途手配させていただきます。
パキスタンの国内線について イスラマバード/ギルギット間は山岳フライトとなり、この区間は天候が急変しやすく、悪天候の場合はフライトキャンセルになります。また、当日は晴れていても、前日までにフライトキャンセルとなった乗客が優先されることがあります。特殊な山岳フライトである旨を予めご理解ください。また、その場合は車での移動となり、日程・宿泊地が変更になります。 なお、専用車手配の費用に代えるため、航空券代の払い戻しはありませんので予めご了承ください。
日程のご注意 このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況等により一時的に通行不能になることがあります。その場合、日程・宿泊地の変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について トレッキング中はテント泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。また、山岳地帯のホテルでは、バスタブがなくシャワーのみであったり、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
渡航情報

2017年9月6日現在、カラコルム・ハイウェイには「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」という外務省の危険情報が発出されています。また、上記以外にも更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。 
>>外務省海外安全ホームページ

メールでのご予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行