K2・ブロードピーク・ガッシャーブルムⅠ峰・ガッシャーブルムⅡ峰、カラコルムの核心部を行く 「K2大展望・バルトロ氷河トレッキング22日間 」

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求

ホーム > 個人旅行・海外航空券 > 登山・トレッキング・ハイキング方面 > K2大展望・バルトロ氷河トレッキング22日間

K2大展望・バルトロ氷河トレッキング22日間

【東京発着】世界の高峰ひしめくコンコルディアに連泊!

8,000m峰四座と7,000mの秀峰群が取り囲む大カラコルムの核心部を行く、究極のトレッキング!

  • 大自然
  • トレッキング
  • フォトジェニック
  • コンコルディアから望む世界第2の高峰・K2(8,611m)
  • 怪峰ムズターグタワー(7,273)
  • ゴレⅡより望むガッシャーブルムの山々
  • トランゴ岩峰群
  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 添乗員同行ツアー
  • このツアーの地図を見る
  • パキスタンの山旅
  • パキスタンの旅
ココに注目!

パキスタンへの旅は西遊旅行にお任せください!
イスラマバード、カリマバードに連絡事務所があるのでいざという時も安心。

モデルコース以外にも、パキスタン全域に渡り手配が可能。長期旅行や取材、知人訪問、近隣諸国との組み合わせなど、ご希望に応じてアレンジいたします。どうぞお気軽にご相談下さい。 >> SAIYAH紹介ページ

参加者全員にプレゼント!

切手付き特製パキスタンポストカード3枚 + 地図
※現地にてお受け取りください

ツアーのポイント/ Tour Point 

●各種アレンジもお気軽にご相談ください

モデルプランの日程以外にも、コンコルディアの滞在期間延長や、デオサイ高原も訪れる25日間コースのアレンジなど、各種アレンジ承ります。また、大阪発着のタイ国際航空利用プランも手配可能です。お気軽にお問合せください。

雲上の別天地・コンコルディアへの誘い

カラコルムの盟主K2、バルトロ氷河最奥のガッシャーブルムⅠ峰とⅡ峰、「幅広い山頂」ブロードピーク、これら8,000m4峰が集中し、トランゴ岩塔群、怪峰ムズターグタワー、マッシャーブルムなど、名峰・秀峰がひしめくバルトロ山群。高峰がずらりと並ぶこのカラコルムの核心部は、世界的に見てもこれ以上豪快な山岳景観を誇る場所はないといえるでしょう。 62㎞もの長大なバルトロ氷河をたどり、両側に途切れることなく続く迫力の雪峰・岩峰を眺めながら、8,000m~7,000m峰が360度取り囲む雲上の別天地・コンコルディアへ。ここで初めてK2がその雄姿を見せてくれます。 見渡す限りの名峰群に囲まれたコンコルディアは、トレッカーにとっては夢のような場所です。次々に現れる高峰群、滞在地ごとの優れた山岳景観、どれを取っても一級品のバルトロ氷河トレッキングは、"究極のトレッキング"といえるでしょう。

K2、ブロードピークを仰ぐコンコルディアに滞在

日程表/ Schedule 地図を見る

  地名 スケジュール 滞在地
1 東京
イスラマバード
成田空港より、空路、北京経由でパキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ガイドの出迎えを受けホテルへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-
イスラマバードまたはラワルピンディー泊
2 イスラマバード
スカルドゥ
----------------
イスラマバード
ベシャム
山岳フライトにて、スカルドゥへ。天気が良ければ機内よりナンガパルバット(8,126m)がご覧いただけます。着後、装備チェック及び自由行動。
※天候等によりフライトキャンセルの場合は、専用車にてベシャムへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
スカルドゥ又はベシャム泊
3 スカルドゥ
----------------
ベシャム
スカルドゥ
終日スカルドゥに滞在します。
※前日フライトキャンセルの場合は、専用車にてスカルドゥへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
スカルドゥ泊
4 スカルドゥ
アスコーレ
四輪駆動車でシガール川沿いを走り、トレッキングの出発点となるアスコーレのキャンプ地(3,000m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
5 アスコーレ
ジョラ
●トレッキング(約7時間)
トレッキング開始。ビアフォ氷河の末端部を巻いてジョラ(3,350m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
6 ジョラ
スカム・ツォク
●トレッキング(約6時間)
バルトロ川沿いの断崖の道をスカム・ツォク(約3,300m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
7 スカム・ツォク
パイユ
●トレッキング(約4時間)
絶景の広がる緑のキャンプ地・パイユ(3,450m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
8 パイユ滞在 高度順応及び予備日を兼ねて、パイユに滞在。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
9 パイユ
コボルツェ
●バルトロ氷河トレッキング(約8時間)
バルトロ氷河に上がり、パイユピーク、トランゴタワー、グレートトランゴ等の峰々を眺めながらコボルツェ(3,940m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
10 コボルツェ
ウルドゥカス
●バルトロ氷河トレッキング(約4時間)
半日行程でウルドゥカス(4,050m)へ。途中、8,000m峰のブロードピークやガッシャーブルムの山々が姿を現します。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
11 ウルドゥカス
ゴレⅡ
●バルトロ氷河トレッキング(約8時間)
マッシャーブルムをはじめ、6,000m~8,000m峰が聳える絶景の中をゴレⅡ(4,380m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
12 ゴレⅡ
コンコルディア
●バルトロ氷河トレッキング(約6時間)
怪峰ムズターグタワーを左手に眺めながら、名峰に囲まれたカラコルムの核心部コンコルディア(4,650m)へ。ここで初めてK2を展望することができます。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
13 コンコルディア滞在 終日、コンコルディアに滞在し周辺を散策。K2をはじめとする7,000m~8,000m峰の大展望をお楽しみ下さい。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
14 コンコルディア
ゴレⅠ
●バルトロ氷河トレッキング(約7時間)
往路をゴレⅠ(4,100m)へ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
15 ゴレⅠ
コボルツェ
●バルトロ氷河トレッキング(約7時間)
往路をコボルツェへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
16 コボルツェ
パイユ
●バルトロ氷河トレッキング(約6時間)
往路をパイユへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
17 パイユ
ジョラ
●トレッキング(約6時間)
往路をジョラへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
18 ジョラ
アスコーレ
●トレッキング(約5時間)
往路をアスコーレへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
テント泊
19 アスコーレ
スカルドゥ
四輪駆動車でスカルドゥへ戻ります。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
スカルドゥ泊
20 スカルドゥ
イスラマバード(またはベシャム)
山岳フライトにてイスラマバードへ。
※天候等によりフライトキャンセルの場合は、専用車にてベシャムへ。
食事 朝:○  昼:○  夜:○
イスラマバード(またはベシャム)泊
21 イスラマバード 出発まで、自由行動。
(前日、ベシャム泊の場合は専用車にてイスラマバードへ。)
夕食の後、空港へ。空路、北京を経由し帰国の途に着きます。      
食事 朝:○  昼:○  夜:○
機中泊
22 東京 着後、解散。  
  • ※運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • ※食事回数:朝20/昼20/夜20:機内食は除く
  • ※利用予定航空会社:パキスタン航空
  • ※最少催行人員:2名
  • ※添乗員は同行しませんが、日程表記載のガイドがご案内いたします。

利用予定ホテル/ Hotel


※ベシャムのPTDC

イスラマバード/ラワルピンディー ヒルビュー、エンボイコンチネンタル
ベシャム PTDC、コンチネンタル
スカルドゥ マッシャーブルム、K2、コンコルディア
  • ※上記以外の宿泊施設や、ホテル指定、延泊等をご希望の方はご相談ください。

コース難易度/ Difficulty

体力 A B C D 連日、川沿いの崖道やモレーン、氷河上を長時間歩きます。長期トレッキングですので十分な体力が必要です。
高度 A B C D 最高宿泊高度、最高到達地点共に4,650mです。徐々に高度を上げますが、高山病の影響が予想されます。
宿泊 テント場は草地、モレーン上、氷河上で十分な寒さ対策も必要です。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、イスラマバードにてダッフルバッグに詰め替えます。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

出発日と料金/ Price

2017年5月~9月 出発日 東京発着
05月01日(月) ~ 09月30日(土) 708,000円
10月01日(日) ~ お問い合わせください
お1人部屋使用料(2名様以上でご参加の場合) 53,000円
  • ※大阪発着のタイ国際航空利用プランも手配可能です。お問合せください。
  • ※高山病の影響が考えられるコースですので、2名様以上で手配を承ります。
  • ※上記の料金は2名様で参加され、ツインルーム、テントを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • ※3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • ※国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。
  • ※国内線がフライトキャンセルとなった場合、専用車手配代として片道US$595を現地にてお支払いいただきます。

料金に含まれるもの/ Include

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
(パキスタン航空:東京(成田)/イスラマバード 往復)
国内線エコノミークラス航空運賃
(パキスタン航空:イスラマバード/スカルドゥ 往復)

※日程2日目および20日目のイスラマバード/スカルドゥの国内線がフライトキャンセルとなった場合、代替交通手段としてイスラマバードまでの専用車を手配いたします。航空券代の払い戻しはありませんので予めご了承ください。
ガイド料金 パキスタン内のガイド料金。
送迎費 日程表記載の専用車、およびドライバー料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地におけるホテル、テントの宿泊、及び税金、サービス料。
(ただし、上記料金はお二人部屋を2名様で利用した場合の料金です。ホテルについては、利用予定ホテルリストをご確認下さい。)
登山・トレッキング費用 山岳ガイド、ポーター、コック
※ポーターはおひとり様につき最大15キロまでの荷物をお持ちします
食事料金 日程表記載の食事代(朝20/昼20/夜20 機内食除く)

料金に含まれないもの/ Not Include

査証(ビザ) 査証代実費:100円
査証取得代行手数料:7,660円
※旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む2ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は2枚(縦4.5cm×横3.5cm)です。
空港施設利用料 成田空港:2,610円
海外空港税諸税 パキスタン国際線および国内線:9,500円
燃油特別付加運賃

航空機の燃油サーチャージ(付加運賃)は不要です。

航空保険料 (パキスタン航空は2017年4月現在、徴収しておりません)
個人的費用 洗濯代、電話・電報代、医療費、酒、果物、その他個人的性質の費用
ガイド・ドライバーへの
チップ
日程表記載のガイド、ドライバーへのチップは含まれておりません。
※トレッキング中のスタッフ(コック、ポーター)へのチップは全て含まれています。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。
寝袋の貸し出し 有料レンタルも承っております(5,000円)
  • ※上記の査証取得実費、海外空港税諸税、燃油特別付加運賃、および航空保険料は、2017年4月現在のもので、変更となることがあります。

ご案内とご注意/ Information

気候と服装について 日中は炎天下の中を歩き、高所キャンプの朝晩は0℃近くまで冷え込む、気温差の激しい山岳気候です。トレッキング中は長袖シャツを基本に、曇天の冷え込みに備えてフリースやウィンドブレーカーをお持ち下さい。高所キャンプ用にダウンジャケットも必要です。日中は日差しが強く照り返しがきついので、帽子やサングラス、日焼け止めもお持ち下さい。靴は登山靴又はトレッキングシューズが最適です。氷河上はモレーンに覆われていますので、アイゼンは必要ありません。平地では夏服で過ごせます。
トレッキングについて 歩行日数は合計14日間に及ぶ大トレッキングです。以前に比べてルートの状況は大分改善されましたが、川沿いの崖道、岩場、氷河上等、決して足場が良いとはいえません。長期間のテント泊を過ごし、足場の悪いトレイルを連続して歩くことのできる、十分な体力が必要な健脚向きのコースです。また、トレイルやキャンプ地の状況、天候、お客様の体調等により、トレッキングの日程を変更させていただくことがあります。
高山病のご注意 ゆっくりと高度を上げるゆとりを持った日程ですので、高山病の影響はそれほどないと考えられます。ただし、標高4,500m以上の高所に宿泊するコースですので、ご参加の方全員に健康診断書のご提出、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険のご加入をお願いしております。 ご希望の方にはパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、ガモウバッグの貸出し(有料)も可能です。
パキスタンの国内線について イスラマバード/スカルドゥ間は山岳フライトとなり、悪天候の場合はフライトキャンセルになります。また、当日は晴れていても、前日までにフライトキャンセルとなった乗客が優先されることがあります。特殊な山岳フライトである旨を予めご理解ください。また、その場合は車での移動となり、日程・宿泊地が変更になります。 なお、専用車手配の費用として片道US$595を現地にてお支払いいただきます。
道路について パキスタン北部のほとんどは山岳道路のため、悪天候等により崖崩れが発生し、一時的に通行不能になることがあります。その場合、日程・宿泊地の変更を余儀なくされることがあります。
宿泊について トレッキング中はテント泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。また、地方のホテルは、バスタブはなくシャワーのみで、お湯が使える時間に制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
渡航情報

2017年4月現在、カラコルム・ハイウェイ上の一部地域には「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」という外務省の危険情報が発出されています。また、上記以外にも更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。 
>>外務省海外安全ホームページ

メールでのご予約・お問い合わせ お電話のご予約・お問い合わせ

旅行企画・実施:株式会社 西遊旅行